古物商許可は本人しか申請できない?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可は本人以外でも申請をすることができます。

ですが、知り合いや家族が申請すると、トラブルが発生する可能性があるので注意しましょう。

もし、忙しくて誰かに申請の代行を頼むのであれば行政書士に依頼するのが一番安全です。

僕も誰かに頼んで古物商許可の申請をしてもらおうと思っていたところなんだ。トラブルってどんなことが起きるの?

最悪の場合、警察に逮捕されてしまうかもしれないの

古物商許可は本人以外でも申請が可能です


古物商許可は本人以外でも申請することができます。

ただし、知り合いや家族に申請を依頼するとトラブルにつながる可能性が高いので、誰かに依頼するときは行政書士に任せましょう。

古物商許可の申請には、たくさんの時間や手間が必要です。

なぜなら、申請にはたくさんの書類を用意して提出しなければならないからです。

また、申請先の警察署では担当の警察官から厳しいチェックを受けなければいけません。

そのため、普段忙しい人や、面倒な手続きが苦手という人の中には、

誰かに頼んで申請してもらおうかな

と考える人もいるでしょう。

古物商許可の申請は本人以外が行うことも可能です。

古物営業法には「申請は本人がしなければならない」という規定はないからです。

ですが、原則として、古物商許可の申請を代理できるのは行政書士資格を保有している人だけです。

忙しいからといって、行政書士ではなく友達や家族に申請の代行を依頼すると、トラブルにつながる可能性が高いです。

え~、どういうこと?

古物商許可を本人以外が申請するとトラブルが発生する可能性があります

古物商許可は本人以外が申請することができます

ただし、本人以外の人が代わりに申請をするとさまざまなトラブルにつながる可能性があるので注意しましょう。

具体的にどういうトラブルの可能性があるのか、説明をします。

警察に逮捕される可能性があります

古物商許可の申請は、本人以外が代わりにすることができます。

ですが、原則として行政書士資格を保有している者でなければいけません。

もし、行政書士以外の者にお金を払って古物商許可の申請を頼んだ場合、法律違反で警察に逮捕されてしまうかもしれないのです。

行政書士法という法律には「行政書士以外が報酬をもらって他人の許認可を代行してはいけない」という内容の規定があります。

そのため、行政書士資格を持っていない人が、お金をもらって他人の古物商許可の申請を代わりにすると、行政書士法違反になってしまうおそれがあるのです。

受け取るお金については、「報酬」「手数料」「お小遣い」など名目を問いません。

違反した場合の罰則は「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」です。

要するに、知り合いや家族に古物商許可の申請を頼んでお金を払っちゃうと、その知り合いや家族が逮捕されてしまうかもしれないってことよ

すごく迷惑がかかっちゃうかもしれないってことだね

古物商許可申請のハードルが上がります

古物商許可の申請は、かなり手続きが面倒です。

たくさんの書類を準備しなければならず、また、担当警察官のチェックも厳しいからです。

ただでさえ面倒な古物商許可の申請手続きですが、他人の申請を代わりにする場合、さらにハードルが上がります。

まず、担当の警察官から、本人が申請できない理由や本人しかわからないような質問をされることがあります。

こうした質問にきちんと対応しないと、手続きが先に進まずなかなか許可が下りません。

また、それぞれの手続きに本人の作成した委任状が必要となります。

委任状に不備があると、申請手続きを進めることはできません。

行政書士以外の人が代理人として申請をするのは結構珍しいから、警察が怪しんでいろいろと質問してくることもあるわ

慣れていない人だと大変そう・・・

不許可になってしまう可能性も

古物商許可を知り合いや家族に頼んだ場合、不許可になってしまう可能性があるので注意しましょう。

古物商許可は申請をすれば、それだけで許可がもらえるというわけではありません。

申請後、担当の警察が申請内容に嘘や間違いがないかなど、40日以上かけてしっかりと審査をします。

専門家でない一般の方が申請をすると、この審査にひっかかってしまい、不許可になる可能性が高くなるのです。

審査の結果、不許可になっても申請手数料(19000円)は返ってこないから要注意よ

え~、どうして許可が取れなかったのにお金を返してくれないの?

申請手数料は警察に審査をしてもらうために支払うお金なの。だから審査の結果、不許可になっても返金はされないのよ

責任はすべて本人が負う

古物商許可の申請によって生じた責任は、すべて本人が負わなければなりません。

例えば、代理人が嘘や不正な内容で申請をした場合、依頼者は古物営業法違反として警察に逮捕される可能性があります。

また、間違った内容で許可を取得してしまうと、あとから変更や追加などの手続きが必要になります。

最悪の場合、許可の取り直しが必要になることもあります。

このように、代理人が申請でミスをした場合、その責任はすべて依頼者である本人が負わなければならないので、依頼は慎重に行う必要があるのです。

知り合いや家族に古物商許可の申請を依頼するのはリスクが高いのよ

でも、普段忙しくて時間のない人や、僕みたいに難しい手続きが苦手な人はどうすればいいの?

そういう場合は、専門家に依頼をすれば間違いがないわ

古物商許可の申請は行政書士に依頼をしましょう

古物商許可は本人以外でも申請することができます。

ですが、知り合いや家族に申請を依頼するのは、かなりリスクが高いということを説明しました。

では、普段忙しくて申請をする時間がない人や、申請手続きが面倒・苦手という人はどうすればいいのでしょうか?

その場合は、行政書士に依頼をしましょう。

行政書士は、法律で許認可の代行をすることが認められています。

依頼をしても法律違反になることはありません。

また、行政書士は許可申請のスペシャリストなので、申請でミスをしたり不正をするといったこともありません。

ですから、安心して任せることができるのです。

依頼するときは、古物商許可専門の行政書士がおすすめよ

どうして~?

行政書士にはそれぞれ専門分野があるんだけど、古物商許可専門の行政書士に依頼をした方が、よりスムーズに許可を取ってくれるのよ

そうなんだ~

もし取得できなかったら全額返金してくれる行政書士事務所もあるから、気になるときは相談してみるといいわ

古物商許可は本人しか申請できない? まとめ

古物商許可は本人以外でも申請することは可能です。

古物営業法に「本人でなければ申請できない」という決まりはないからです。

ですが、知り合いや家族などに申請を頼むと、いろいろトラブルが発生する可能性があります。

例えば、

  • 行政書士法違反になってしまう
  • スムーズに許可が下りない
  • 後から変更手続きが必要になる

などです。

安全かつ確実に古物商許可を取りたいのであれば、専門家である行政書士に依頼するのがおすすめです。

特に、古物商許可を専門に扱っている行政書士事務所に依頼をすれば、安心して任せることができるでしょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。