中古のプラモデルを組み立てて販売するのに古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

転売(販売)目的に仕入れた中古のプラモデルを組み立てて、完成品を販売するには、古物商許可が必要です。

転売(販売)目的で仕入れていない中古のプラモデルであれば、それを組み立てて販売するのに、古物商許可は不要です。

僕、プラモデルを作るの得意だからさ、完成品を転売したら儲かると思うんだよね。

プラモデルの仕入れ方によっては、古物商許可が必要になる場合があるぞ。

中古のプラモデルをどう仕入れたかによって、それを組み立てて販売するとき、古物商許可が必要かどうかが変わります。

プラモデルの完成品の転売と、古物商許可について、詳しく解説しましょう。

仕入れた中古プラモデルを組み立てて転売するには古物商許可が必要

転売(販売)目的に仕入れた、中古のプラモデルを組み立てて、完成品を転売(販売)するには、古物商許可が必要です。

プラモデルの転売(販売)に古物商許可が必要かどうかを判断するとき、プラモデルが組み立ててあるかどうかで、結論が変わることはありません

そうなんだ!

組み立ての状態はどうでもいい。別のポイントで判断するんじゃ。

プラモデルの転売(販売)に古物商許可が必要かどうかは、次の2つのポイントで判断します。

  • 中古のプラモデルかどうか
  • 仕入れたプラモデルかどうか

ポイント① 中古のプラモデルかどうか

古物商許可は、転売で中古品を扱う場合に、必要になる可能性がある許可です。

なので、中古のプラモデル(の完成品)を転売(販売)するときに、古物商許可が必要になる可能性があります。

新品のプラモデル(の完成品)の転売(販売)であれば、古物商許可は不要です。

ポイント② 仕入れたプラモデルかどうか

古物商許可は、転売で扱う物が、仕入れたものである場合に、必要になる可能性がある許可です。

仕入れとは、転売する目的で物を買うことです。

なので、転売目的で買ったプラモデル(の完成品)を転売(販売)するときに、古物商許可が必要になる可能性があります。

自分で遊ぶために買ったものの、不要になったプラモデルや、タダでもらったプラモデルなど、仕入れていないプラモデル(の完成品)の転売(販売)であれば、古物商許可は不要です。

2つのポイントの両方に当てはまれば古物商許可が必要

中古品』と『仕入れ』、2つのポイントの両方に当てはまる転売に、古物商許可が必要となります。

つまり、転売(販売)目的で中古のプラモデル(の完成品)を仕入れるときに、古物商許可が必要となります。

中古のプラモデルであっても、仕入れたものでなければ、それ(の完成品)を転売するのに古物商許可は不要です。

また、仕入れたプラモデルであっても、新品のプラモデルなら、それ(の完成品)を転売するのに古物商許可は不要です。

なるほど~。仕入れた中古品の転売に古物商許可が必要なんだね。

古物商許可とは

そもそも、古物商許可って、どういう許可なの?

中古品を転売目的で仕入れるための許可

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

古物商許可は一般的に、リサイクルショップや中古車屋など、中古品を売り買いするお店の営業許可のようなものとして知られています。

それは正しいのですが、実際は、そのようなお店だけではなく、店舗を構えずに、インターネットなどで個人で中古品を売り買いしている人にも必要な許可です。

そうなんだ!

店舗やインターネットなど、営業の形態に関わらず、中古品を転売(販売)目的で仕入れるビジネスには、古物商許可が必要だということです。

もっと詳しく解説しよう。

中古品を転売するときではなく、中古品を転売目的で買うときに必要な許可

中古品を転売するときに、古物商許可が必要になると思われがちですが、それは間違いです。

正しくは、中古品を転売目的で買う(仕入れる)ときに、古物商許可が必要になります。

なので、中古のプラモデルを、転売(販売)目的で買う(仕入れる)だけでも、古物商許可が必要になります。

転売しなくても古物商許可が必要なんだ!

仕入れた中古品に手を加えて転売する場合にも必要な許可

仕入れた中古品に手を加えて転売する場合も、古物商許可が必要です。

なので、中古のプラモデルを仕入れて、組み立てて完成品を転売(販売)する場合でも、古物商許可が必要となるわけです。

中古品を仕入れて、手を加えて転売する例には、こんなものもあるぞ。

  • 壊れた電化製品を仕入れて、修理して転売する
  • 中古のパソコンを仕入れて、分解して部品を転売する
  • 古着を仕入れて、バッグにリメイクして転売する

このように、手の加え方はいろいろとありますが、仕入れた中古品にどのように手を加えて転売しても、古物商許可が必要となります。

古物商許可を取らないと逮捕される

古物商許可を取らずに、仕入れた中古のプラモデルを組み立てて転売(販売)すると、逮捕される可能性があります。

逮捕!?ウソでしょ?

ホントじゃ。

古物商許可に関することは、古物営業法という法律で決められています。

法律は守らないと、当然、逮捕される可能性があります。

また、逮捕されると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

中古品を転売目的で仕入れるための許可で解説したように、古物商許可がなければ、中古のプラモデルを転売(販売)目的で買う(仕入れる)だけでも、逮捕される可能性があるので注意しましょう。

新品のプラモデルの完成品の転売に古物商許可は不要

プラモデルを組み立てて、完成品を販売するとき、中古のプラモデルを仕入れると、古物商許可が必要になります

逆を言えば、新品のプラモデルか、仕入れていないプラモデルを組み立てて転売することは、古物商許可がなくてもできます

そっか!その方法なら、古物商許可がない僕でも、今すぐ始められるね。

たしかにそうなんじゃが、新品の判断は気をつけないといかん。

古物営業法での新品の捉え方は、一般的に考える新品とは異なります。

それを理解していないと、新品のつもりで中古品を取引する可能性があるので、注意が必要です。

そのことについて、もう少し詳しく解説しよう。

一般的に新品だと思われている物が、古物営業法では中古品とみなされることがある

古物営業法では、『未使用の物でも、一度でも取引されていれば中古品とみなす』と、定められています。

ん…?

例えばこういうことじゃ。

例1
Aさんがおもちゃ屋で、新品のプラモデルを転売(販売)目的で買って、それを組み立てて、完成品をヤフオク!で転売(販売)する。

例1で、Aさんに古物商許可は不要です。

Aさんは、新品のプラモデルを仕入れているからです。

Aさんが仕入れたプラモデルは、古物営業法でも新品とみなされます。

例2
Bさんがヤフオク!で、新品未開封で出品されたプラモデルを転売(販売)目的で買って、それを組み立てて、完成品をヤフオク!で転売(販売)する。

例2で、Bさんには古物商許可が必要です。

Bさんは、中古品を仕入れているとみなされるからです。

Bさんが仕入れたプラモデルは、物自体は新品ですが、誰かがお店で買った(取引した)ものです。

古物営業法では、『未使用の物でも、一度でも取引されていれば中古品とみなす』ので、Bさんが仕入れたプラモデルは、古物営業法では中古品とみなされます

そのため、Bさんには古物商許可が必要となります。

例1も、例2も、プラモデル自体は新品なのに!

例1と、例2で、古物商許可が必要か不要かの結論が異なるんじゃな。

新品の仕入れは、小売店や問屋から直接買う場合のみ

(古物営業法上の)新品の仕入れは、小売店や問屋から直接買う場合にしかできません。

新品は、小売店や問屋から買った時点で、古物営業法では中古品とみなされます

ヤフオク!は、オークションなので、小売店や問屋が新品を出品することは、基本的にありません。

ヤフオク!で、『新品 未使用』と表示して出品されている商品は、ほぼ、誰かがどこかで取引したものです。

ヤフオク!などのネットオークション、メルカリなどのフリマアプリでは、(古物営業法上の)新品の仕入れはできないと思って構わないです。

Amazonなどのオンラインモールでは、小売店や問屋が直接出品している商品であれば、(古物営業法上の)新品を仕入れることができます。

小売店で売られている新品は、古物営業法上も新品

小売店は問屋と取引してるけど、小売店で売られている新品は、中古品とみなされるの?

それは、新品という認識でよい。

小売店は、問屋やメーカーから商品を買って(取引して)販売しているので、小売店で売られている商品は、一度取引されたものであり、古物営業法上の中古品とみなされるように思えます。

ですが、小売店で売られている新品は、古物営業法上も新品とみなして構いません。

問屋やメーカーと、小売店との取引は考慮しません。

古物商許可を取るときは行政書士にまかせると便利

転売(販売)目的に仕入れた、中古のプラモデルを組み立てて、完成品を転売(販売)するには、古物商許可が必要です。

古物商許可を取るとき、行政書士にまかせると、手続きが簡単になるので便利です。

行政書士?

行政書士とは、許認可を取るための手続きを代わりにやってくれる専門家です。

古物商許可など、許認可の申請は、難しい書類も多いので、慣れない人が行うと手続きがなかなか進みません。

行政書士なら、必要な手続きをすぐに判断して、ムダなく作業を進めてくれます。

頼んだ側は、特に何もすることはありません。

行政書士にまかせているだけで、古物商許可を取ることができます。

へぇ~!それは便利な専門家だね!

行政書士はオススメじゃ。分からないことを質問したりもできるぞ。

プラモデルの完成品の転売は、プラモデル作りが好きな人にオススメ

プラモデルの完成品の転売は重要がある

こぶ吉、プラモデルの完成品なんて売れるのか?

分かってないなぁ~。プラモデルは作るのを楽しむだけじゃないんだよ。

プラモデルは、作る過程を楽しむのはもちろんのこと、飾って観賞したり、撮影したり、コレクションしたりと、幅広い楽しみ方があります。

また、プラモデルが好きな人は、ただ単に組み立てるだけではなく、塗装や改造をほどこして、世界に一つだけの逸品に仕上げることも楽しんでいます。

ただ、そのような玄人向けの組み立ては、技術が必要ですし、時間と手間もかかります。

なので、プラモデルを観賞するのが好きな人の中には、自分で特別なプラモデルを作ることはせずに、技術のある人が作って販売した、完成品を買うという人も結構います。

プラモデルの完成品の転売(販売)は、ヤフオク!やメルカリなどでよく行われているので、ビジネスとして一定の需要があるのです。

プラモデルは作ってナンボじゃろ。ワシには理解できん。

ドクターにマニアの心は分からないね。

プラモデルの完成品の転売はいいことばかり

プラモデルの完成品の転売(販売)は、うまくいけば、プラモデルを作るのが好きな人にとっては、いいことばかりです。

好きなだけプラモデルを作っていられる

プラモデルの完成品の転売(販売)のいいところは、好きなプラモデル作りを、思う存分楽しむことができるということです。

ビジネスにかこつけて、プラモデル作り放題~!

置き場所に困らない

プラモデルを作っていると避けては通れない問題が、保管場所の問題です。

せっかくキレイに作ったプラモデルは、飾って眺めたいものです。

でも、大豪邸でもない限り、部屋にプラモデルを飾るスペースは限られていますから、プラモデルを作るのが好きでも、置く場所がないからと、買うのを諦める人も多いです。

ならば、完成したプラモデルを売ってしまえばいいのです。

売れたら、ウチで眺めることはできなくなってしまいますが、一定のペースで売ることができれば、置き場所を気にすることなく、プラモデル作りを楽しんでいられます

置き場所を気にせず、プラモデル作り放題~!

趣味がお小遣い稼ぎになる

プラモデルの完成品の転売(販売)は、趣味でお小遣いを稼げるのも魅力です。

でも、ただ単に組み立てただけのプラモデルは、なかなか売れないでしょうし、売れても大した値段にはならないでしょう。

プラモデル作りの技術がある人なら、付加価値をつけて高く売ることができます。

実際、技術のある人が作った完成品のプラモデルは、定価よりも高い値段で売れています

好きなプラモデル作りでお小遣いを稼いで、そのお金でまたプラモデルを買ったり、それ以外の贅沢に使ったりできるのです。

お小遣いを稼ぎながら、プラモデル作り放題~!

プロモデラーが作るプラモデルは100万円以上!

プラモデル界には、プロモデラーという、プラモデルを作ることを職業としている人もいます。

プロモデラーが作ったプラモデルは、一体、数十万円で売れたり、時には100万円以上の値段がつくこともあります。

マニアの世界ってすごいでしょ。

子供のおもちゃだと思っておったが、プラモデルもあなどれないのぉ。

プラモデルの完成品の転売は、古物商許可を取って中古のプラモデルを扱うのがオススメ

プラモデルの完成品を転売(販売)するビジネスの仕入れにおいて、新品、中古品の区別はあってないようなものです。

パーツの欠品さえなければ、完成したプラモデルは、新品と中古品の差がないからです。

塗装や改造をほどこすなら、なおさらです。

ならば、製作費をおさえるためにも、古物商許可を取って、中古のプラモデルを仕入れるのがオススメです。

プラモデル作りの技術がある人なら、少ない元手で大きく稼げる可能性があります。

僕なら中古のプラモデルをお宝に変えてみせるよ。

ワシにも作り方を教えてくれんかのぉ。

中古のプラモデルを組み立てて販売するのに古物商許可は必要? まとめ

転売(販売)目的で仕入れた中古のプラモデルを組み立てて、完成品を転売(販売)するには、古物商許可が必要です。

古物商許可を取らずに、転売(販売)目的で仕入れた中古のプラモデルを組み立てて、完成品を転売(販売)すると、逮捕される可能性があります。

その罰則は、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方です。

新品のプラモデルであれば、それを転売(販売)目的で仕入れて、組み立てて完成品を転売(販売)するのに古物商許可は不要です。

ただ、古物営業法では、未使用の物でも、一度でも取引されていれば中古品とみなすことに、注意しなければなりません。

古物商許可を取るときは、行政書士にまかせると、手続きが簡単になるので便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。