ベビー用品の転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

ベビー用品を転売するとき、古物商許可が必要になるケースがあります。

それは、中古品のベビー用品で転売ビジネスをする場合です。

無許可で転売をすると、警察に逮捕されることもあるので注意しましょう。

僕もベビー用品の転売に興味があるんだ。古物商許可についてもっと詳しく教えて~

じゃあ今回は、どういう場合に古物商許可が必要になるのか、具体的に解説をするわ

ベビー用品の転売には古物商許可が必要になることがあります

ベビー用品は需要が高く、また、高額な商品もあるので転売で稼ぎやすい人気のジャンルです。

ただ、ベビー用品を転売するときは、気をつけなければならないことがあります。

それは、「古物商許可が必要かもしれない」ということです。

古物商許可が必要とされる場合に、無許可でベビー用品の転売をすると、古物営業法違反で警察に逮捕されてしまいます。

ベビー用品の転売に古物商許可が必要かどうかの大事なポイントは、

  • 転売するベビー用品が中古品にあたるかどうか
  • 転売ビジネスにあたるかどうか

という2つです。

そこで、以下では2つのポイントについて詳しく解説をしたいと思います

転売するベビー用品が中古品にあたる場合は古物商許可が必要です

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

そのため、古物商許可は「中古品」のベビー用品を転売するときに必要となります。

逆に言うと、「新品」のベビー用品を転売するときは、古物商許可は必要ありません。

例えば、おもちゃ屋で購入した新品のベビー用品を使用後にネットで転売するとき、古物商許可は必要ないのです。

ただし、未使用品などは「中古品」として扱われ、古物商許可が必要になることがあるので注意しましょう。

あれ?新品は古物商許可がいらないのに、未使用品は必要なの?どういうこと?

それは、私たちが普段使っている「新品」や「中古品」っていう言葉の意味が、法律上は少し違うのよ

未使用品は中古品に含まれる場合があります

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要となります。

そして、古物営業法には「未使用品でも過去に取引された場合は中古品として扱う」旨の規定があります。

例えば、こぶ吉やせど美が百貨店で新品のベビー用品を購入したとします。

そして、これを未使用のままネットに出品した場合、これは「過去に取引された物」にあたります。

そのため、こぶ吉たちが出品したベビー用品は中古品として扱われ、これを仕入れて転売する場合、古物商許可が必要なのです。

個人が販売している未使用品のほとんどが、このケースに該当します。

そのため、個人からベビー用品を仕入れる場合は、たとえ商品の説明が「新品」や「未使用品」となっていても、原則として古物商許可が必要になるので注意してください。

要するに、新品のベビー用品を個人から仕入れる場合は古物商許可が必要、企業から仕入れる場合は不要ってことだね

そういうことね。ただ、ネット取引だと相手が個人か企業かの判断が難しいケースがあるわ

そういう場合はどうすればいいんだろう?

ネットを中心に取引をする人は、新品しか扱わない場合でも、念のために古物商許可を取得しておく方が安全ね

ベビー用品で転売ビジネスをするときに古物商許可が必要です

古物商許可は中古品の「転売ビジネス」をするときに必要となる資格です。

ここでいう転売ビジネスとは、中古品を転売目的で仕入れる(買い取る)ことをいいます。

そのため、中古品のベビー用品を転売するときでも、転売目的で仕入れていなければ古物商許可は必要ないのです。

例えば、

  • 家族や友人から無料でもらったベビー用品をヤフオクで転売する
  • 自分の赤ちゃん用に購入したベビー用品を、使わなくなったのでメルカリに出品する
  • 友人の赤ちゃんのために中古のベビー用品を購入したが、サイズが合わなかったためリサイクルショップで売る

これらのケースでは、転売目的の仕入れ(買い取る)がないため、古物商許可は必要ありません。

要するに、自分たちのために購入したベビー用品を転売する場合や、タダでもらったベビー用品を転売する場合、古物商許可はいらないってことね

でも、自分の赤ちゃんのために購入したか、転売目的で購入したかって、本人しか判断できないように思うけど、どうなんだろう?

転売目的については、警察が厳しく判断するわ

転売目的については警察が判断をします

古物商許可は中古品を転売目的で仕入れる場合に必要です。

そして、転売目的かどうかについては、無許可営業の取り締まりをしている警察が判断をします。

無許可営業の疑いがある場合、警察は、その人の過去の取引記録などを詳しく捜査します。

その結果、転売目的の仕入れがあると判断した場合、無許可営業として逮捕するのです。

たまに、ネットの掲示板などで

警察が来ても、自分で使うために買ったって言えば大丈夫

といったコメントを目にすることがあります。

ですが、警察は既に念入りに捜査をしているわけですから、下手な言い訳は通用しないと思って下さい。

転売目的でベビー用品を扱うのであれば、事前に必ず古物商許可を取得するべきです。

古物商許可の取得は行政書士に任せるのがおすすめ

中古品のベビー用品を転売してお金を稼ぐのであれば、古物商許可が必要です。

必ず事前に古物商許可を取得しておきましょう。

ただし、古物商許可の申請手続きは、かなり面倒なので注意が必要です。

見慣れないたくさんの書類を提出しなければならないうえに、警察のチェックも厳しく、何度もやり直しを指示されることがあるからです。

もし、楽して簡単に古物商許可を取得したいという方には、行政書士の代行サービスがおすすめです。

これは、書類作成の専門家である行政書士が、書類の準備から古物商許可の取得まで代行してくれるサービスのことです。

このサービスを使えば、ほとんど丸投げにしまま古物商許可の取得ができるので、普段忙しい方や複雑な手続きが苦手という方にはおすすめです。

ベビー用品の転売は儲かる?

ベビー用品の転売は儲かります。

その理由はいくつかありますが、最も大きな理由は「中古市場に状態の良い商品がたくさん流通している」という点です。

ベビー用品は出産祝いなどで家族や親戚から、たくさんもらうことがあります。

中には、同じ商品が被ってしまったというケースも珍しくありません。

その結果、余ったベビー用品がほぼ新品の状態で、中古市場にたくさん流通しています。

そのためベビー用品は、誤ってジャンク品を仕入れてしまうリスクが低く、検品の手間も省けるので、効率的に転売で稼ぐことが可能なのです。

ただし、1度でも個人の手に渡ったベビー用品は、仕入れをするとき、古物商許可が必要になるから注意してね

ベビー用品の転売に古物商許可は必要? まとめ

ベビー用品の転売には古物商許可が必要になることがあります。

それは、中古品のベビー用品を転売目的で仕入れる場合です。

無許可で行うと、古物営業法違反として警察に逮捕されてしまうので注意しましょう。

古物商許可の取得については、自分で申請をすると、たくさんの時間や手間が無駄になる可能性があります。

効率よく古物商許可を取得したいという方は、行政書士の代行サービスを利用するとよいでしょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。