【電脳せどり初心者の方へ】古物商許可が必要になる場合があります

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

せどりをインターネットだけで完結させる、電脳せどりというビジネスが流行っています。

これから電脳せどりを始めてみようという人は、古物商許可という許可を取ってから始めることをオススメします。

電脳せどりに興味があったんだけど。許可なんか取らないといけないの?

古物商許可がいらない電脳せどりもあるけど、あった方が何かとお得よ。

電脳せどりと、古物商許可のことについて、詳しく解説しましょう。

電脳せどりはお手軽に始められるビジネス

電脳せどりとは、インターネットだけで完結させるせどりのことです。

そもそも、せどりとは、物を買って、それを買ったときより高く売ることで、差額でお金を儲けるビジネスのことです。

例えば、BOOKOFFで古本を買って、それを買ったときより高い値段で、ヤフオク!で転売する。

これが、せどりです。

電脳せどりは、せどりの作業をすべて、インターネットで行います。

例えば、メルカリで中古CDを買って、それを買ったときより高い値段で、Amazonで転売する。

これが、電脳せどりです。

電脳せどりを始めるのに、店舗を借りたり、会社を設立したりする必要はありません。

パソコンやスマホがあればできるので、家に居ながらでもできてしまう、とても気軽に始められるビジネスです。

お手軽だからさ、僕もやってみたいんだよね。

ぜひ、やってみるといいわ。

電脳せどりで稼ぎたかったら中古品を扱うのがオススメ

電脳せどりで扱う商品を大きく分けると、中古品新品に分けられます。

一般的に稼ぎやすいとされているのは、中古品です。

電脳せどりは、物を仕入れたときと転売したときの差額で儲ける仕組みなので、安く仕入れられる物の方が、利益を上乗せしやすくなります。

中古品と新品なら、当然、中古品の方が安く仕入れられるので、電脳せどりには中古品が向いています。

また、値段を自由につけやすいという点でも、中古品は新品より優れています。

新品は、基本的に、定価より高い値段で市場に出回ることはないですが、中古品には定価がないので、好きに決めた値段で売りに出すことができます。

まぁ、新品が高値で転売されることも、ないわけではないんだけどね…

確実に稼ぐならやっぱり中古品

新品が定価より高い値段で転売されることは、全くないわけではありません。

例えば、発売したてのNintendo Switchが買い占められて、高値で転売されるといったことがありました。

ただ、そのような転売は、褒められたことではありません

それに、長くは続けられません。

すべての新品のせどりが迷惑なものではありません。
ビジネスとして確立している新品のせどりもあります。

電脳せどりで、堅実に、確実に、稼いでいきたいなら、中古品を扱うのがベストです。

中古品を買い取って転売するビジネスは、インターネットが発明されるよりもずっと前に始まって、今でも続けられている息の長いビジネスです。

中古品の電脳せどりは、今から始めても、まだまだ十分に稼いでいけるビジネスでしょう。

中古品の電脳せどり!これは、やるっきゃないね!

中古品の電脳せどりはオススメなんだけど、始めるには古物商許可が必要なのよ~。

なにっ!?

中古品の電脳せどりを始めるには、古物商許可が必要になります。

このことについて、次の章で詳しく解説しましょう。

中古品の電脳せどりを始めるには古物商許可が必要

中古品の電脳せどりを始めるには、古物商許可が必要です。

古物商許可って何なのさ?

古物商許可は中古品を転売目的で仕入れるための許可

古物商許可とは、警察が管理している許認可のひとつで、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

中古品を転売目的で仕入れるビジネスを始めるには、始める前に、古物商許可を取らないといけません。

店舗型のお店だけでなくネットビジネスでも古物商許可は必要

古物商許可は、一般的に、リサイクルショップや古本屋といった、中古品を売り買いするお店の営業許可のようなものだと、認識されていることが多いです。

ひと昔前までは、その認識でよかったのですが、インターネットが普及した今、中古品を転売目的で仕入れるビジネスは、店舗型のお店だけではなくなりました。

中古品の電脳せどりも、中古品を転売目的で仕入れるビジネスなので、始める前に古物商許可を取らないといけません。

電脳せどりは、気軽に始められるビジネスゆえに、古物商許可のことを知らずに始めてしまう人が多いです。

これから、中古品の電脳せどりをやってみようという人は、気をつけましょう。

へぇ~そんな決まりがあったのかぁ~。

中古品の電脳せどりはオススメのビジネスだけど、古物商許可を取ることを忘れずにね。

古物商許可なく中古品の電脳せどりをすると逮捕される

古物商許可を取らずに、中古品の電脳せどりを行うと、逮捕される可能性があります。

逮捕!?そんな、おおげさなぁ~。

古物商許可のルールは、古物営業法という法律で決められていることなので、守らなければ法律違反となり、当然、逮捕される可能性もあるのです。

マジか…

逮捕されると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

罰則、重っ…!

古物商許可がなければ、中古品を転売目的で仕入れるだけでも逮捕される

古物商許可は、中古品を転売するときに必要な許可だと、誤解されがちです。

正しくは、中古品を転売目的で仕入れるときに必要な許可です。

そのため、古物商許可を取っていなければ、中古品を転売目的で仕入れるだけで逮捕される可能性があります

仕入れた中古品を転売したかどうかは、電脳せどりの違法性の判断に関係ありません。

電脳せどりの違法性は、転売のために中古品を仕入れたかどうかで判断します。

新品の電脳せどりなら古物商許可は不要。ただし新品の定義に注意!

新品だけを扱えば、古物商許可がなくても電脳せどりを行うことができます。

ただし、古物営業法での新品のとらえ方は、一般的なとらえ方とは異なるので、注意が必要です。

古物営業法にはね、こんな定義があるの。

『物自体が新品であっても、一度でも取引されていれば中古品とみなす』

???

例えば、Aさんが、家電量販店のネット通販で新品のDVDを転売目的で買って、それを未開封のままメルカリで転売したとします。

この電脳せどりで、Aさんに古物商許可は不要です。

古物商許可の対象外である、新品のDVDを仕入れているからです。

うんうん…

次に、Bさんがメルカリで、Aさんが出品したDVDを転売目的で買って、それを未開封のままAmazonで転売したとします。

この電脳せどりでは、Bさんは古物商許可が必要となります。

なんで?Bさんも新品を仕入れているよ?

Bさんが仕入れたDVDは、Aさんがネット通販で買った(取引した)ものです。

古物営業法の定義では、物自体が新品であっても、一度でも取引されていれば中古品とみなされるので、Bさんが仕入れたDVDは、古物営業法上は中古品とみなされます

Bさんは中古品を仕入れていることになるので、古物商許可が必要となるのです。

こんなこと、法律に詳しい人しか分からないよぉ~。

新品の電脳せどりは、古物商許可がなくてもできるので、許可のない人が試しにやってみることがあります。

ただ、古物営業法での新品の定義を理解していないと、気がつかずに違法な電脳せどりをやってしまう可能性もあるので、気をつけましょう。

古物商許可を取りたかったら行政書士

古物商許可を取るなら、行政書士のサポートを受けることをオススメします。

そういえば、古物商許可って、どうやって取るんだ?

まず、必要な書類をそろえて、次に、そろえた書類を警察署に提出、申請します。

約40日の審査期間を経て、審査に通ると、古物商許可を取ることができます。

審査は時間がかかるみたいだけど、やることは思ったよりシンプルだね。

シンプルだからといって、簡単ではないのよ。

古物商許可の申請に必要な書類は、素人がすぐに把握するのは大変です。

書類の種類が多いですし、普段の生活では見慣れないものばかりです。

また、申請する人によって必要な書類が異なるので、混乱しやすいです。

また、書類を集めるために役所に行くこともあるので、平日の日中に働いている人にとっては、書類集めのスケジュール調整をするだけでも一苦労です。

そして、警察署への申請も、インターネットや郵送で行うことはできず、窓口に出向くしかないので、これもまた手間がかかります。

なるほど…たしかに簡単ではなさそうだ。

それを簡単にしてくれるのが行政書士!

行政書士のサポートを受けると、古物商許可の申請がとても簡単になります。

行政書士が必要な書類をすぐに判断して、書類集めも代わりにやってくれます。

警察署への申請まで代わりにやってくれるので、依頼者がやる作業はほとんどありません。

行政書士にまかせているだけで、古物商許可を取ることができます。

えぇっ!自分で申請するのとえらい違いじゃないか!

私なら絶対、行政書士にお願いするわ。

【電脳せどり初心者の方へ】古物商許可が必要になる場合があります まとめ

電脳せどりとは、インターネットだけで行うせどりのことです。

電脳せどりで扱うと稼ぎやすいとされているのは、中古品です。

中古品の電脳せどりを行うには、古物商許可が必要です。

古物商許可を取らずに、中古品の電脳せどりを行うと、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

新品の電脳せどりであれば、古物商許可がなくても行うことができますが、古物営業法での新品の定義に気をつけないと、違法な電脳せどりをしてしまうおそれがあります。

古物商許可の申請は、行政書士にまかせれば、手続きが簡単になって便利です。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。