ヤフオクの落札代行に古物商許可は必要?

この記事は専門家が監修しています

ヤフオクの落札代行というビジネスをご存じですか?

依頼者に変わって商品を落札して、依頼者から手数料をもらうビジネスのことをいいます。

ネット環境さえあれば誰でも始められるので、オークションの駆け引きが得意な方にはお勧めのビジネスといえます。

ただ、このビジネスを始めるには、古物商許可が必要です。

古物商許可がないまま落札代行を続けると最悪の場合、警察に逮捕されるかもしれません。

今回は、ヤフオクの落札代行と古物商許可について詳しく説明をします。

落札代行には古物商許可が必要です

ヤフオクでは魅力的な商品がたくさん取引されていますよね。

でも、中には何らかの理由でヤフオクに参加できないという人もいるのです。

そんな人から依頼を受けて、代わりに希望の商品を落札し、依頼者から手数料を受け取るビジネスを落札代行といいます。

へぇ~、そんなビジネスがあるなんて知らなかったよ。
でも、どんな人が依頼するんだろう?

依頼者には色んな人がいるみたいだけど、多いのはパソコンの知識がないおじいちゃんやおばあちゃん、日本語が全然分からない外国人ね。

この落札代行というビジネスに興味のある方も多いと思います。

ですが、注意しなければならない点が1つあります。

このビジネスを始めるには「古物商許可」という資格が必要だということです。

古物商許可なく落札代行を続けると、警察に逮捕され処罰されてしまうかもしれないのです。

古物商許可ってどんな時に必要なの?

ヤフオクの落札代行をするのであれば、古物商許可が必要です。

古物商許可とは、古着や古本、中古家電等(古物といいます)の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

ヤフオクの落札代行も古物の転売ビジネスに含まれるため、古物商許可が必要なのです。

落札代行って、人から依頼を受けて商品の落札をするだけだよね。それなのに古物商許可が必要なの?

たしかに、ヤフオクの落札代行の場合、人から依頼を受けて落札をします。

ですが、出品者と直接商品のやり取りをするのは落札者です。

ですから、落札者である代行をする人が古物商許可を取得しておく必要があるのです。

新品でも古物商許可が必要な場合があります

古物商許可って中古品の転売ビジネスをするときに必要なんだよね。だったら、新品の商品を落札代行する場合は、古物商許可はいらないんだよね

一般的に古物商許可は中古品を取引する場合に必要です。

ですが、新品でも許可が必要になるケースがあるので注意が必要です。

それは「個人が一度取引した物」の場合です。

どういうことか分かりにくいなぁ

例えば、こぶ吉がお店から新品のバッグを購入する場合、そのバッグは古物に当たらないので、古物商許可は必要ありません。

次に、今度はそのバッグを使わず新品のまま、こぶ吉がせど美に売るとします。

このとき、バッグは新品ですが「個人(こぶ吉)が一度取引した物」なので、古物に当たります

そのため、せど美が買い取る場合は古物商許可が必要になり、許可がないと警察に逮捕されるかもしれないのです。

ヤフオクの場合は要注意

個人と取引する場合は、新品でも古物商許可が必要なのか。
じゃあ、ヤフオクのストアから新品の商品を落札すれば古物商許可はいらないってことだよね?

それがそうでもないのよ

お店から新品の商品を落札する場合、古物商許可は不要だと説明しました。

そのため、ヤフオクのストアから新品を落札する場合、古物商許可はいらないと考える人もいるかもしれません。

ですが、ヤフオクのストアアカウントは個人でも簡単に取得することが可能です。

ストアアカウントを運営しているのが個人であれば、それは法律上、個人との取引と判断されるため、商品を落札するには古物商許可が必要なのです。

えぇ~、じゃあどうすりゃいいのさ~~

対策としては、ストアアカウントを運営しているのが個人かどうか徹底的に調べるという方法があります。

例えば、そのアカウントが店舗運営もしているようであれば、個人ではないと判断できます。

ですが、完全に判別するのは難しく、また時間も手間もかかります。

ですから、ヤフオクで落札代行をしたいのであれば、古物商許可を取得しましょう。

古物商許可を取得すれば、相手が個人・法人関係なく取引ができるので、安心して落札代行をすることが可能なのです。

古物商許可の取得は行政書士に依頼すると簡単

古物商許可を取りたいんだけど、まず何からすればいいの?

古物商許可の申請は自分ですることも可能ですが、あまりおすすめはできません。

なぜかというと、手続きがとても複雑で分かりにくく、たくさんの時間が無駄になる可能性があるからです。

効率よく簡単に古物商許可を取りたいのであれば、行政書士に依頼をしましょう。

行政書士は古物商許可の専門家です。

依頼をすれば、任せっきりで簡単に許可を取得することが可能です。

落札代行ビジネスを考えている人は、行政書士の利用を検討するべきです。

落札代行ビジネスの注意点

落札代行とは取引をしたくない出品者もいます

一部の落札代行業者のマナーが悪いため、落札代行業者とは取引をしないという出品者も増えています

そういう出品者に当たってしまった場合は、事情をきちんと説明し、それでもダメなら諦めましょう。

中には、別のアカウントを複数利用して、一般参加者を装って取引をする落札代行業者もいるようです。

ですが、運営や取引相手にバレた場合、信用を失うだけでなく、アカウントがBANされてしまうかもしれません。

正直に説明をし、誠実な対応を心がけるべきです。

外国人の依頼者が多い

依頼者は何らかの理由でヤフオクに参加できない人たちです。

最近は、外国人がヤフオクでお目当ての商品を手に入れるために、落札代行を利用するケースが増えていいます。

外国人と取引する場合、日本人の場合よりもトラブルに発展しやすいというデメリットがあります。

中には、落札後に依頼者と連絡が取れなくなるケースなどもあります。

依頼者が信用できる人かしっかりチェックし、落札代金は前払いにしてもらうなどの対策を取ることが重要です。

落札手数料の相場は10%前後

落札代行ビジネスでは、依頼者からもらえる落札手数料が利益になります。

落札手数料の相場は、だいたい10%前後です。

正直、一度の取引で得られる利益はそれほど大きくありません。

ですが、海外の業者などから大量購入の依頼が来るケースもあります。

広告やSEOに力を入れて、たくさんの人の目に留まるような宣伝をすることが重要です。

ヤフオクの落札代行に古物商許可は必要? まとめ

ヤフオクの落札代行には古物商許可が必要です。

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

ヤフオクの落札代行ビジネスも中古品の転売ビジネスに含まれるので、古物商許可が必要です。

古物商許可なく落札代行ビジネスを続けると、警察に逮捕され処罰されます。

罰則は重く「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」となっています。

落札代行に興味のある方は、まず、古物商許可を取得するところからスタートしましょう。

古物商許可の申請手続きは難しく自分でやろうとすると、きっと混乱してしまうと思います。

行政書士という古物商の専門家がいるので、簡単に許可を取りたいという人は、依頼をするとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。