新品を転売する場合も古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

新品を転売する場合、古物商許可は不要です。

古物商許可は、仕入れた中古品を転売するときに必要になる許可です。

新品なら古物商許可はいらないのかぁ~。

そうよ。でも『新品』の判断は、ややこしいから注意が必要ね。

古物商許可のルールでは、『新品』の捉え方が一般的な捉え方と異なるので、「新品の転売だから古物商許可は不要だ」と安易に転売を行うと、違法な取引にもなりかねません。

新品の転売と古物商許可の関係について、詳しく解説しましょう。

新品の転売に古物商許可は不要

新品を転売する場合、古物商許可は不要です。

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可だからです。

なので、新品は対象外なのです。

そうなのかぁ~。

古物商許可は、一般的に、古本屋や中古車屋など、中古品を売り買いするお店を営業するための許可として知られています。

そのようなお店は、中古品を転売(販売)目的で仕入れて商売を行うので、営業するにはもちろん、古物商許可が必要です。

また、古物商許可が必要な商売は、お店だけではなく、店舗を持たずに個人で転売を行うビジネスもあります。

インターネットを使って、中古品を転売目的で仕入れて、それを転売してお金を稼ぐ、せどりと呼ばれるビジネスです。

そのような中古品のせどりを行っている人にも、古物商許可が必要です。

古物商許可なく中古品の転売ビジネスを行うと逮捕される

古物商許可を取らずに、中古品の転売ビジネスを行うと、逮捕される可能性があります。

マジで!?

法律違反になっちゃうからね。

逮捕されると、最悪の場合、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

新品には盗品が混じらないから古物商許可がいらない

なんで新品は、古物商許可の対象外なんだろう?

古物商許可の目的を知ると、納得できると思うわよ。

古物商許可の制度は、市場に盗品が混じるのを防いだり、もし混じっても、すぐに見つけだせるようにするために作られました。

中古品の市場には、泥棒が盗品を換金しに来るかもしれないので、盗品が混じる可能性がありますが、新品の市場には、盗品が混じる可能性が、ほぼ、ありません

なので、新品は古物商許可の対象外なのです。

なるほど~そんな理由があったのか!

新品は対象外なんだけど、新品の判断には気をつけないといけないのよ。

古物商許可のルールでは、新品のとらえ方が分かりにくくなっています。

一般的な感覚で新品とされる物でも、古物商許可のルールでは中古品とみなされるケースがあるので、注意が必要です。

次の章で、そのことについて詳しく解説します。

古物商許可での新品のとらえ方には注意が必要

古物商許可のルールでは、新品のとらえ方が一般的な感覚とは異なります。

古物商許可は取っていないけれど、転売ビジネスをやってみたいという人は結構います。

そのような人が手始めに、古物商許可がなくても取引できる、新品の転売を始めることがありますが、気づかずに許可が必要な取引をしてしまう可能性があるので、注意が必要です。

えっ!?そんなことがあるの?

古物商許可を取りしまる法律、古物営業法には、こんなルールがあります。

物自体が新品であっても、一度でも取引された物は中古品とみなす

…?

分かりやすい例で説明するね。

古物営業法でも新品と扱われる例

例1
こぶ吉が、新品のNintendo Switchを転売目的でヤマダ電機で買って、それを未開封のままヤフオク!で転売する。

例1の取引で、こぶ吉に古物商許可は不要です。

ヤマダ電機など、小売店で売られている新品の商品は、古物営業法のとらえ方でも新品として扱われるからです。

ふむふむ…

古物営業法では中古品と扱われる例

例2
例1でヤフオク!に転売されたNintendo Switchを、せど美が転売目的で落札して、それを未開封のままAmazonで転売する。

例2の取引では、せど美には古物商許可が必要です。

せど美が仕入れたNintendo Switchは、こぶ吉によってヤマダ電機で買われた(取引された)ものなので、古物営業法のとらえ方だと、中古品とみなされるからです。

一般的な感覚だと、例1も例2も同じ、新品の転売ですが、古物営業法上は異なった取引とみなされるのです。

ほうほう…そういうことか!

古物営業法ではお店で買った瞬間に中古品とみなされる

古物営業法上は、どんなにキレイな新品でも、お店で買った(取引した)瞬間に中古品とみなされます。

ん?ってことは、例1の転売も、中古品の転売だよね?古物商許可が必要じゃないの?

そんなことないわ。古物商許可は、転売する物を仕入れるときに判断するからね。

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

なので、取引に古物商許可が必要かどうかは、物を転売するときではなく、転売する物を仕入れるときに判断します。

例1の転売は、こぶ吉の言うように、(古物営業法上の)中古品の転売ではあるのですが、仕入れの段階では、新品の仕入れです。

新品を仕入れる取引なので、古物商許可は不要なのです。

なるほどね!

新品の判断はややこしいから、ネットだと、誤って中古品を仕入れる可能性があるのよ。

新品を仕入れるつもりでも、例2のように、ヤフオク!で仕入れを行うと、(古物営業法上の)中古品を仕入れてしまいます。

ヤフオク!はオークションなので、出品されている商品は、必ず、どこかで取引された商品だからです。

ヤフオク!に出品されている商品は、たとえ『新品』と表示されている商品でも、すべて、古物営業法上は中古品です。

新品の仕入れは、問屋や小売店から直接仕入れる場合にしかできません。

そっかぁ~。

オークションじゃなければ、ネットでも新品を仕入れることができるわよ。

古物商許可がない場合はネットでの仕入れに注意

小売店のオフィシャルサイトなどで新品を仕入れれば、小売店の店舗で新品を仕入れることと同じなので、古物営業法上の中古品を仕入れてしまう心配はありません。

また、Amazonや楽天市場など、オンラインモールでも、新品の仕入れができます。

ただし、小売店やメーカーのアカウントが出品している商品に限ります。

オンラインモールは、小売店でも個人でも出品できる場なので、新品を仕入れたかったら、どこから出品されているかを、しっかり確認する必要があります。

でも、ちょっと確認するぐらいでは分からないことが多いのよね。

オンラインモールでは、個人で出品する場合でも、屋号を名乗ることができます。

なので、アカウント名を見ただけでは、小売店か個人かを判断できないことが多いです。

むむっ!

そのため、古物商許可を取っていないのであれば、オンラインモールでの仕入れには手を出さないのが無難です。

古物商許可を取っていない場合の仕入れ先は、小売店の店舗や、メーカー直営のショッピングサイトだけに留めておきましょう。

衛生マスクだけは、新品でも、古物商許可を取っても、転売してはいけない

衛生マスクだけは、新品か中古品かどうか、古物商許可を取っているかどうかに関係なく、定価より高く転売すると違法となります。

2020年、新型コロナウイルスの流行に便乗して、衛生マスクを高値で転売する人が相次いだため、衛生マスクが売り切れるお店が続出しました。

衛生マスクを必要としている人に、マスクが行き渡らない事態になってしまったので、国民生活安定緊急措置法に基づいて、衛生マスクの転売を禁止する政令が公布されました。

そんな事態にまでなっちゃったのか…

2020年3月15日からは、衛生マスクを定価より1円でも高く転売すれば、違法となります。

対象となるのは、個人による転売だけではありません。

製造業者卸売業者小売店などが、消費者に対して、衛生マスクを定価より高く転売する場合も対象となっています。

ちなみに、防護マスクのようなマスクは対象外よ。

対象となるマスクは、カゼや花粉症のときに一般的に使われるようなマスクや、医療用マスク、工業用の防塵マスクなどです。

美容用のフェイスマスクや、防護マスクは、規制の対象外です。

もし、違反したらどうなるの?

違反すると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

転売ビジネスをするなら中古品

転売ビジネスは、新品よりも中古品を扱う方が儲けやすいとされています。

転売ビジネスは、仕入れ値と売り値の差額で稼ぐビジネスなので、仕入れを安くおさえた方が、利益が大きくなりやすいです。

新品と中古品を比べたら、安く仕入れられるのは、当然、中古品です。

なので、転売ビジネスで扱われる商品は、中古品が人気です。

たしかに、中古品の方が良さそうだね。

中古品の転売ビジネスを行うには、古物商許可が必要不可欠です。

古物商許可を取るなら行政書士がオススメ

そういえば、古物商許可ってどうやって取るの?

結構、手間がかかるのよ。

古物商許可は、書類をそろえて警察署に申請して、審査に通ると、もらうことができます。

申請に必要な書類は、見慣れないものも多いので、内容を理解するのに手こずる人も多いです。

また、書類を手に入れるために役所に行く必要もあるので、手間もかかります。

警察署への申請も、インターネットや郵送で行うことはできず、窓口に出向く必要があります。

たしかに面倒だね…

そんな人のために便利な専門家もいるのよ。

古物商許可など、許認可の申請をサポートする、行政書士という専門家がいます。

古物商許可の申請を行政書士に頼むと、面倒な作業はなくなります。

行政書士が、必要な書類をすぐに判断して、代わりに役所に書類を取りに行き、警察署にも代わりに行ってくれます。

頼んだ方は、ほとんど何もすることなく、行政書士にまかせているだけで古物商許可を取ることができます

何それ!めちゃくちゃ便利じゃん!

私は、いつも、古物商許可を取りたいって人には、行政書士をオススメしてるわ。

新品を転売する場合も古物商許可が必要? まとめ

新品の転売に、古物商許可は不要です。

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可なので、新品は対象外だからです。

古物商許可を取らずに、中古品を転売目的で仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

古物営業法では、『物自体が新品であっても、一度でも取引された物は中古品とみなす』としているので、新品の判断には注意が必要です。

衛生マスクに関しては、新品でも、古物商許可を取っていても、定価より高く転売すると違法となります。

古物商許可の申請は、行政書士に頼むと面倒な作業がなくなるので、便利です。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。