せどりで転売するのに古物商って必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

せどりで転売するのに、古物商(許可)が絶対に必要というわけではありません。

中古品のせどりを行う場合に、古物商許可が必要になります。

新品のせどりを行う場合には、古物商許可は不要です。

せどりってビジネスがあるのを知って、興味があるんだけど、なんか許可がいるらしいんだ。

そうね。扱う物によっては、古物商許可が必要になるわね。

せどりと、古物商許可の関係について、詳しく解説しましょう。

せどりに古物商許可は絶対に必要ではない

せどりで転売するのに、古物商許可が絶対に必要というわけではありません。

せどりに古物商許可が必要かどうかは、どんな物を扱うかによって決まります。

せどりで中古品を扱うなら、古物商許可が必要になります。

せどりで新品だけを扱うなら、古物商許可は不要です。

必ず許可が要るわけじゃないんだね。

せどりには『中古品せどり』と『新品せどり』がある

せどりとは、物を仕入れて、それを仕入れたときより高く転売することで、差額でお金を稼ぐビジネスのことです。

インターネットを使えば、家に居ながらでもできるビジネスなので、お小遣い稼ぎや、副業として流行っています。

結構、稼げるらしいから、僕もやってみたいんだよねぇ~。

せどりは、仕入れる物によって、大きく2種類に分けられます。

中古品を仕入れて、それを仕入れたときより高く転売する、中古品せどり
新品を仕入れて、それを仕入れたときより高く転売する、新品せどりの2種類です。

中古品せどりには古物商許可が必要、新品せどりには古物商許可は不要

せどりには、中古品せどりと、新品せどりがあります。

中古品せどりは、勝手にやってはいけないことになっています。

古物商許可という許可を取らなくてはならないことが、法律で定められています。

一方、新品せどりは、古物商許可がなくても行うことができます。

中古品か新品かで、古物商許可が必要かどうかが決まるんだね。

古物商許可とは?

古物商許可とはどういう許可なのか、詳しく解説しましょう。

中古品を転売目的で仕入れるための許可

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

中古品せどりは、中古品を転売目的で仕入れて、それを転売してお金を稼ぐビジネスです。

なので、中古品せどりを行うには、古物商許可が必要なのです。

なるほど~。

中古品せどり以外にも、古物商許可が必要になるビジネスがあります。

リサイクルショップや、中古車屋など、中古品を売り買いするお店を営業するときにも、古物商許可が必要です。

一般的には、リサイクルショップなどの営業に古物商許可が必要ということの方が、どちらかと言えば、知られています。

リサイクルショップの営業に許可が必要って話は、僕も聞いたことがあるね~。

中古品せどりは気軽にできるビジネスなので、古物商許可が必要だと知らずに始めてしまう人が多いので、注意しましょう。

古物商許可の必要性は物を仕入れる段階で判断する

古物商許可は、中古品を転売するための許可だと、よく誤解されます。

正しくは、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

なので、中古品を転売目的で仕入れるだけでも、古物商許可が必要になります

たとえ、仕入れた中古品を転売しなかったとしても、転売するつもりで中古品を仕入れるなら古物商許可が必要です。

せどりに古物商許可が必要かどうかは、物を転売するときではなく、物を仕入れる段階で判断します。

古物商許可を取らないと逮捕される

古物商許可を取らずに、中古品を転売目的で仕入れると、逮捕される可能性があります。

それは言い過ぎでしょ~。

いいえ、これは犯罪よ。

古物商許可のルールは法律で定められていることなので、守らなければ犯罪です。

罰則もあって、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

新品せどりは古物商許可がなくても行うことができる

新品せどりは、古物商許可がなくても行うことができます。

許可がいらないなら、すぐにでも始められるね。

そうなんだけど。気をつけてほしいことがあるの。

古物商許可のルールでの新品の捉え方は、一般的な新品の捉え方とは、ちょっと異なります

そのため、古物商許可を取っていない人が、ルールをよく知らずに新品せどりを行うと、気がつかない内に違法な取引をしてしまうおそれがあるのです。

それは大変じゃないか!そのルールを教えてよ~。

古物商許可のルールでは、未開封、未使用の物が中古品とみなされることがある

古物商許可には、このようなルールがあります。

『未開封、未使用でも、一度でも取引されている物は中古品とみなす』

このルールがあることで、一般的には新品として捉えられる物が、中古品とみなされることがあります。

そのため、古物商許可を取っていない人が新品せどりを行う場合は、このルールに気をつけなくてはいけません。

例を挙げて、分かりやすく解説するわね。


Aさんが、家電量販店で、新品のDVDを転売目的で仕入れて、それを未開封のまま、ヤフオク!で転売する。

Bさんが、ヤフオク!で、こぶ吉が出品したDVDを転売目的で仕入れて、それを未開封のまま、Amazonで転売する。

この例で、Aさんには古物商許可が不要で、Bさんには古物商許可が必要となります。

DVDの状態は、どちらも同じ未開封の新品ですが、古物商許可のルールだと、Bさんが仕入れたDVDは中古品とみなされるのです。

なんでそんなことになるんだよ~。

Bさんが仕入れたDVDは、Aさんが家電量販店から買った(取引した)ものです。

古物商許可のルールでは、未開封、未使用でも、一度でも取引されている物は中古品とみなすので、Bさんが仕入れたDVDは、中古品とみなされるのです。

なるほど~。これは普通は分からないや。

小売店か問屋から個人の手に渡った時点で中古品とみなされる

新品のせどりをするには、小売店か問屋から仕入れるしかありません。

新品の物は、小売店か問屋から個人の手に渡った時点で、古物商許可のルールでは中古品とみなされます。

てことは、さっきの例で、Aさんも中古品を転売してることになるけど…

たしかに、古物商許可のルールでは、未開封、未使用の物が中古品とみなされることがあるの例で、Aさんは中古品を転売していることになります。

ですが、古物商許可の必要性は物を仕入れる段階で判断するで解説したように、せどりに古物商許可が必要かどうかは、物を仕入れる段階で判断します。

古物商許可のルールでは、未開封、未使用の物が中古品とみなされることがあるの例でのAさんのせどりのDVDは、仕入れの段階では新品のDVDです。
そのため、古物商許可のルールでは、未開封、未使用の物が中古品とみなされることがある例でのAさんのせどりに古物商許可は不要なのです。

小売店で売られている新品は、古物商許可のルールでも新品

小売店は、問屋から商品を仕入れて販売してるよね。てことは、小売店の商品は中古品?

小売店で売られている商品は、たしかに、問屋などから仕入れて販売している物です。

となると、一度、取引された物なので、古物商許可のルールでは中古品とみなされるようにも思えます。

ですが、小売店で売られている商品は、古物商許可のルールでも新品とみなして構いません。

小売店と問屋との取引は考慮しません。

小売店や問屋から、商品が個人の手に渡ると、古物商許可のルールでは中古品とみなされます。

盗品の流出防止のための許可だから中古品だけが対象

そういえばさぁ~。なんで、中古品を仕入れるときだけ古物商許可が必要なの?

古物商許可がつくられた目的に関係してるの。

古物商許可は、盗品が市場に出回らないようにしたり、もし、出回っても、すぐに見つけ出せるようにするためにつくられた許可です。

古物商許可は、警察が許可を与えて管理していて、窃盗事件が起きたときの捜査に役立てています。

盗品と中古品がどう関係してるの?

中古品を買い取るお店には、泥棒が盗品を売りに来る可能性があります。

なので、中古品を買い取るお店には古物商許可を取ってもらって、窃盗事件が起きたら、警察の捜査に協力してもらえるようにしているのです。

なるほど~。

新品の市場には、盗品が出回ることは考えにくいので、新品は古物商許可の対象外なのです。

古物商許可を取るときは行政書士に頼むのがオススメ

古物商許可を取るときは、行政書士に頼むと、手続きが簡単になるのでオススメです。

古物商許可を取るのって、結構、手間がかかるのよ~。

古物商許可の申請は、書き慣れていない書類を書いたり、証明書類を役所に取りに行ったりと、手間がかかります。

また、自分でやろうとすると、ミスしやすいので、許可が取れるまでに何ヶ月もかかることがあります。

それは大変そうだなぁ…

古物商許可の申請を行政書士に頼むと、手間のかかることはすべて、行政書士が代わりにやってくれます。

頼んだ側は、特に何もすることなく、古物商許可を簡単に取ることができます。

行政書士はミスすることもないので、最短期間で古物商許可を取ることができます。

へぇ~!そんなに便利な専門家がいるんだね!

せどりで転売するのに古物商って必要? まとめ

せどりで転売するのに、古物商許可が絶対に必要というわけではありません。

中古品せどりを行う場合、古物商許可が必要になります。

新品せどりを行う場合は、古物商許可は不要です。

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

古物商許可を取らずに、中古品を転売目的で仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

新品せどりに古物商許可は不要ですが、古物商許可には、『未開封、未使用でも、一度でも取引されている物は中古品とみなす』というルールがあるので、気をつける必要があります。

古物商許可を取るとき、行政書士に頼むと、簡単に許可を取ることができるので便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。