【古物商】出張買取や出張販売は可能?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商が、出張買取や出張販売をすることは可能です。

ただし、可能とするには、古物商許可を取るときに、『行商する』で申請する必要があります。

古物商になったら出張買取や、出張販売をやってみたいんだけど、勝手にやっていいの?

特に許可はいらないが、『行商する』で古物商許可を取っておく必要があるぞ。

古物商が、出張買取や出張販売をする方法や、注意点について、詳しく解説しましょう。

『行商する』で古物商許可を取れば出張買取、出張販売が可能

古物商が、出張買取や出張販売をすることは可能です。

ただし、古物商許可を取るときに、『行商する』で申請する必要があります。

行商する?

『出張買取・出張販売』『仮設店舗』『古物市場』での取引を行商と呼ぶ

古物商許可での『行商』とは、次の3つの取引方法のことを指します。

  • 出張買取・出張販売
  • 仮設店舗
  • 古物市場

古物商許可の申請書には、『行商しようとする者であるかどうかの別』という欄があって、『する』『しない』のどちらかを選んで〇をつけます。

この欄で、『する』に〇をつけて申請すれば、出張買取、出張販売が可能になります。

もちろん、仮設店舗、古物市場での取引も、可能になります。

行商ってそんな意味なんだね。

一般的な行商は、家々を訪ねて物を売り歩くことを意味しますが、古物商許可では、上記のような意味になるので、間違えて『しない』で申請しないようにしましょう

『しない』にするメリットは何もないから、ほとんどの古物商は『する』で申請してるぞ。

『行商しない』で古物商許可を取ったとしても変更可能

もし、『行商しない』で古物商許可を取ってしまっても、あとから『行商する』に変更することも可能です。

『行商しない』から『行商する』に変更するには、書換申請という手続きをします。

手続きは、書類を書いて、古物商許可を受けた警察署に提出するだけなので簡単です。

手数料が1,500円かかります。

変更の方法について詳しく知りたい方は、行商「しない」で古物商許可を取得してしまった場合にはどうする?を、ご覧ください。

出張買取、出張販売をする場所は相手方の居所のみ

出張買取、出張販売をする場所は、相手方の居所(きょしょ)だけに限られています。

居所とは法律用語で、簡単に言うと、住んでいる所という意味です。

例えば、友達の家に居候している人は、自分名義の家がありませんが、居候している家が、居所として認められます。

どこでも取引できるわけじゃないのか!

全国どこでも出張可能

出張買取、出張販売は、相手方の居所でしか取引できませんが、全国どこでも出張が可能です。

例えば、北海道で古物商許可を取ったとしても、沖縄のお客様の家での出張買取が可能です。

へぇ~。もしかして、最近の法改正でできるようになったの?

いや、これは昔からOKだったんじゃ。

古物商許可は、2020年3月31日まで、都道府県単位の許可でしたが、法改正があって、4月1日から全国共通の許可になりました

法改正前は、許可を取っていない都道府県に営業所を置くことはできませんでした。
(※現在は、1つの古物商許可があれば、全国に営業所を置くことが可能です。)

しかし、出張買取、出張販売に関しては、法改正前から現在と同じく、全国どこでも出張が可能でした。

そうだったんだ~。

古物商同士ならどこでも取引可能

出張買取、出張販売先の相手が、古物商の場合は、相手方の居所に限らず、どこでも取引することが可能です。

そうなんだ!

古物商同士の取引であれば、例えば、喫茶店で待ち合わせて、そこで取引するといったこともOKです。

出張買取、出張販売の際は古物商許可証を携帯しなければならない

出張買取、出張販売をするときは、古物商許可証、または行商従業員証を携帯しなければなりません。

これは、法律で決められていることで、守らなかった場合、10万円以下の罰金が科せられる可能性もあります。

それは大変だ!でも、何のために許可証が必要なの?

お客様の気持ちになってみるんじゃ。

あなたが古物商に、出張買取、出張販売を頼んで、古物商が自宅にやって来たとき、その古物商が古物商許可証や、行商従業者証を提示しなかったら、安心して取引できるでしょうか。

何者か分からない人と取引することは、誰でも不安に思うことでしょう。

きちんと古物商許可を取っていることを、お客様に証明するために、出張買取、出張販売をするときには、古物商許可証、または行商従業者証の携帯が義務づけられているのです。

古物商の従業員でも出張買取、出張販売が可能

出張買取、出張販売は、古物商本人だけでなく、古物商の元で働く従業員でも行うことが可能です。

これは、従業員が古物商許可を取っていなくても可能です。

えっ!?そうなの!

古物商の従業員は、雇い主の古物商許可に基づいて、取引できることになっているんじゃ。

古物商の従業員ができる業務の範囲について、詳しく知りたい方は、【古物商 実務Q&A】アルバイトに古物商の業務をさせてもいいの?を、ご覧ください。

従業員が、出張買取、出張販売を行う場合でも、取引場所が相手方の居所に限られること、全国どこでも出張可能なことは同じです。

ひとつだけ異なるのが、許可証のことじゃ。

古物商許可証の代わりに行商従業者証を携帯しなければならない

古物商の従業員は、古物商許可を持っていないので、代わりに行商従業者証を携帯しなければなりません。

行商従業者証?

行商従業者証とは、従業員版の古物商許可証のようなものです。

行商従業者証には、雇い主の古物商許可の情報や、携帯する従業員の氏名顔写真が載せられています。

行商従業者証も、携帯しなかった場合、10万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

行商従業者証について詳しく知りたい方は、行商従業者証とは?どのような時に必要?を、ご覧ください。

仮設店舗なら相手方の居所に出向かずに取引可能

出張買取、出張販売は、取引場所が相手方の居所に限られますが、仮設店舗なら、相手方の居所に出向かずに取引が可能です。

仮設店舗?

仮設店舗とはイベント会場での期間限定の店舗

仮設店舗とは、デパートの催事場などに期間限定で設置する店舗のことです。

古物商は、警察署に届出を出せば、イベント会場などで仮設店舗による営業が可能です。

へぇ~。そんな営業方法があるんだ!

仮設店舗について詳しく知りたい方は、【古物商】仮設店舗営業届出の書き方を分かりやすく解説を、ご覧ください。

届出が認められればどこにでも設置可能

仮設店舗は、届出を出して、設置が認められさえすれば、全国どこにでも設置が可能です。

例えば、北海道で古物商許可を取った人が、沖縄のデパートの催事場に、仮設店舗を設置することも可能です。

仮設店舗では買取、販売どちらも可能

仮設店舗での営業は、中古品の買取、販売、どちらも可能です。

実は、ひと昔前までは、販売しかできなかったんじゃよ。

仮設店舗での営業は、元々は、中古品の販売しかできませんでした。

ですが、法改正があって、2018年10月24日からは、仮設店舗での買取も可能になりました。

へぇ~。そうだったんだ。

『行商する』で古物商許可を取ると古物市場でも取引可能

『行商する』で古物商許可を取ると、出張買取、出張販売、仮設店舗以外に、古物市場で取引することも可能になります。

古物市場?

古物市場とは、古物商許可を取った人しか参加が許されない、プロ専用の取引の場です。

古物市場は、相場よりもかなり安い価格で中古品を仕入れることができるので、古物商になったら是非、参加しておきたい取引の場です。

それはイイね~!

古物市場には、古物商にとってメリットになることが他にもあります。

古物市場について詳しく知りたい方は、古物市場とは?どんなところ?を、ご覧ください。

古物商許可を取るときは行政書士がオススメ

出張買取、出張販売をするためには、まず、古物商許可を取らなくてはなりません。

古物商許可を取るときには、行政書士にサポートしてもらうのがオススメです。

行政書士?

行政書士とは、古物商許可の申請を代わりにやってくれる専門家です。

古物商許可の申請は、たくさんの書類を作成したり、役所に証明書類を取りに行ったりと、手間のかかる作業が多いです。

行政書士は、これらの作業を、すべて代わりにやってくれます

おまけに、警察署への申請もやってくれるので、頼んだ側がやることは、ほとんどありません。

行政書士におまかせしていれば、古物商許可が取れてしまうのです。

おぉ~!僕も行政書士にお願いしよ~う。

【古物商】出張買取や出張販売は可能? まとめ

古物商は、出張買取、出張販売が可能です。

ただし、古物商許可を取るときに、『行商する』で申請する必要があります。

出張買取、出張販売で取引を行う場所は、相手方の居所だけに限られますが、出張先は全国どこでも可能です。

出張買取、出張販売を行うときは、古物商許可証、または行商従業者証を携帯しなければなりません。

仮設店舗であれば、相手方の居所に出向かずに取引が可能です。

『行商する』で古物商許可を取ると、古物市場での取引も可能です。

古物商許可を取るときは、行政書士のサポートを受けると、簡単に許可が取れるのでオススメです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。