自動車を整備して転売するのに資格は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

自動車を整備して転売するときは、原則として古物商許可という資格が必要になります。

自動車の転売でお金を稼ぐのであれば、まずは古物商許可の取得からスタートしましょう。

古物商許可って自動車の転売にも必要なんだ~

もちろんよ。無許可営業には罰則もあるから必ず取得するようにしてね

自動車を整備して転売するのに必要な資格は古物商許可です

自動車を整備して転売するときには、「古物商許可」という資格が原則として必要です。

自動車の転売ビジネスに興味のある方は、事前に取得するようにしましょう。

自動車の転売ビジネスは、1回の取引で得られる利益が大きく、とても魅力的なビジネスです。

特に人気なのは、中古車などを安く仕入れて、それを自分で整備・カスタムして転売するビジネスです。

単に自動車を仕入れて転売するだけよりも、利益が大きくなるので、効率的に稼ぐことが可能です。

ただ、このビジネスをするには、1つ必要な資格があります。

それは「古物商許可」です。

この許可なく、自動車の転売ビジネスをすると、古物営業法違反として警察に逮捕されることがあるので注意しましょう。

そもそも、古物商許可ってどんな資格なの?

じゃあ、まず古物商許可について説明するわ

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要な資格です

自動車を整備して転売するときに必要となる資格は「古物商許可」です。

古物商許可とは、中古品(古物)の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

ここでいう「転売ビジネス」とは、中古品を転売目的で仕入れることです。

そのため、

  • 中古車を転売する目的でネットオークションで仕入れる
  • 中古車を転売する目的で直接お客さんから買い取る
  • 転売予定の中古車を整備するために必要な中古の部品をネットで仕入れる

などの行為をする場合は、古物商許可が必要になります。

自動車本体だけじゃなくて、中古の部品を仕入れる場合も古物商許可が必要なんだ

自動車の部品も中古品(古物)に当たるから古物商許可が必要になるわ

自動車の転売ビジネスに当たらない場合は古物商許可は必要ありません

古物商許可は中古品の転売ビジネス(転売目的で仕入れる行為)をするときに必要となる資格です。

そのため、自動車を整備して転売するときでも、それが転売ビジネスに当たらないのであれば、古物商許可は必要ありません。

例えば、

  • 自分で長年愛用してきた車を整備してネットオークションに出品する
  • 家族の車を修理して中古車ディーラーに売る

などの場合、転売ビジネスにあたらないため、古物商許可はなくても大丈夫です。

最初から転売するつもりで購入した自動車でなければ、転売するとき古物商許可はいらないってことだね

その通り!

古物商許可を取得せず無資格で自動車の転売をするとどうなる?

自動車を整備して転売するときは、古物商許可という資格が必要です。

もし、無許可で自動車の転売をすると古物営業法違反として警察に逮捕されてしまいます。

その場合、「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」というかなり重い罰則が科せられます。

さらに、5年間は古物商許可が取得できなくなるといったペナルティも受けることになります。

このように、無許可営業のリスクはとても大きいので、自動車の転売ビジネスをするときは、必ず事前に古物商許可を取得するようにしましょう。

わかった。じゃあ早速、古物商許可を申請してくるね

ちょっと待って。古物商許可の申請をするときは、いくつか注意する点があるわ

自動車の転売ビジネスに必要な古物商許可を取得するときの注意点

自動車を整備して転売するときは、原則として古物商許可という資格が必要です。

そこで、古物商許可を取得するときの注意点をいくつかご紹介します。

古物商許可を申請するときは品目に注意しましょう

古物商が扱うことのできる中古品(古物)の種類は、古物営業法という法律によって13種類に分類されており、これを「品目」といいます。

古物商が扱うことのできる13種類の品目は次の通りです。

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品類
  • 自動車
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

自動車を整備して転売するのであれば、「4、自動車」を選択して申請しなければなりません。

自動車の品目を申請して古物商許可を取得した人を「自動車商」といいます。

間違えて他の品目を申請した場合、あとから追加や変更などの手続きが必要になるので、品目は慎重に申請するようにしましょう。

品目って1つしか申請できないの~?

古物商許可を取得するとき、品目は複数申請することができます。

そのため、自動車以外に原付やバイクも扱おうと考えているのであれば、「5、自動二輪車及び原動機付自転車」も一緒に申請することができます。

自動車商の場合は警察のチェックが厳しくなる可能性があります

自動車の品目を申請する場合、他の品目と比べて警察のチェックが厳しくなる可能性があるので注意しましょう。

なぜなら、自動車は単価が大きく、盗難車両の売買など犯罪に巻き込まれる可能性が高いからです。

また、故障した自動車を気付かず転売すれば、交通事故などを引き起こす可能性もあります。

そのため、自動車商になるには、3年以上の実務経験があることが望ましいとされ、また、盗難車両を見抜く知識が求められています。

また、実際に自動車商を営むことができるかどうかを判断するため、駐車スペースがあるかどうかのチェックを受けることもあります。

その場合、駐車場の図面や賃貸借契約書などの書類の提出を求められることがあります。

古物商許可の申請は行政書士に依頼した方が効率的

古物商許可の申請を自分でやるには、かなりの手間と時間が必要です。

見慣れないたくさんの書類を用意しなければならず、また、担当警察官による書類のチェックも厳しいからです。

不備があると、申請は受け付けてもらえず、あらためて書類を作り直さなければなりません。

特に自動車商の場合は、先ほど説明したとおり、警察のチェックがとても厳しく、なかなか許可が下りない可能性があります。

場合によっては、申請が不許可となり、申請手数料(19000円)が無駄になってしまう可能性もあります。

そうならないために、古物商許可の申請は行政書士に依頼しましょう。

行政書士に依頼をすれば、面倒な手続きは全て丸投げにしたまま許可を取得することができます。

また、行政書士は書類作成の専門家なので、ミスなく最短で許可が取れるというメリットもあります。

スムーズに古物商許可を取って自動車の転売ビジネスを始めたいという方は、行政書士に依頼することをおすすめします。

自動車を整備して転売するのに資格は必要? まとめ

自動車を整備して転売するのに必要な資格は「古物商許可」です。

古物商許可を取らないで自動車の転売ビジネスをすると、古物営業法違反として警察に逮捕される可能性があります。

自動車を扱う場合、古物商許可の申請手続きが特に厳しくなるので注意が必要です。

場合によっては、行政書士に依頼するなどして、効率的に古物商許可を取得しましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。