メルカリでの転売で古物商許可が必要なケース

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

メルカリの転売で古物商許可が必要なケースは、

「メルカリで中古品の転売ビジネスをするとき」

です。

無許可で行うと、古物営業法違反として警察に逮捕される可能性があるので注意しましょう。

今回は、どういう場合に古物商許可が必要になるのか、具体例などをあげながら詳しく説明をするわ

メルカリで中古品の転売ビジネスをするときは古物商許可が必要です

メルカリで転売をするとき、古物商許可が必要になることがあります。

それは、どういう場合でしょうか?

そもそも古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要とされる資格のことをいいます。

そのため、古物商許可は「メルカリで中古品の転売ビジネスをするとき」に必要とされます。

具体的には、次のようなケースです。

  • メルカリで古物(中古品)を仕入れてそのままメルカリで転売する
  • ヤフオクで仕入れた古物をメルカリで転売する
  • リサイクルショップで仕入れた古物をメルカリで転売する
  • Amazonで仕入れたジャンク品を自分で修理してメルカリで販売する

これらは、すべて中古品の転売ビジネスに該当します。

そのため、これらの行為をメルカリでするには古物商許可が必要です。

もし、無許可で行うと古物営業法違反として警察に逮捕され、重い処罰を受けることになるので注意しましょう。

無許可営業で警察に逮捕されないためには、「どういう場合に古物商許可が必要なのか」ということを自分でしっかりと判断できることが重要です。

古物商許可が必要かどうかのポイントは、中古品かどうか転売ビジネスにあたるかどうかの2つよ

逮捕されないためには、その2つのポイントをしっかり押さえておけばいいってことだね

古物商許可は中古品の転売に必要です

古物商許可とは「中古品」の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

そのため、古着や中古家電、古本などの中古品(古物)をメルカリで転売するときは、古物商許可が必要になります。

逆に、メーカーや小売店で購入した新品の商品をメルカリで転売するときは、古物商許可は必要ありません。

転売する商品が新品か中古品かが大事ってことか~

そうね。ただ、場合によっては未使用品でも中古品として判断されることがあるから注意が必要よ

未使用品や未開封品でも中古品に含まれることがあります

古物営業法には「新品でも過去に取引されたことのある物は中古品に含まれる」という規定があります。

例えば、こぶ吉が百貨店で購入した新品の家電を、未使用のままメルカリに出品したとします。

これは、こぶ吉によって「取引されたことのある物」なので、未使用品でも法律上は中古品に該当します。

そのため、これを仕入れて転売する場合、古物商許可が必要になるのです。

個人がメルカリに出品している新品の商品は、ほどんとがこのケースに該当します。

ですから、メルカリで個人から商品を仕入れる場合、たとえ商品の説明が新品や未使用となっていても、原則として古物商許可が必要になるので注意しましょう。

商品を仕入れるときは、相手が個人か企業かをしっかりチェックしなくちゃいけないってことだね

でも、ネット取引だと相手が個人かどうかの判断がかなり難しいわ

え~どうして?

例えば、アカウントやサイト名が企業っぽい名前になっていても、運営しているのが個人だと法律上は個人との取引として扱われてしまうのよ

ネット取引では、相手が個人か企業かの判断が困難なため、知らない間に無許可営業をしてしまうケースが多くあります。

そのため、ネット取引を中心に行う人は、念のため古物商許可を取得しておくことをおすすめします。

古物商許可は転売ビジネスをするときに必要です

古物商許可が必要かどうかのポイントの2つ目は「転売ビジネスにあたるかどうか」です。

ここでいう転売ビジネスとは「中古品を転売目的で仕入れる(買い取る)こと」をいいます。

重要なのは、古物商許可が必要になるタイミングは「転売するとき」ではなく「仕入れるとき」だということです。

そのため、中古品を仕入れたあとで、転売する前に古物商許可を取得したのでは遅いので注意しましょう。

中古品をメルカリで転売する場合でも、それが転売ビジネスに当たらなければ、古物商許可は必要ありません。

例えば、

  • 自分で使用するためにメルカリで購入した中古家電を再度メルカリに出品する
  • 家族のためにヤフオクで購入した古着をメルカリに出品する
  • 友達から無料でもらった中古自転車をメルカリに出品する

これらのケースでは、転売目的の仕入れ(買い取る)行為がないため、古物商許可は必要ありません。

不用品の処分や、タダで貰った物の転売でメルカリを利用する場合は、古物商許可は必要ないってことだね

フリマアプリでも古物商許可は必要です

ネットの掲示板やメルカリボックスなどを見ていると、

メルカリはフリマアプリだから古物商許可はいらない

という内容のコメントや書き込みを目にすることがあります。

ですが、これは誤解です。

これまでに説明したとおり、古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となります。

フリマアプリかどうかは関係がありません。

そして、無許可で中古品の転売ビジネスをすると、古物営業法違反で警察に逮捕されます。

逮捕されたときに、「フリマアプリだから」などと言い訳をしても通用しないので注意しましょう。

ネットの情報は簡単に信用しないようにしなきゃね

そうね。古物商許可についてネットで調べるときは、このサイトのように専門家が監修しているところに限った方が安全よ

古物商許可は行政書士に依頼して取得するのがおすすめ

メルカリで中古品の転売ビジネスをするときは、古物商許可が必要です。

審査に2か月程度の期間がかかるので、気になる人は、なるべく早めに申請するようにしましょう。

ただ、古物商許可の申請手続きは、自分でやるとかなり面倒です。

申請書やたくさんの書類を準備しなければならず、また、1か所でもミスがあると何度もやり直しを指示されるからです。

そこで、効率的に古物商許可を取得したいという方には、行政書士の代行サービスをおすすめします。

書類作成の専門家である行政書士が、書類の準備から許可が下りるまでの手続きを代わりにしてくれるサービスです。

専門家による申請なので、無駄なく最短で許可が下りるというメリットもあります。

気になる方は、一度相談してみるとよいでしょう。

電話するのとか緊張するなぁ

最近は、メールだけでなくLINEで対応してくれる行政書士事務所もあるみたいだからチェックするといいわ

メルカリでの転売で古物商許可が必要なケース まとめ

メルカリで中古品の転売ビジネスをするときは古物商許可が必要です。

具体的には次のようなケースです。

  • メルカリで古物(中古品)を仕入れてそのままメルカリで転売する
  • ヤフオクで仕入れた古物をメルカリで転売する
  • リサイクルショップで仕入れた古物をメルカリで転売する
  • Amazonで仕入れたジャンク品を自分で修理してメルカリで販売する

これらの行為を、無許可で行うと古物営業法違反として警察に逮捕されます。

行政書士に依頼するなどして、必ず事前に古物商許可を取得するようにしましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。