中古のシャネルの転売には古物商許可が必要です

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古のシャネルを仕入れて、転売するには古物商許可が必要です。

ブランド物は中古でも高く売れるからね、転売ビジネスをやりたいと思っていたんだよ。

だったら、古物商許可を取らないといけないわね。

古物商許可は、中古品の転売ビジネスに欠かせない許可です。

中古のシャネルの転売と、古物商許可の関係について、詳しく解説しましょう。

中古のシャネルを仕入れて転売するには古物商許可が必要

中古のシャネルを仕入れて、転売するには古物商許可が必要です。

古物商許可?はじめて聞くんだけど…

わたしが分かりやすく教えてあげる。

古物商許可は中古品を転売目的で仕入れるための許可

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

中古ブランドショップや、リサイクルショップなど、中古品をお客様から買い取って、それを販売するお店は、古物商許可を取らないと営業できないことになっています。

そうなんだ~。あっでも、僕には関係ないね。ネットで転売するつもりだから。

ネットだって同じよ。

店舗を持たずに、インターネットを使って、中古のシャネルの転売ビジネスをする場合でも、古物商許可を取らないといけません。

これは、ホームページを立ち上げて行うような場合だけでなく、ヤフオク!やAmazonといった、既存のサイトを利用して、中古のシャネルの転売ビジネスを行う場合も同じです。

そうなの!?僕も古物商許可を取らなきゃいけないのかぁ~。

仕入れていないシャネル、新品のシャネルの転売に古物商許可は不要

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

シャネルを転売するとき、仕入れた中古のシャネルを転売するのであれば、それは、古物商許可が必要なシャネルの転売です。

仕入れとは、転売するために物を買うことです。

次のようなシャネルは、仕入れたシャネルにはあたりません。

  • 自分で使っていたシャネルのバッグ
  • 自分で使うために買ったが、使わないまま要らなくなったシャネルの財布
  • タダでもらったシャネルの靴

このような、仕入れていないシャネルであれば、古物商許可がなくても誰でも転売することができます。

不要品を、ヤフオク!や、リサイクルショップで売ったことはあるでしょ。

あるある。たしかに何も許可がなくても売ることができるね。

また、仕入れたシャネルを転売する場合でも、それが新品のシャネルであれば、古物商許可がなくても誰でも転売することができます。

法律上の『新品』は、一般的なとらえ方とは異なります。
詳しくは、新品のシャネルの転売に古物商許可は不要をご覧ください。

古物商許可が必要になるシャネルの転売は、仕入れた中古のシャネルの転売です。

中古のシャネルを転売目的で仕入れるだけでも古物商許可が必要

『古物商許可が必要になるシャネルの転売は、仕入れた中古のシャネルの転売です。』と先述しましたが、実は、転売しなくても、古物商許可が必要です。

どういうこと?

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

なので、中古のシャネルを転売目的で仕入れるだけでも、古物商許可が必要になります。

転売するかどうかは、特に関係ないのよ。

そうなの!?

古物商許可を取らずに中古のシャネルを転売目的で仕入れると犯罪

古物商許可を取らずに、中古のシャネルを転売目的で仕入れると、逮捕される可能性があります。

えぇ~おおげさだよ。

ホントだって。

これは法律で決められていることなので、守らないことは犯罪になってしまいます。

最悪の場合、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性もあります。

マジかよ…

中古のシャネルの転売ビジネスを始めたい人は、始める前に、必ず古物商許可を取りましょう。

もちろん、これは中古のシャネルに限らず、すべての中古品の転売ビジネスに当てはまることです。

中古のシャネルの転売をするための古物商許可の取り方

決めた!中古のシャネルの転売ビジネスを始めるために、古物商許可を取ることにするよ。

取り方は分かってるの?

知らないよ。許可のこと自体、さっき知ったばっかりだよ?

中古のシャネルの転売ビジネスを始めるとき、どのように古物商許可を取るのか、詳しく解説しましょう。

書類を揃えて警察署に申請する

古物商許可は、必要な書類を揃えて、揃えた書類を警察署に申請して、審査に通ると、取ることができます。

警察署に行くの!?なんだか怖いなぁ…

役所に行くようなものだから大丈夫。警察署は、犯罪をした人だけが行くところじゃないわ。

審査は、約40日かかるので、準備を始めてから許可が取れるまでには、早くても1ヶ月以上はかかります。

結構、時間がかかるなぁ~。中古シャネルの転売ビジネス、早くやりたいのに…

審査の期間はどうにもならないの。気長に待つしかないわ。

品目を選ぶ

古物商許可の申請に必要な書類の中に、申請書があります。

申請書には、古物商許可を取ったら扱いたいジャンルを選んで、〇をつける欄があります。

扱いたいジャンル?バッグとか、靴とか?

そういう意味じゃないわね。転売ビジネスで扱われる物は、シャネルだけじゃないでしょ。

古物商許可は、扱われる中古品を13種類のジャンルごとに分けていて、そのジャンルのことを品目といいます。

参考に、すべての品目を紹介しましょう。
()の中は、その品目に当てはまる中古品の例です。

美術品類
(絵画、彫刻、工芸品、など)
衣類
(洋服、帽子、布団、など)
時計・宝飾品類
(アクセサリー、時計、宝石、など)
自動車
(自動車、自動車のタイヤ、カーナビ、など)
自動二輪車及び原動機付自転車
(オートバイ、オートバイのタイヤ、オートバイのミラー、など)
自転車類
(自転車、サドル、自転車のかご、など)
写真機類
(カメラ、望遠鏡、顕微鏡、など)
事務機器類
(コピー機、FAX、パソコン、など)
機械工具類
(工作機械、ゲーム機、電話機、など)
道具類
(雑貨、家具、楽器、など)
皮革・ゴム製品類
(バッグ、靴、財布、など)
書籍
(本、マンガ、参考書、など)
金券類
(商品券、乗車券、郵便切手、など)

なるほど~。自動車とか、金券なんかもあるのかぁ~。

中古のシャネルの転売ビジネスを始めるのなら、品目は、『衣類』、『時計・宝飾品類』、『皮革・ゴム製品類』などを選ぶといいでしょう。

これらの品目を選べば、シャネルの商品で代表的な、洋服、アクセサリー、バッグ、靴、財布などを扱うことができます。

じゃぁ、僕は、『衣類』、『時計・宝飾品類』、『皮革・ゴム製品類』に〇をつけよう。

選ばなかった品目を扱う場合は届出が必要

シャネルの商品って、アパレルだけじゃなくて、インテリアや、雑貨なんかもあるんだよ。

へぇ~いろいろあるのね。

古物商許可を取って、中古品の転売ビジネスができるようになったら、基本的には、申請のときに選んだ品目に当てはまる物しか、扱うことができません。

そうなの!?じゃぁ、『道具類』も選んでおこうかな。

申請のときに選んでいない品目に当てはまる物でも、取引することは、一応できます

ただ、その場合、取引した日から14日以内に、扱う品目を増やすための届出を出さないといけません。

扱う品目を増やす届出の詳しい方法は、【古物商】申請した品目以外の商品を取引してはダメ?をご覧ください。

行政書士にまかせると簡単に取れる

古物商許可の申請に必要な書類は、申請書の他にもたくさんあります。

書類の多くは、普段使わないものなので、内容を理解することは結構大変です。

また、書類の中には、役所に行って取り寄せるものもあるので、すべての書類をそろえるには手間がかかります。

面倒くさいなぁ~。申請するのやめようかなぁ…

こぶ吉みたいな面倒くさがりに、ピッタリの方法があるわ。

古物商許可の申請を楽にしてくれる、行政書士という専門家がいます。

行政書士に頼めば、書類の内容を勉強する必要もないですし、書類集めも、行政書士が代わってくれます。

警察署への申請まで代わりに行ってくれるので、ほとんど何もしなくても古物商許可を取ることができます。

えっ!?ちょっと便利すぎない?そんなに任せちゃっていいの?

ウソ情報を教えるわけないでしょ。

行政書士、最高じゃん!絶対お願いしよう~!

新品のシャネルの転売に古物商許可は不要

新品のシャネルを仕入れるのであれば、古物商許可がなくても誰でも転売することができます。

古物商許可を取るのって時間がかかるんだよね?取れるまでは新品を転売してみようかな。

それはアリだけど、新品のとらえ方はややこしいから教えておくわね。

未使用でも取引されたものは中古品とみなされる

古物商許可を取り締まる法律、古物営業法には、このようなルールが定められています。

物自体が新品でも、一度でも取引されていれば中古品とみなす。

このルールをよく理解していないと、新品を仕入れているつもりで、中古品を仕入れてしまうおそれがあるので、注意が必要です。

それは大変じゃないか!詳しく教えて~。

例1
シャネルのショップで、新品のシャネルのバッグを転売目的で買って(仕入れて)、それを未使用のままヤフオク!で転売する。

例1の取引で仕入れているバッグは、古物営業法のルールでも、新品とみなされます。

例1の取引は、新品のシャネルを仕入れて転売しているので、古物商許可がなくても誰でもできる取引です。

例2
例1でヤフオク!に出品されたシャネルのバッグを、転売目的で落札して(仕入れて)、それを未使用のままAmazonで転売する。

例2の取引で仕入れているバッグは、シャネルのショップで買われた(取引された)ものです。

古物営業法のルールでは、物自体が新品でも、一度でも取引されていれば中古品とみなすので、例2で仕入れたバッグは、中古品とみなされます

例2の取引は、中古のシャネルを仕入れて転売しているということになり、古物商許可が必要な取引となるのです。

えぇ~!未使用でも中古品になるのかぁ~

一般的な感覚だと、例1も、例2も、新品のシャネルとして扱うでしょうね。

古物営業法のルールを理解していないと、古物商許可を取っていない場合、気がつかずに違法な取引をしてしまうおそれがあるので、注意しましょう。

小売店や問屋の商品は古物営業法上も新品

シャネルのショップは、問屋から商品を仕入れて販売しています。

となると、シャネルのショップで売られている新品の商品は、問屋と取引されたものなので、古物営業法のルールでは中古品とみなされるようにも思えます。

ですが、シャネルのショップで売られている新品の商品は、古物営業法上も新品とみなして構いません。

小売店で売られている新品の商品は、どれも、古物営業法上も新品です。

小売店と問屋との取引は考慮しません。

ニセモノを仕入れないように注意する

ブランド品は、価値のあるものなので、それを悪用する人たちによって、ニセモノがたくさん作られています。

シャネルをはじめ、ブランド品の転売をするときは、ニセモノを仕入れないように気をつけましょう。

ニセモノのブランド品を転売することは、商標権の侵害という犯罪にあたります。

商標権の侵害は、基本的には、ニセモノだと知っていて転売したときに罪に問われるものです。

ただし、ニセモノだと知らなかった場合でも、「もしかしたら、ニセモノじゃないか…?」と、少しでもニセモノの可能性に気づいていたのであれば、罪に問われる可能性があります。

えぇ~!ニセモノだと知らなくても捕まるかもしれないのぉ~!

商標権の侵害は、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

中古シャネルの転売には古物商許可が必要です まとめ

中古のシャネルを仕入れて転売するには、古物商許可が必要です。

仕入れていないシャネルや、新品のシャネルを仕入れる場合は、古物商許可は不要です。

古物商許可を取らずに、中古のシャネルを転売目的で仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

古物商許可を取るときは、行政書士にまかせると、手続きが簡単になって便利です。

中古のシャネルを仕入れて転売するときは、ニセモノを仕入れないように気をつけましょう。

ニセモノを仕入れて転売すると、商標権の侵害にあたり、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。