個人で取った古物商を法人に変更できる?

この記事は専門家が監修しています

個人で取得している古物商許可を法人に変更することはできません

古物営業法に、そのような制度はないからです。

そのため、法人で古物営業をするためには、代表者などが個人で許可を取得していても、改めて法人で許可を取得しなければなりません

法人で許可を取得すると、個人の場合と比べて様々なメリットがあります。

ですが、法人での許可取得は、個人の場合と比べて手続きが複雑になるので注意が必要です。

今回は、個人で許可を取得している人が法人で古物営業をする場合の注意点について説明をします。

古物商許可を個人から法人に変更することはできません

せど美、ちょっと聞きたいことあるんだけどいいかな?

どうしたの、こぶ吉?

最近、古物ビジネスの収益が安定してきたから、いっそのこと会社を設立しようと思うんだ

すごいじゃない、こぶ吉。おめでとう。
法人化すると個人の場合と比べて、たくさんのメリットがあるからおススメよ。

ありがとう。
でも、聞きたいのは古物商の許可についてなんだ。
僕は今、個人で古物商許可を取得しているんだけど、これって法人になっても、そのまま使用することはできるのかな?

残念だけど、それはできないわ
法律上、個人と法人は別の人格として扱われているから、個人で取得した許可を法人として使用することはできないの。

個人の許可を法人名義の許可に変更することもムリ?

それもできないわ。古物営業法には、個人から法人への名義変更という制度は存在しないの。
だから、こぶ吉の場合は、改めて法人名義で古物商許可を取得する必要があるわね

そうか~大変だなぁ

個人で取得した古物商許可を、法人の古物ビジネスで利用することはできません。

古物営業法上、個人と法人は全くの別人格として扱われるためです。

また、個人で取得している古物商許可を、法人の名義に変更することもできません。

個人から法人への名義変更という制度は、古物営業法にはないからです。

法人として古物ビジネスをするためには、必ず、法人名義で許可を取得しなおすことが必要なのです。

無許可で古物取引をした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕・処罰される可能性があります。

法人が古物ビジネスをする場合、法人名義の許可を持っていなければ無許可営業です。

個人で許可を持っていても処罰は免れません。

法人として古物取引をする場合は、必ず法人名義で許可を取得しましょう。

法人で許可を取得するメリット

個人で取得している古物商許可を法人名義に変更することはできません

そのため、法人で古物ビジネスをする場合、法人名義の古物商許可が必要です。

法人で許可を取得する場合のメリットについて説明をします。

許可を使い分けるとビジネスの幅が広がります

個人の許可を法人名義に変更することはできないのか~、残念。

そんなに落ち込む必要はないわ。
個人と法人の古物商許可があれば、ビジネスの幅が広がるっていうメリットがあるの

どういうこと?

例えば、こぶ吉って古物の転売にフリマアプリって使ってる?

もちろんだよ。特にメルカリはよく使ってるな~

メルカリなどのフリマアプリは、法人名義で利用することができないでしょ。
だから、法人の許可しかもっていない場合、フリマアプリを利用して古物の取引をすることができないわ

たしかに。フリマアプリは基本的に個人取引しかできないね

でしょ。
だから、それぞれの許可を持って入れば、大量の古物取引は法人名義の許可を利用、少量の取引は個人の許可を利用するっていう使い分けが可能になるの

なるほど、それは魅力的だね

メルカリをはじめとしたフリマアプリでは、事業目的で利用することが規約で禁止されています。

そのため、法人名義の古物商許可しかもっていない場合、これらのアプリを使って古物取引をすることができません

個人と法人の許可を上手に使い分ければ、古物ビジネスの幅が広がり、さらに利益の拡大を期待することができます。

社会的信用を得られます

法人で許可を取ると、社会的な信用がぐっと上がるっていうメリットもあるわよ

そうなの?

うん。特にネット取引や高額商品の場合、信用性があるかどうかはとても重要よ

高額な商品を買う場合、相手が個人だと「偽物かも」って思っちゃうね

でしょ。でも相手の名前が会社名になっていると、その商品に対する信用は全然違う

たしかに。

それに、独自の販売サイトで古物取引をする場合、法人用のドメインを利用することもできるわ

ドメインって、URLに書かれている〇〇.jpや△△.comっていう文字のことだよね

そうよ。その中でも、〇〇.co.jpっていうドメインは会社しか取得できないドメインなの。
だから、会社の販売サイトにこのドメインを使えば、「企業が運営しているサイトです」ってアピールすることができるわ

なるほど~。サイトの信頼も高まるってことだね

法人で古物商許可を取得すると、高い社会的信頼が得られます。

古物取引の場合、盗品や偽物が混ざる可能性が高く、信用性があるかどうかは非常に重要です。

特に、相手の顔が見えないネット取引や、高額商品の場合だと、信用性は利益に直接繋がります。

また、法人が古物のネット取引をする場合、法人専用のドメインを利用することができます。

法人は高い信用性を活かして、有利に古物ビジネスを展開することができるのです。

法人で許可を取得する場合は行政書士に依頼

よ~し、じゃあ早速、古物商許可の申請に行ってくるよ

ちょっと待ってこぶ吉!許可申請ってこぶ吉が自分でやるの?

うん。僕の許可も自分で申請して取得できたし、大丈夫だと思うよ

個人で取得する場合と法人で許可を取得する場合では、手続きの大変さが全然違うわ

そうなの?

法人で申請する場合、必要な書類や確認事項も増えるし、とっても大変なの。
申請にかかる時間や労力は、個人の場合とは比べ物にならないわ

ええ~。そんなに時間に余裕ないよ。
どうすればいいんだろ

そういう場合は、専門家の行政書士に許可の取得を依頼するべき

行政書士に頼むとどうなるの?

行政書士は古物商のプロだから、必要な手続きは全部代わりにやってくれるわ
報酬として、4万円~6万円前後が必要だけど、面倒で時間のかかる申請手続きを全部丸投げできるんだから、それ以上の価値があるといえるわ

手間のかかる申請はプロにお願いして、僕は古物ビジネスの準備に専念した方がいいかもしれないね。ちょっと検討してみるよ

法人で古物商許可を申請する場合は、専門家に代行を依頼しましょう

法人の許可申請は、個人の場合と比べると、手続きがかなり複雑になります。

必要書類や確認事項が多く、自分で申請するとミスが多発し、許可が下りるまでの時間がどんどん長くなります

法人で許可を申請する場合、面倒な手続きはプロに依頼し、会社は古物ビジネスの準備に専念することがベストといえるでしょう。

個人で取った古物商を法人に変更できる? まとめ

個人で取得した古物商許可を法人に変更することはできません。

古物営業法には、そのような制度がないからです。

そのため、法人で古物ビジネスをする場合は、改めて法人名義で古物商許可を取得する必要があります。

法人で古物商許可を取得する場合、個人と比べて必要書類も多く、手続きがかなり複雑になります。

もし、効率よく最短で許可を取得したいのであれば、行政書士に代行を依頼することがおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。