古物商の許可番号を確認する方法

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商の許可番号を確認する方法は、次の3パターンがあります。

  • 古物商に直接確認する
  • 古物商の営業所で古物プレートを確認する
  • ホームページで確認する

買い取り詐欺があるらしいから、怪しい古物商がいたら、許可番号を調べておきたくてね。

それは大事なことね。詐欺をはたらく古物商は、許可を取っていないことも多いからね。

古物商の許可番号は、古物商ではない人でも調べることができます。

ただ、情報を開示したくない古物商もいるため、調べられない場合もあります。

そのような場合は、取引を控えた方がいいでしょう。

それでは、古物商の許可番号を確認する方法を、詳しく解説しましょう。

古物商の許可番号を確認する3つの方法

リサイクルショップや、古本屋といった古物商は、営業するために古物商許可を取らないといけません。

古物商許可を取ると、必ず、許可番号が与えられます。

許可番号は、どの古物商にもカブらない固有の番号なので、きちんと許可をとっている証になります。

詐欺などをはたらく悪質な古物商は、古物商許可を取っていないことが多いです。

そのため、怪しい古物商を見つけたら、許可番号を確認することで、悪質な古物商かどうかを見極めることができます。

それじゃぁ、許可番号を確認する方法を解説するわね。

古物商の許可番号を確認する方法は、次の3パターンがあります。

  • 古物商に直接確認する
  • 古物商の営業所で古物プレートを確認する
  • ホームページで確認する

それぞれの方法を詳しく解説しましょう。

古物商に直接確認する

古物商の許可番号を確認するのに、一番手っ取り早い方法は、直接確認することです。

対面の取引であれば、直接聞けばいいですし、インターネットの取引であれば、メールやコメント欄で尋ねるといいでしょう。

まぁ、そりゃぁそうだよね。

ただ単に許可番号を教えてもらうだけでは、ウソの番号を言われる可能性もあります。

信ぴょう性を求めるなら、古物商許可証を見せてもらいましょう。

古物商許可証とは、古物商版の免許証のようなものです。

古物商許可を取ると必ず与えられるもので、手帳のような形をしています。

古物商は、出張買取など、営業所(店舗)以外で取引をするときには、古物商許可証を携帯することが義務づけられています

また、古物商は、出張買取先で、「古物商許可証を見せてほしい」と言われたら、見せないといけない決まりになっています。

そんな決まりがあるなら、お願いしたら見せてくれるはずだね!

買い取り詐欺などを行う悪質な古物商は、古物商許可を取っていないことが多いです。

怪しい古物商に買い取りを迫られたら、「古物商許可証を見せてください」とお願いしてみるといいでしょう。

そうそう。違う種類の許可証もあるのよ。

行商従業者証も古物商許可証と同じようなもの

古物商のお店では、代表者だけが古物商許可を取っていて、従業員は許可を取っていないというケースがほとんどです。

そのようなお店が、従業員だけで出張買取に出向くとき、従業員は、古物商許可証の代わりに、行商従業者証というものを携帯しています。

行商従業者証には、代表者の古物商許可の情報と、従業員の名前や顔写真が載せられています。

デザインは決まっていませんが、手帳のような古物商許可証と違って、カード状のものが多いです。

へぇ~そんなのもあるんだ。

行商従業者証も、古物商許可証と同じで、古物商のお店の従業員が、営業所(店舗)以外で取引するときに、携帯することが義務づけられています

また、古物商のお店の従業員は、出張買取先で、「行商従業者証(古物商許可証)を見せてほしい」と言われたら、見せないといけない決まりになっていることも同じです。

行商従業者証を見せてもらう場合でも、許可番号を確認できるんだね。

「古物商許可証を見せてください」と尋ねて、行商従業者証を見せられても、「古物商許可証を見せてほしいんだよ!」と、早とちりして怒らないようにしましょう。

従業員は行商従業者証しか携帯できないからね。

古物商の営業所で古物プレートを確認する

古物商の営業所(店舗)に出向くのなら、古物プレートで許可番号を確認する方法があります。

古物プレート?

古物プレートとは、古物商許可の情報が書かれた、金属やプラスチック製の看板のようなもので、必ず、許可番号が書いてあります。

古物プレートのデザインは統一されています。

長方形で、大きさは8cm×16cm、青や紺地に白い文字で、古物商許可の情報が書いてあります。

リサイクルショップや、古本屋に行けば、古物プレートがどこかに掲げてあるはずよ。

古物商には、営業所(店舗)に古物プレートを掲げることが義務づけられています。

また、お客様に見てもらいやすい場所に掲げる決まりなので、見つけることは、それほど難しくはないでしょう。

レジに掲げられていることが多いわね。

ホームページで確認する

ホームページを開いて、そこで取引を行っている古物商なら、そのホームページ上で許可番号を確認することができます。

おっ!簡単に確認できるね。

取引をホームページ上で行う古物商は、ホームページに許可番号を載せることが義務づけられています

許可番号の表示方法には決まりがあって、必ず、トップページに表示することになっています。

トップページならどこでもいいのですが、大抵の古物商は、ページの一番上や、一番下など、端に表示しています

トップページに許可番号が表示されていない例外もあるの。

例外として、トップページに『古物営業法に基づく表示』といった文言を表示して、それをクリックすると、許可番号が書かれたページに飛ぶようにして、表示する場合もあります。

そのような場合も、リンクが設定された文言は、必ず、トップページに表示されています。

でもね、古物商のホームページに必ず許可番号が載っているとは限らないの。

ホームページに許可番号を載せる義務が生じるのは、ホームページ上で取引を行う場合だけです。

古物商の会社を紹介するだけのホームページなど、ホームページ上で取引を行わない場合は、許可番号を表示する義務はありません。

そうなのかぁ~。

公安委員会のホームページでも確認できる

各都道府県の、公安委員会のホームページでも、古物商の許可番号を確認することができます。

インターネットを使って取引を行う古物商は、古物商許可を受けた都道府県の公安委員会に、ホームページのURLを届け出ないといけません

これは、オリジナルのホームページを開設する場合だけでなく、Amazonや、ヤフオク!などにアカウントページを作る場合でも届け出ないといけません。

そんな決まりがあるんだね~。

届出をした古物商は、届け出た都道府県の公安委員会のホームページに、次の3点の情報を掲載されます。

  • 許可番号
  • 古物商の氏名または名称
  • 古物商のホームページのURL

掲載していない公安委員会のホームページも、一部あります。

これを見れば許可番号が分かるね。

買い取り詐欺の主な例

許可番号を確認できない古物商は、無許可で営業している可能性があります。

そのような古物商は、詐欺などの悪質な取引をしている可能性もあります。

「買い取り詐欺」なんてものがあるって聞いたよ。

迷惑な話よね。

買い取り詐欺は、いろいろなケースがあります。

  • 飛び込みで訪問して無理やり買い取る
  • アポを取ってから訪問して無理やり買い取る
  • まともなサイトのふりをして買い取る

それぞれ、どんなケースか、紹介しましょう。

ケース1 飛び込みで訪問して無理やり買い取る

このケースは、まず、訪問販売のように、突然、家を訪ねてきて、不用品の買い取りをセールストークします。

そして、「金を売るなら今しかないですよ!」などと言って、貴金属を買い取る流れに強引に誘いこみます。

そして、相場よりもだいぶ安い価格をこっそり提示して、貴金属を買い取ります。

押しに弱い高齢者、特に女性を狙うことが多いわ。

ケース2 アポを取ってから訪問して無理やり買い取る

このケースは、まず、電話などで、不用品の買い取りをセールストークして、後日、訪問するためのアポを取ります。

本当は、貴金属の買い取りが目的ですが、電話の段階では、別の不用品の話をして信じこませます。

そして、相手宅を訪問したときに、電話で話した不用品も買い取りながら、セールストークで貴金属の買い取りに誘いこみます。

そして、相場よりもだいぶ安い価格をこっそり提示して、貴金属を買い取ります。

くぅーっ!一旦、信じこませるなんて、タチが悪いなぁ!

ケース3 まともなサイトのふりをして買い取る

このケースは、まず、まともな古物商を装ったサイトで、買い取りを宣伝します。

サイトに申し込みがあったら、はじめは、正規の価格で買い取って、相手を信じこませます。

すっかり信用してくれた相手が、2度目の買い取りを申し込んできたら、次は、異常に安い価格で買いたたきます。

そのあとは、相手が苦情を言ってきても、一切、連絡が取れないようにして、泣き寝入りするしかないようにさせます。

どいつもこいつもヒドい古物商だな!

怪しい古物商を見つけたら許可番号を確認する

怪しい古物商を見つけたら、古物商許可の許可番号を確認してみましょう。

悪質な古物商は、古物商許可を取らずに営業している可能性が高いです。

無許可で中古品を買い取っていると分かれば、警察が動いてくれる可能性があるので、相談してみましょう。

もし、古物商許可を取っていたとしても、悪質な取引をしているのであれば、警察は動いてくれる可能性があります。

強引に迫られても、キッパリ断ることが大切よ。

許可番号を聞いてもはぐらかす古物商や、ホームページなどに許可番号が載せられていない古物商は、特に怪しいので注意しましょう。

怪しい古物商が許可番号を教えてくれたとしても、ウソの番号の可能性もあります。

そんなときは、教えてもらった許可番号をネットで検索にかけたり、警察署に問い合わせてみるといいでしょう。

古物商になるなら古物商許可、古物商許可を取るなら行政書士

古物商は、決して、怪しいビジネスではありません。

悪質な取引を行っているのは、一部の古物商です。

多くの古物商は、クリーンな取引を行って、ビジネスを確立させています。

BOOKOFF、ガリバー、セカンドストリート、どれも立派な古物商ね。

みなさん、お世話になってます。

ビジネスモデルを確立した古物商は、大規模なチェーン店だけではありません。

インターネットなどを使って、個人で中古品を売り買いする、せどりと呼ばれるビジネスで成功している古物商もたくさんいます。

僕もやってみた~い!

古物商になるには、まず、古物商許可を取らないといけません

古物商許可を取りたいという方には、行政書士をオススメします。

何それ~?

古物商許可の申請は複雑なので、自分でやろうとするとミスをすることが多いです。

そうなると、許可が取れるまで何ヶ月もかかるということも、少なくありません。

行政書士は、そんな古物商許可の申請を、代わりにやってくれる専門家です。

行政書士は、申請に関わる作業を、すべて代わりにやってくれるので、頼んだ側は、特に何もすることなく、古物商許可を簡単に取ることができます。

へぇ~!便利な専門家がいるもんだ。

古物商の許可番号を確認する方法 まとめ

古物商の許可番号を確認する方法は、次の3パターンです。

  • 古物商に直接確認する
  • 古物商の営業所で古物プレートを確認する
  • ホームページで確認する

悪質な古物商は、古物商許可を取らずに営業していることが多いです。

怪しい古物商を見つけたら、古物商許可の許可番号を確認しましょう。

古物商になるには、古物商許可が必要です。

古物商許可を取るときは、申請を行政書士に頼むと、手続きが簡単になるので便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。