継続的な転売でなければ古物商許可は不要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

継続的な転売でなくても、古物商許可が必要な場合があるので注意しましょう。

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要となる資格です。

継続的な転売であれば、転売ビジネスと判断されやすくなり、古物商許可が必要になる可能性が高くなります。

ですが、継続的な転売でなくても、取引の内容によっては転売ビジネスと判断され、古物商許可が必要になるケースがあるのです。

今回は、どういう場合に古物商許可が必要か、分かりやすく説明をします。

継続的な転売でなくても古物商許可が必要になる可能性があります

継続的な転売でなくても、古物商許可が必要とされることがあるので注意しましょう。

メルカリやヤフオクなどアプリが普及した影響で、転売でお金を稼ぐ人が増えています。

ただ、中古品をビジネスとして転売する場合には古物商許可が必要です。

もし、古物商許可を取らないで中古品の転売ビジネスをすると警察に逮捕され重い罰則が科されます。

中古品の転売ビジネスをする場合は、必ず事前に古物商許可を取得しましょう。

中古品でも、継続的に転売しなければ古物商許可はいらないって聞いたんだけど本当?

たしかに、こぶ吉が言うようにネット上では

継続的な転売でなければ古物商許可はいらない

という言葉を目にします。

ですが、これは正確な情報とはいえません。

継続的な転売でなくとも、古物商許可が必要になる可能性があるのです。

どういうことか、詳しく説明します。

継続的な転売かどうかは転売ビジネスに当たるかどうかの重要なポイント

古物商許可というのは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

ですから、転売ビジネスに当たらない場合は、古物商許可がないまま中古品を転売しても警察に逮捕されるということはありません。

例えば、

  • 長年愛用してきた自転車をリサイクルショップで買い取ってもらった
  • 昔からフィギュアを集めていたがコレクター卒業のためフィギュアをメルカリに出品した
  • 友人から中古家電をもらったが自分もいらなかったのでヤフオクに出品した

これらの場合、転売ビジネスといえないため古物商許可はいりません。

転売ビジネスに当たるかどうかが重要なんだね

そして、転売ビジネスに当たるかどうかを判断する重要なポイントの1つが、継続的に転売をしたかどうかなのです。

要するに、継続的に転売をしていれば、転売ビジネスと判断され、古物商許可が必要になる可能性が高いのです。

ただし、継続的な転売かどうかは、あくまで転売ビジネスにあたるかどうかのポイントの1つにすぎません。

そのため、仮に継続的な転売でなくても、他の事情などから転売ビジネスと判断されることがあります。

その場合に、古物商許可を持っていないと無許可営業と判断され警察に逮捕されてしまうのです。

転売ビジネスに当たるかどうかは様々な事情が考慮されます

転売ビジネスに当たるかどうかについては、明確な基準がありません

継続的な転売かどうかの他にも、取引金額や商品の種類などいろいろな事情が考慮されます

例えば、継続的な転売でなくとも、取引金額が大きい場合や、短期間に大量の商品を転売している場合などは、転売ビジネスと判断される可能性が高くなります。

年に数回の取引でも古物商許可が必要と判断される可能性があるってことね

その判断って誰がやってるの?

無許可営業に当たるかどうかの判断は、無許可営業を取り締まっている警察が判断をします

警察は、無許可営業の疑いがある場合、その人の過去の取引記録などを調査します。

そして、取引内容を見て転売ビジネスに当たるかどうかを判断します。

ここで、転売ビジネスと判断されてしまったら、「転売ビジネスではありませんでした」などの下手な言い訳は通用しません。

もし、心当たりのある方は、取り返しのつかないことになる前に古物商許可を取得しましょう。

なんで転売ビジネスに古物商許可が必要なの?

古物商許可の目的は盗品の流通防止と早期発見にあります。

泥棒は盗んだ物を転売してお金に換えるというケースがよくあります。

そのため、中古品の転売を許可制にして、警察がしっかり管理することで、盗品の流通を防止し、泥棒が自由に活動できなくしているのです。

年に1回だけの転売に盗品が紛れ込む可能性は低いわ。だから、継続的な転売でなければ古物商許可がいらないことが多いの

その場合でも、金額が大きかったり、大量の商品を転売する場合は盗品が紛れ込む可能性があるから、古物商許可が必要と判断されることがあるんだね

そういうこと!分かってきたじゃない

安心して中古品の転売をするために古物商許可を取得しましょう

これまで説明したとおり、古物商許可が必要な取引かどうかについては、取引の内容や経緯などを総合的に考慮して判断されます。

かなり微妙なケースなどもあり、その判断は一般人にはとても難しいといえるでしょう。

自分で「転売ビジネスに当たらないから古物商許可はいらない」と判断しても、あとから警察に転売ビジネスと判断され逮捕されるケースがたくさんあるのです。

じゃあ、取引をする度に警察に確認すればいいのかな?

取引をする度に警察に相談すれば、無許可営業で逮捕されることはなくなりますが、非常に手間がかかります。

もし、安全に転売をしたいのであれば、古物商許可を取得するのがおすすめです。

でも、そんなにたくさん転売しないし・・・

先ほどお伝えしたとおり、継続的な転売でなくとも転売ビジネスと判断されれば、古物商許可が必要です。

無許可で行えば警察に逮捕されてしまいます

ですが、古物商許可を取得すれば、自分の取引が転売ビジネスに当たるどうかなど余計な心配をする必要はありません

堂々と転売を楽しむことができるのです。

それに、古物商許可には有効期限や更新制度がありません。

一度取得してしまえば、生涯有効な資格として利用できるのでとても便利なのです。

でも、古物商許可を取るのって大変なんじゃないの?

たしかに、古物商許可の申請手続きはとても複雑で面倒です。

ですが、ご安心ください。

古物商許可には行政書士という専門家がいます。

行政書士に依頼をすれば、必要な手続きをすべて代わりにしてくれるので、簡単に許可を取得することができます。

気になる方は、一度相談してみるとよいでしょう。

継続的な転売でなければ古物商許可は不要? まとめ

継続的な転売でなくとも古物商許可が必要になる可能性があります。

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要な資格です。

継続的な転売かどうかは、転売ビジネスに当たるかどうかの判断要素の1つにすぎません。

他にも、取引金額や数量、商品の種類などいろいろな事情が考慮されます。

そのため、継続的な取引でなくとも、金額が大きかったり数量が多かったりすると転売ビジネスと判断され、古物商許可が必要になる可能性があるのです。

無許可で転売ビジネスを行うと、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として重く処罰されます。

古物商許可が必要かどうかの判断は、一般人には難しく、間違えると取り返しがつかないことになる可能性があります。

安易に自分で判断せず、警察や専門家に相談するか、古物商許可を取得する方がよいでしょ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。