コンバースの転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古のコンバースの商品を転売するには古物商許可という資格が必要です。

無許可で転売すると、警察に逮捕される可能性があるので注意しましょう。

レアなコンバースのスニーカーって高く売れるから、転売すると結構儲かるんだよね~

中古品のコンバースを転売するんだったら古物商許可は必ず取得してね

中古のコンバースを転売するには古物商許可が必要です

コンバースの商品を転売する場合、「古物商許可」という資格が必要になることがあります。

それは、中古品のコンバースの商品を転売するときです。

無許可で行うと、古物営業法という法律に違反し、警察に逮捕される可能性があるので注意しましょう。

コンバースは、スニーカーをはじめとして、ウエアやアクセサリーなど様々なアイテムを販売しているブランドです。

中には、プレミアが付くものがたくさんあり、上手く転売すればかなり稼ぐことが可能です。

ただ、先ほどお伝えしたとおり、中古のコンバースのグッズを転売してお金を稼ぐには、古物商許可という資格が必要です。

必ず事前に取得してから転売するようにしましょう。

新品の場合は、必要ないのかな?

原則として必要ないわ。ただ、個人から仕入れて転売する場合は注意が必要よ

新品のコンバースを転売するとき古物商許可は必要ありません

古物商許可は「中古品」の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

そのため、新品のコンバースの商品を転売する場合は、古物商許可は必要ありません。

例えば、ABCマートで新品のコンバースのスニーカーを仕入れて、ネットで転売する場合、古物商許可は持っていなくても大丈夫です。

ただ、ショップではなく個人から仕入れる場合は、新品でも古物商許可が必要になるケースがあるので注意が必要です。

どういうこと~?

個人から新品のコンバースを仕入れる場合は要注意

先ほど、古物商許可は中古品の転売に必要なので、新品の商品を転売するときは必要ないと説明をしました。

ただ、個人から仕入れる場合は注意が必要です。

どういうことかといいますと、古物営業法という法律には、

新品の商品でも過去に取引されたことのある物は中古品(古物)として扱う

という内容の規定があるのです。

例えば、こぶ吉がコンバースの直営店で新品のスニーカーを購入し、それを新品のまま転売したとします。

これは、こぶ吉が過去に取引した物なので、中古品(古物)にあたります。

そのため、こぶ吉からこのスニーカーを仕入れて転売する場合は、古物商許可が必要なのです。

個人が販売している新品の商品のほとんどがこのケースに該当します。

そのため、個人からコンバースを仕入れる場合は、たとえそれが新品でも、古物商許可が必要になる可能性が高いのです。

新品のコンバースを仕入れる場合は、盗品の可能性があるかどうかが判断ポイントになるってことだね

ネットで取引する人は古物商許可を取った方が安全です

新品のコンバースを直営店やスニーカーショップから仕入れて転売する場合、古物商許可は必要ありません。

ですが、個人から仕入れる場合は、新品でも古物商許可が必要になることがあります。

そして、ネットを中心に取引をする人は注意が必要です。

なぜならネット上では、古物に該当しているかどうかの判断がとても難しいからです。

アカウントやサイト名がショップやストアなど、企業っぽい名前になっていても、運営しているのが個人の場合は、個人との取引と判断されます。

そのため、

新品の商品しか扱っていないから古物商許可がなくても大丈夫

と思っている人の中にも、実際は無許可営業になってしまっている人が少なくないのです。

だから、ネットを中心に取引をする人は、念のために古物商許可を取得しておくことをおすすめするわ

いらなくなったコンバースを転売するとき古物商許可は必要ありません

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

転売ビジネスとは、中古品を転売目的で仕入れる(買い取る)ことをいいます。

そのため、

  • 長年愛用したコンバースのスニーカーをネットに出品する
  • 知り合いからタダでもらったコンバースのバッグをリサイクルショップで売る

などの場合、古物商許可は必要ありません。

要するに、お金を稼ぐための転売でなければ古物商許可は必要ないってことね

でも、お金を稼ぐ目的だったかどうかって誰が判断するのかな?

それは、無許可営業を取り締まっている警察が、過去の取引記録などから判断するわ。

古物商許可を簡単に取る方法

中古のコンバースを転売するには、古物商許可が必要です。

無許可で転売すると警察に逮捕されることもあるので、必ず事前に取得しましょう。

古物商許可を取得するときは、行政書士に代行してもらう方法がおすすめです。

なぜなら、その方が簡単に古物商許可を取得できるからです。

古物商許可の申請を一般の方が自分でやると、たくさんの時間や手間が必要になります。

古物商許可の申請には、たくさんの書類を用意しなければならず、また、警察の書類チェックも厳しいからです。

また、申請後は警察による欠格要件などの審査があるのですが、自分で申請をすると審査で落とされ不許可になる可能性が高くなります。

不許可になった場合、申請手数料(19000円)は返金されません。

あらためて許可を取るには、もう一度手数料を支払わなくてはならないのです。

行政書士に依頼をすれば、専門家が最短で確実に古物商許可を取得してくれます。

効率的に古物商許可を取得したいという方は、行政書士の代行を検討するべきです。

コンバースを転売するときの注意点

コンバースを転売するときの、注意すべきポイントをいくつかご紹介します。

コンバースの偽物に注意しましょう

コンバースのような人気ブランドの場合、必ずといっていいほど偽物が作られます。

特に、コンバースの昔のスニーカーはプレミアが付いて高額で取引されるため、精巧な偽物がたくさん出回っているようです。

気付かず転売してしまうと、クレームなどトラブルにつながりかねません。

普段から最新の情報を手に入れるようにして、偽物を掴まされないように注意しましょう。

海外のコンバースのスニーカーを輸入するのは危険です

海外のコンバースのスニーカーを輸入して国内で転売するのは、リスクが高いのでおすすめしません。

海外のコンバースと日本のコンバースでは、商標権者が異なります。

商標権とは、ざっくりいうと商品のブランドを独占できる権利のことです。

そのため、海外のコンバースを輸入して国内で転売することは、コンバースジャパンの持っている商標権を侵害することになります。

輸入しようと思っても税関で没収されてしまったり、場合によってはコンバースジャパンから損害賠償を請求される可能性もあります。

このように、海外のコンバースのスニーカーなどを輸入して転売するのはリスクが高いのでやめましょう。

コンバースの転売に古物商許可は必要? まとめ

中古のコンバースを転売するときは、古物商許可が必要です。

無許可で転売をすると、古物営業法違反で警察に逮捕される可能性があります。

古物商許可を取る場合、自分で申請をすると手間や時間がかかるので、専門家に任せる方が効率的です。

専門家とは行政書士のことで、依頼をすれば書類の準備から許可が下りるまでしっかりとサポートしてくれます。

気になる方は、一度相談してみるとよいでしょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。