処分手数料をもらって引き取った物を売るには古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

処分手数料をもらって引き取った物を売るとしたら、古物商許可が要るのかなぁ?

そういう場合は要らないんじゃよ。

処分手数料をもらって引き取った物を売る場合、古物商許可は要りません

ただ、物によっては、引き取るとき、廃棄物収集運搬業許可という許可が必要になります。

なぜ、処分手数料をもらって引き取った物を売るのに、古物商許可は要らないのか?

詳しく解説しましょう。

処分手数料をもらって引き取った物を売るとき、古物商許可は要らない

古物商許可は、中古品を仕入れて転売するために必要な許可です。

リサイクルショップなど、古物商と呼ばれる、中古品を売買をするビジネスを始めるときに、必要な許可として知られています。

古物商は、中古品を仕入れるとき、取引相手にお金を払って物を買い取ります。

逆に、取引相手からお金をもらって、物を引き取ったとしましょう。

実は、そのようにして引き取った物を売る場合、古物商許可は要らないのです。

なんで~。

こんなルールがあるんじゃよ。

古物商許可が必要になるとき

転売する目的で物を引き取るときに、お金を払うなどして、取引相手に対価が生じる場合は、原則として古物商許可が必要になります。

逆に、物を引き取るときに、取引相手から手数料をもらったり、タダで引き取るなどして、取引相手に対価が生じない場合は、引き取った物を売るときに古物商許可は要りません

取引相手にとって経済的な対価があるか、ないかで、古物商許可が必要かどうかが決まるというわけです。

よって、処分手数料をもらって引き取った物を売るのに、古物商許可は要りません

有料で買い取れば古物商許可が必要、無料で引き取れば古物商許可は不要と覚えておこう

へぇ~。そんなルールがあるんだね。

古物商許可が要らない理由は、盗品が混じる可能性が低いから

なんで取引相手にとって対価がないと、古物商許可が要らないんだろう?

古物商許可の目的を知れば分かるはずじゃ。

古物商許可の制度が作られた目的は、盗品が出回るのを防いだり、出回ってしまっても早く見つけ出せるようにするためです。

泥棒が物を盗んだら、換金するためにリサイクルショップなどに売りに来ることが予想されます。

なので、警察と古物商は協力体制をとっています。

警察は、盗品の情報を古物商に知らせたり、古物商は、知らされた盗品が入ってきたら警察に連絡したりしています。

そんな関係性があったのか~。

処分手数料をもらって物を引き取る業者のもとに、泥棒が盗品を持って来るとは考えにくいです。

手数料を払って盗品を処分しても、泥棒は何も得しないからです。

処分手数料を払って引き取った物や、タダで引き取った物を売るのに、古物商許可が要らない理由は、盗品が混じる可能性が低いからです。
 
 

価値のある物を買い取るときは古物商許可、価値のない物を引き取るときは廃棄物収集運搬業許可

古物商許可を取っていても、ゴミやガラクタを買い取ることはできません

古物商許可で扱うことができる物は、中古品として販売できる価値のある物と決められています。

そうなんだ~。

一般家庭を回って、ゴミやガラクタを回収する、不用品回収業と呼ばれるビジネスがあります。

不要品回収業は、古物商と違って、取引相手から手数料をもらって物を引き取るビジネスです。

手数料を取って物を引き取るの!?そんなの誰が頼むんだよ。

不用品回収業は、このようなときに役立つビジネスです。

  • 大きな家具を捨てたいけど運び出せないとき
  • 引っ越しを機に物をゴッソリ処分したいとき
  • 亡くなった家族の遺品を処分したいとき
  • ゴミ屋敷を片づけたいとき

なるほど~。こういうときなら、お金を払って頼んでもいいかも。

ゴミやガラクタなんて、引き取っても処分するしかありません。

そのように価値のない物は、誰が扱っても良さそうなものですが、実は、ゴミやガラクタを回収するには、許可が必要です。

ゴミやガラクタを回収するには、廃棄物収集運搬業許可という許可が必要になることがあります。

へぇ~そうなんだ!

販売できる価値のある物を買い取る取引には、古物商許可が必要。
価値のないゴミやガラクタを引き取るには、廃棄物収集運搬業許可が必要な可能性がある。

と、覚えておくんじゃ。

許可の申請は行政書士に頼むのがオススメ

古物商許可の申請には、難しい書類がたくさん必要になるので、自分で申請しようと思うと大変です。

古物商許可を取るときは、行政書士に頼むのがオススメじゃ。

行政書士は、古物商許可を取りたいけど取り方が分からなかったり、忙しくて申請する暇がなく困っている人のために、代わりに許可を取る専門家です。

行政書士に任せれば、すべての作業を代わってくれるので、こちらは何もしなくても古物商許可を取ることができます

行政書士って、廃棄物収集運搬業許可も取ってくれるの?

廃棄物収集運搬業許可は、古物商許可よりも用意する書類が多いですし、申請の前に講習を受けないといけないので、さらにハードルの高い許可です。

廃棄物収集運搬業許可を取ることはとても難しいので、古物商許可の取得を請け負っている行政書士でも、廃棄物収集運搬業許可の取得を請け負ってくれるとは限りません。

廃棄物収集運搬業許可の取得を行政書士に頼むときは、それを専門としている行政書士に頼みましょう。

さすがに、廃棄物収集運搬業許可の講習は、自分で受けなきゃいかんぞ。

そりゃそうだ。

処分手数料をもらって引き取った物を売るには古物商許可が必要? まとめ

処分手数料をもらって引き取った物を売るとき、古物商許可は要りません

引き取った物を売るときに古物商許可が必要になるのは、物を引き取るとき取引相手に対価が生じる場合です。
 
ゴミやガラクタを回収するには、廃棄物収集運搬業許可が必要です。

古物商許可や、廃棄物収集運搬業許可の申請は、行政書士に頼むと簡単にできて便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。