デュエマの転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

デュエルマスターズカードの転売には、古物商許可が必要となるケースがあります。

それは、中古のデュエマを転売する場合です。

デュエマをはじめ、トレカは初心者でも儲けやすく、人気の転売ジャンルの1つです。

今回は、デュエマの転売について詳しく説明をしたいと思います。

デュエマを転売するには古物商許可が必要になることも

デュエマを転売するには古物商許可が必要になるかもしれないので注意しましょう。

遊戯王やデュエルマスターズなどトレカの転売は、数ある転売ビジネスの中でも特に人気の高いジャンルの1つです。

それは、気軽に始められ、初心者でも簡単に儲けることができるからです。

ただ、デュエマの転売を始めるときは、1つ注意しなければならないことがあります。

それは、「古物商許可」という資格が必要かもしれないということです。

どういう場合に古物商許可が必要なの?

今回は、その辺りについて詳しく説明するわ

古物商許可は中古デュエマの転売ビジネスをするときに必要です

古物商許可は中古品のデュエマを転売するときに必要となります。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

この許可がないと、原則として中古品の転売ビジネスをすることはできません。

ですから、中古品のデュエマで転売ビジネスをするときは、古物商許可が必要になるのです。

例えば、次のような場合、古物商許可が必要です。

  • 中古のデュエマをメルカリで仕入れてトレカショップに転売する
  • 引退品のデュエマをまとめて仕入れてメルカリに出品する
  • 新品と中古のデュエマを仕入れてまとめてセットでヤフオクで転売する

これらは、すべて中古品の転売ビジネスにあたるため古物商許可が必要なのです。

ポイントは「中古品かどうか」ということと、「転売ビジネスにあたるかどうか」ということよ

不用品のデュエマを処分する場合は古物商許可は不要です

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

ですから、中古品のデュエマを転売する場合でも、それが「転売ビジネス」にあたらなければ古物商許可は必要ありません。

転売ビジネスとは、中古品を転売する目的で仕入れる(買い受ける)ことをいいます。

そのため、

  • 引越しをするとき自宅にあった大量のデュエマをメルカリに出品する
  • コレクターを卒業するため集めていたデュエマをメルカリに出品する

など、不用品のデュエマを処分する場合、古物商許可は必要ありません。

転売ビジネスにあたらないからです。

いらなくなったデュエマを売るのは、転売ビジネスとはいえないもんね

新品のデュエマを転売する場合は少し注意が必要です

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要な資格です。

そのため、新品のデュエマをショップで購入して転売する場合、原則として古物商許可は必要ありません。

デュエマや遊戯王など人気の高いトレカは、発売からしばらく経つとプレミアがつくケースがあります。

それを狙って、新品のデュエマをおもちゃ屋などで仕入れ、しばらく経ってから転売する人も多いのですが、その場合は古物商許可は不要なのです。

ただ、注意が必要なのは、個人から仕入れる場合です。

それは、新品・未使用品でも個人が一度仕入れた物は古物に含まれるからです。

そのため、個人からデュエマを転売目的で仕入れる場合は、それが新品・未使用品でも古物商許可が必要なのです。

新品未使用品でも、個人から仕入れる場合は古物商許可が必要で、お店・ショップから仕入れる場合は不要ってことだね

ネット上では、個人でも簡単にショップやストアのアカウントを取得することができます。

アカウントがショップやストアとなっていても、運営しているのが個人であればそれは法律上は、個人として扱われます。

そのため、個人が運営しているショップやストアのアカウントから新品・未使用品のデュエマを仕入れる場合も、古物商許可が必要なので注意しましょう。

ただ、実際にネット上でアカウントを運営しているのが企業か個人か判断するのは難しいケースがあります。

そのため、ネットでデュエマの取引を頻繁にするのであれば、安全のため古物商許可を取得しておくことをおすすめします

古物商許可の取得は専門家に依頼するのがベスト

古物商許可を取得する場合は、行政書士という専門家がいるので、代行を依頼するのがおすすめです。

古物商許可の申請手続きはとても複雑で面倒です。

申請には、たくさんの書類を準備しなければならず、しかも、1つでもミスがあると申請は受け付けてもらえません。

そのため、一般の方が自分で申請すると、なかなか許可が下りず、いつまでたっても転売を始められないということになりかねないのです。

ですが、行政書士に依頼をすればそんなことはありません。

書類作成のプロが、責任をもって申請をしてくれるので、楽して簡単に許可を取ることができるのです。

難しい手続きが苦手な方や、忙しくてあまり時間のない方は、行政書士に依頼することをおすすめします。

デュエマ転売で儲けるポイント

デュエマ転売は、初心者でも気軽に始められて、儲けやすいということで人気の高い転売ジャンルの1つです。

ただ、基本的なことを何も知らないと失敗するかもしれません。

そこで、いくつかデュエマ転売で儲けるポイントを紹介したいと思います。

仕入れるタイミングに注意

転売の基本は安く仕入れて高く売ることです。

デュエマ転売でも、たくさん儲けるには、安くて良いカードをたくさん仕入れることが重要です。

そのためには、仕入れのタイミングに注意をしましょう。

例えば、年末年始の大掃除の時期などは、デュエマがたくさん市場に出回ります。

そのため、この時期に仕入れをすれば、良いデュエマを安く仕入れることが可能です。

同じ理由から、1月~4月ごろまでの引越しシーズンも仕入れのタイミングといえます。

複数枚をセットで販売しましょう

デュエマを販売するときは、なるべく複数枚をセットで売るようにしましょう。

理由は簡単です。

利益率が上がるからです。

デュエマはサイズが小さいので、1枚売る場合も複数枚をセットで売る場合も送料はそれほど変わりません。

そのため、複数枚をセットで売った方が同じ送料でたくさん稼ぐことができるのです。

また、上手くセット販売すれば、売れ残ったカードを処分することも可能です。

特別なレアカード以外は、複数枚をセットで販売するようにしましょう。

情報収集が大事です

あまり価値のなかったカードが急に高額で取引されるようになることがあります。

きっかけは、新しいパックの発売や、大会のルール変更などさまざまです。

こうした価格の変動は、たくさん儲けるための大きなチャンスです。

普段から、最新の情報を手に入れ、ライバルよりも先に動けるようにしましょう。

デュエマの転売に古物商許可は必要? まとめ

中古品のデュエマを転売するためには、古物商許可が必要です。

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格だからです。

無許可で中古品のデュエマを転売すると、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として警察に逮捕される可能性があります。

もし、中古品のデュエマ転売でお金を稼ぎたいという方は、すぐに古物商許可を取得しましょう。

古物商許可の申請は、手続きが面倒なので、行政書士という専門家に依頼することをおすすめします。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。