ダッフィーの転売って違法じゃないの?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

ダッフィーグッズの転売は、違法ではありません。

ただし、中古のダッフィーグッズを仕入れて転売する場合、古物商許可がないと違法になります

ちまたで騒がれているような、メルカリなどでダッフィーグッズを大量に転売することは、必ずしも違法とは限りません

えっ!?転売ヤーって違法じゃないの!ムカつくな~!

迷惑な話じゃが、違法ではないから、これまた厄介じゃな。

ダッフィーグッズの転売の違法性について、詳しく解説しましょう。

ディズニーシーで買ったダッフィーグッズを高値で転売することは違法ではない

くまのぬいぐるみをモチーフにしたキャラクター、ダッフィーは、ディズニーの人気キャラクターです。

ダッフィーかわいいよねぇ~。僕にどことなく似てるとこもいいんだよなぁ~。

そうかのぉ…

ディズニーシーでは、限定のダッフィーグッズがいろいろと販売されています。

ダッフィーグッズを欲しがるファンは多く、新商品が発売されると、一人のファンが何十個、何百個と買っていくほどです。

このように大量に買われたダッフィーグッズが、メルカリなどで高値で転売されることが問題になっています

転売ヤーなんてファンじゃないよ!儲けたいだけなんだ!

問題の転売のように、ディズニーシーのショップでダッフィーグッズを大量に買って、それをメルカリなどで高値で転売することは、違法ではありません。

そんなのおかしいよ!

ファンにとっては迷惑な話じゃが、それ自体に違法性はないんじゃよ。

ダッフィーグッズを高値で大量に転売することは、やり方によっては違法にもなります。

それは、古物商許可を取らずに、中古のダッフィーグッズを仕入れて転売するときです。

この、違法性のあるダッフィーグッズの転売について、次の章で詳しく解説しましょう。

中古のダッフィーグッズを仕入れて転売することは、古物商許可がないと違法

中古のダッフィーグッズを仕入れて、転売することは、古物商許可という許可を取っていないと違法になります。

古物商許可?何だそれは?

分かりやすく、順を追って解説しよう。

古物商許可とは中古品を転売目的で仕入れるための許可

古物商許可とは、警察が管理している許認可の一つで、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

リサイクルショップや、中古車屋など、中古品を買い取って販売するお店を営業するには、古物商許可を取らないといけないと、法律で決められています。

ふーん。それと転売ヤーって関係あるの?

ありありじゃ。

古物商許可を必要とするビジネスは、リサイクルショップや中古車屋だけではありません。

店舗を持たずに、自宅などでインターネットを使って中古品を売り買いする、いわゆる、転売ヤーや、せどらーと呼ばれるような人たちにも必要な許可です。

転売ヤーでも、中古品を転売目的で仕入れるのなら、古物商許可を取らないといけないのです。

そうなのか!転売ヤーなんて、どうせ古物商許可なんか取ってないよ!やっぱり違法だ!

いや、ダッフィーの転売ヤーのほとんどが、違法ではないじゃろう。

え~なんで~。

新品のダッフィーグッズを転売目的で仕入れるのなら古物商許可は不要

中古品を転売目的で仕入れるのなら、古物商許可を取らないといけないと、先述しました。

なので、中古品ではなく、新品を転売目的で仕入れるのなら、古物商許可は不要ということになります。

ダッフィーグッズの転売ヤーは、主に、ディズニーシーのショップでダッフィーグッズを仕入れているので、新品を仕入れていることになります。

そのような転売ヤーは、古物商許可を取る必要がないのです。

そんな~。なんとか転売ヤーを違法にできないのかよ。

例えば、誰かがメルカリに出品したダッフィーグッズを、転売目的で落札する(仕入れる)ような場合は、古物商許可が必要になります。

古物商許可を取らずに中古品を転売目的で仕入れることは違法

古物商許可を取らずに、中古品を転売目的で仕入れることは、違法です。

3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

ダッフィーの転売ヤーも懲役や、罰金をくらえばいいのに!

ダッフィーファンには気の毒じゃが、違法ではない者を取り締まるのは難しい。

中古品を転売目的で仕入れるだけでも違法

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可だと、先述しました。

よく誤解されるのですが、古物商許可は、中古品を転売するときに必要になる許可ではありません。

転売する中古品を仕入れるときに必要になる許可です。

なので、転売するつもりで中古品を仕入れるだけでも、古物商許可がない場合、違法になります。

たとえ、仕入れた中古品を転売しなかったとしても、古物商許可がない場合、逮捕される可能性があります。

新品が古物商許可の対象外である理由

なんで古物商許可の対象は中古品だけなの?新品の転売も取り締まればいいのに!

古物商許可は、盗品が市場に出回るのを防いだり、もし出回っても、すぐに見つけだせるようにするために、作られた許可です。

中古品の市場には、盗品がまぎれこむ可能性があります。

泥棒は、中古品を売り買いするお店に、盗品を換金しに来る可能性があるからです。

一方、新品の市場には、盗品がまぎれこむことは考えにくいです。

そのため、新品は、古物商許可の対象外なのです。

分かってもらえたかのぉ。

理屈は分かったよ…でも、どうにか転売ヤーをこらしめたい…

『一般的な新品』と『法律上の新品』の違い

新品のダッフィーグッズを転売目的で仕入れることは、古物商許可を取っていなくても、違法ではありません。

くそー、ダッフィーの転売ヤーめ…見過ごすしかないのか…

いや、気づかない内に違法な転売をしている転売ヤーも、いるかもしれんぞ。

古物商許可を取り締まる、古物営業法という法律には、次のような定義があります。

未使用、未開封でも、一度でも取引されているものは中古品とみなす。

この定義をよく理解せずに、新品のダッフィーグッズの転売を行うと、気がつかずに違法な取引をするおそれがあります。

なになに?どういうこと?

例1
ディズニーシーのショップで、ダッフィーグッズを転売目的で買って(仕入れて)、それを、未開封のままメルカリで転売する。

例1は、新品のダッフィーグッズを仕入れているので、古物商許可を取っていなくても、違法ではありません

ダッフィーグッズの転売ヤーの多くは、ディズニーシーのショップでダッフィーグッズを仕入れているでしょう。

このような転売ヤーは、違法ではありません。

くそ~!転売ヤーめ!

例2
誰かが、メルカリに未開封のまま出品したダッフィーグッズを、転売目的で買って(仕入れて)、それを、未開封のまま転売する。

例2で仕入れているダッフィーグッズは、誰かがディズニーシーのショップで買った(取引した)ものです。

古物営業法では、未使用、未開封でも、一度でも取引されているものは中古品とみなすので、例2で仕入れたダッフィーグッズは、中古品とみなされます。

中古品を転売目的で仕入れることは、古物商許可がないと、違法になります。

例2のようなかたちで、ダッフィーグッズを転売している転売ヤーは、古物商許可を取っていなければ違法です。

一般的には、例1で仕入れているダッフィーグッズも、例2で仕入れているダッフィーグッズも、どちらも新品として捉えるでしょうが、法律では異なるのです。

おぉ!こういう転売ヤーなら、取り締まれるかもしれないんんだね!

倫理的に良くない転売はやめるべき

ダッフィーグッズを大量に仕入れて、高値で転売することは、違法ではないケースが多いですが、決して褒められたことではありません。

そうだ!そうだ!

  • 純粋にダッフィーグッズを欲しいだけなのに、転売ヤーに買い占められて買えない。
  • 買えなかったダッフィーグッズをどうしても欲しくて、転売ヤーに高いお金を払って買う。
  • 転売ヤーが大量に買うことで、ショップのレジの精算がなかなか終わらず、列が進まない。

こういった迷惑なことが、いろいろと起こるので、こぶ吉のように怒りが沸くのも無理はありません。

ダッフィーグッズの大量転売のように、倫理的に良くない転売はやめましょう。

古物商許可を取りたかったら行政書士が便利

物を転売することは、ダッフィーグッズの大量転売のように、世間から嫌われるようなものばかりではありません。

リサイクルショップや、中古車屋など、ビジネスとして確立していて、世間からも喜ばれているものもあります。

そういうビジネスなら、僕もやってみたいかなぁ~。

もし、やるのなら、古物商許可をきちんと取るんじゃ。

古物商許可を取るときは、行政書士のサポートを受けると、簡単に許可が取れて便利です。

古物商許可の申請は、慣れない人にとっては複雑な手続きです。

それを行政書士に頼むと、書類の作成など、面倒で難しい作業を代わりにやってくれます。

行政書士にまかせるだけで古物商許可が取れるので、これから古物商許可を取りたい人にオススメの方法です。

ダッフィーの転売って違法じゃないの? まとめ

ディズニーシーのショップで、ダッフィーグッズを大量に仕入れて、高値で転売することは、違法ではありません

ただし、中古のダッフィーグッズを仕入れて転売することは、古物商許可を取らないと、違法になります。

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

古物商許可を取らずに、中古のダッフィーグッズを転売目的で仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

未開封のダッフィーグッズであっても、取引されたものであれば、中古品とみなされます。

倫理的に良くない転売はやめましょう。

古物商許可を取るなら、行政書士に頼むと便利です。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。