【せどりでお小遣い稼ぎ】必要な資格は?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

せどりでお小遣い稼ぎをするのに必要な資格は「古物商許可」です。

古物商許可を取らずにせどりでお小遣い稼ぎをすると、警察に逮捕されることもあるので注意しましょう。

ちょうど僕もせどりを始めようと思ってたんだ

だったら、古物商許可についてはしっかりと学んでおいて損はないわ。

今回は、せどりと古物商許可の関係について詳しく説明をしたいと思います。

せどりでお小遣い稼ぎをするには古物商許可が必要です

せどりは、スマホさえあれば誰でも気軽に始められるビジネスの1つです。

皆さんの中にも、せどりに興味のある方がいると思います。

ただ、せどりでお小遣い稼ぎをするためには、ある資格が必要なことをご存知でしょうか?

それは、「古物商許可」です。

古物商許可がないまま、せどりでお小遣い稼ぎをすると、場合によっては警察に逮捕されてしまうこともあるので注意しましょう。

せどりをするには、常に古物商許可が必要なのかな?

いいえ。古物商許可は古物(中古品)のせどりをするときに必要となる資格なの

古物商許可は古物(中古品)の転売に必要です

せどりでお小遣いを稼ぐには、古物商許可という資格が必要になることがあります。

それは、古物(中古品)のせどりをするときです。

古物商許可は、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格だからです。

そのため、新品の商品をお店やメーカーなどで購入して転売する「新品せどり」をするときは、原則として古物商許可は必要ありません。

ただ、未使用品や未開封品などは古物(中古品)に当たる場合があるから注意が必要よ

え?どういうこと?

未使用品や未開封品のせどりでも古物商許可が必要になることがあります

先ほど、古物商許可が必要になるのは、古物(中古品)のせどりをするときだと説明をしました。

そのため、新品の商品でせどりをするときは、古物商許可は原則として必要ありません。

ただ、場合によっては未使用品や未開封品なども、古物(中古品)として扱われることがあるので注意が必要です。

その場合、その未使用品や未開封品を仕入れてせどりをするには、古物商許可が必要になります。

未使用品や未開封品でも中古品として扱われるって一体どういうことなの?

古物営業法という法律には、「未使用品や未開封品でも過去に取引されたことのある物は中古品として扱う」という内容の規定があります。

そのため、未使用品や未開封品を仕入れてせどりをする場合でも、それが既に取引されたことのある物であれば、古物商許可が必要になります。

個人が出品している未使用品や未開封品のほとんどがこのケースに該当します。

そのため、個人から商品を仕入れる場合は、たとえ商品説明が「新品」や「未使用品」などとなっていても、古物商許可が必要になるので気をつけましょう。

ネットだと取引相手が個人か企業か見極めるのがとても難しいわ。だから、ネットを中心にせどりをする人には、念のため古物商許可を取得しておくことをおすすめするわ

個人でせどりをしてお小遣い稼ぎする場合も古物商許可は必要です

古物商許可についてネットの掲示板などを見ていると、

個人で取引する場合は古物商許可はいらない

といった書き込みを目にすることがあります。

ですが、これは誤った情報です。

先ほどから説明しているとおり、古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

せどりをする本人が個人か法人かなどは関係がありません。

その他にも古物商許可について、

ネット取引しかしない場合は古物商許可は必要ない

取引金額が少ない場合は古物商許可はいらない

数回しか取引しないんだったら古物商許可は取らないくてもいい

といった情報が拡散されています。

ですが、これらもすべて誤った情報です。

古物商協許可が必要になるのは、中古品を転売目的で仕入れる場合であり、取引金額やネットかどうかなどは関係がないのです。

間違った情報を信用してせどりをすると、古物営業法違反で警察に逮捕されてしまうので注意しましょう。

古物商許可についてネットで調べるときは、ここのサイトのように専門家が内容をチェックしているサイトに限るべきね

無許可でせどりをするとどうなるの?

中古品のせどりをする場合は、古物商許可という資格が必要です。

この許可なく、中古品のせどりをすることを無許可営業といいます。

無許可営業をすると古物営業法違反として、警察に逮捕されて処罰されます。

その場合は、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という、かなり重い罰則が科せられます。

また、「5年間は中古品の転売ビジネスができなくなる」というペナルティも併せて受けることになります。

このように、無許可営業のリスクはとても大きいので、せどりをするときは必ず古物商許可を取得しましょう。

でも、警察にバレないように注意してれば無許可でも大丈夫なんじゃない?

いくら注意しても、警察にバレる可能性があるの

古物商許可が警察にバレるケースとしては、

  • 転売した商品の中に盗品が混ざっていたため、窃盗事件の捜査がきっかけでバレた
  • 取引相手とトラブルになり、相手が腹いせに警察に通報してバレた
  • ネットでせどりをしていたら無関係の第三者が通報してバレた

などがあります。

これらのケースでは、警察にバレた原因が自分にあるわけではないので、普段からバレないよう注意していてもあまり意味がありません。

ですから、せどりを始めるのであれば、必ず事前に古物商許可を取得するようにしましょう。

古物商許可は専門家に任せると楽に取得できます

古物商許可の申請には、たくさんの書類を用意して提出しなければなりません。

また、警察署ではそれらの書類を厳しくチェックされ、1か所でも不備があるとやり直しを指示されます。

そのため、一般の方が自分で申請をする場合は、かなりハードルが高いと感じるかもしれません。

ですが、古物商許可には楽して簡単に取得する方法があります。

それは、行政書士の代行サービスを使用する方法です。

行政書士は書類作成のプロなので、代わりに申請してもらえば、ミスなく最短で古物商許可を取得することができるのです。

もし、気になる方は一度相談をしてみるとよいでしょう。

【せどりでお小遣い稼ぎ】必要な資格は? まとめ

せどりでお小遣い稼ぎをするのに必要な資格は「古物商許可」です。

古物商許可とは中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

そのため、中古品のせどりをするには、古物商許可が必要になります。

ここでいう中古品には、未使用品や未開封品などが含まれる場合があるので注意しましょう。

古物商許可を取らないまま、せどりでお小遣い稼ぎをすると、無許可営業として警察に逮捕される可能性があります。

その場合は、「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」という重い罰則が科せられます。

古物商許可の取得については、行政書士という書類作成の専門家が代行サービスをやっています。

普段忙しくて自分で申請が出来ない方や、難しい手続きが嫌いという方は依頼するとよいでしょう。

専門家が申請に必要な書類の準備から、せどり開始までしっかりとサポートしてくれるので、安心してせどりを始めることができておすすめです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。