ポイントせどりには古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

ポイントせどりをするには原則として古物商許可が必要です。

古物商許可が必要なのに、許可を取らないでポイントせどりをすると、古物営業法違反となり、警察に逮捕されてしまうので注意が必要です。

ポイントせどりには、古物商許可が必要なケースとそうでないケースがあるから、しっかり区別できるようになることが重要なんじゃ

どうやって区別すればいいのか教えて~

任せるんじゃ。今回は具体例をあげながら分かりやすくしっかり説明するぞ

ポイントせどりには古物商許可が必要です

ポイントせどりをする場合、原則として古物商許可が必要です。

古物商許可とは、中古品(古物)の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

そのため、ポイントせどりでも、古物を扱う場合は古物商許可が必要なのです。

ポイントせどりとは、商品を仕入れる際に付与されるポイントを利益に含めるせどり方法の1つです。

ポイントせどりは、他のせどりと比べてリスクが少なく、転売未経験者でも利益を出しやすいことから、最近人気を集めています。

皆さんの中にも、ポイントせどりに興味のある方がいるのではないでしょうか?

ただ、ポイントせどりを始めるには1つ注意しなければならないことがあります。

それは、先にお伝えしたとおり、ポイントせどりには原則として古物商許可という許可が必要ということです。

この許可がないままポイントせどりをすると、古物営業法違反として警察に逮捕される可能性があるので、必ず許可を取得するようにしましょう。

「原則として」って書いてあるけど、絶対に必要ってわけじゃないってこと?

良く気付いたな、こぶ吉。ポイントせどりには古物商許可が必要なケースとそうでないケースがあるんじゃ

それをどうやって判断すればいいのか教えて~

ふむ。よかろう。重要なポイントは「扱う商品が古物かどうか」ということなんじゃ

古物商許可は「古物」の転売ビジネスに必要な資格です

古物商許可とは中古品(古物)の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

そのため、ポイントせどりに古物商許可が必要かどうかを判断するには、扱う商品が「古物」にあたるかどうかが重要なのです。

例えば、ブックオフなどで、ポイントを使って古本や中古のゲーム機などを仕入れ、転売して利益を出す場合は、古物商許可が必要です。

古本や中古のゲーム機などは古物に含まれるからです。

逆に、新品の商品をお店で仕入れて転売する場合、古物商許可は必要ありません。

例えば、ビックカメラでポイントを利用して家電を購入し、Amazonで転売して利益を出すケースでは、古物商許可は必要ありません。

な~んだ。新品か中古品かで区別すればいいんだね。それだったら簡単だよ

ちょっと待つんじゃ、こぶ吉!古物営業法の「古物」というのは、一般の中古品とは少し意味が違うから要注意なんじゃ

新品・未使用品でも古物と判断されることがあります

古物商許可は中古品(古物)の転売ビジネスに必要となる資格です。

そのため、ポイントせどりで扱う商品が古物に含まれない場合、古物商許可は必要ありません。

ここで注意が必要なのは、新品・未使用品であっても古物に含まれることがあるということです。

どういうこと?古物って中古品のことじゃないの?なんで新品・未使用品が古物に含まれるの?

落ち着くんじゃ、こぶ吉。古物と中古品は少し意味が違うんじゃ

古物営業法では、新品・未使用品でも使用のために取引された物は古物に含まれると規定されています。

そのため、新品・未使用品を仕入れて転売する場合でも、古物商許可が必要になるケースがあるのです。

う~ん、「使用のために取引された物」の意味がよくわかんない・・・

例えば、こぶ吉が自分で使用するために新品の家電を購入したけど、何か事情があって使用しないまま保管していたとします。

この家電は新品ですが、こぶ吉の「使用のために取引された物」なので、古物に含まれます。

そのため、この家電をこぶ吉から仕入れて転売する場合、古物商許可が必要になるのです。

個人から新品の商品を仕入れる場合、使用のために取引された物である可能性が高いため、注意が必要なんじゃ

インターネットを使ってせどりをする場合は要注意

古物商許可は中古品(古物)の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

そして、新品・未使用品でも「使用のために取引された物」であれば、古物に含まれます。

特に個人から新品の商品を仕入れて転売する場合、「使用のために取引された物」である可能性が高く、古物商許可が必要になるケースが多いので注意が必要です。

じゃあ、お店から新品の商品を仕入れる場合は、古物商許可はいらないってことだね

たしかにその通りなんじゃが、インターネットを使って仕入れをする場合は要注意じゃ

どうして~?

インターネット上では、個人でも簡単にショップやストアを名乗ることが可能です。

例えば、ヤフオクでは、誰でもストアとして商品を出品することができます。

ネット上のアカウントがストアやショップであっても、運営しているのが個人であれば、法律上は個人として扱われます。

そのため、個人が運営しているショップのアカウントから新品の商品を仕入れる場合も、古物商許可が必要なのです。

ネットで商品を仕入れをする場合は、相手が企業なのか個人なのかチェックすることが必要なんじゃ

でも、取引をする度にチェックするのは面倒だし、企業か個人か判断ができないこともありそう・・・

だから、ネットで取引を頻繁に行う人は、安全のために、古物商許可を取得しておくことがベストなんじゃ

古物商許可の取得は行政書士に任せよう

古物商許可の取得は行政書士の代行サービスの利用がおすすめです。

なぜなら、簡単に古物商許可を取得できるからです。

古物商許可の申請には、たくさんの書類を準備しなければならず、また、手続きも複雑でわかりにくいものになっています。

そのため、慣れていない方が自分で申請をすると、なかなか手続きが先に進まず、いつまでたっても許可が下りないというケースがあります。

行政書士に代行を依頼すれば、面倒な手続きはすべて代わりにやってくれるので、スムーズに古物商許可を取得することが可能です。

また、行政書士によっては、ビジネス開始までのサポートまでしてくれるケースもあります。

これから、転売ビジネスを始めようという方にとってはとても心強いパートナーになってくれるでしょう。

ポイントせどりには古物商許可が必要? まとめ

ポイントせどりをするには、原則として古物商許可が必要です。

古物商許可は中古品(古物)の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

個人から商品を仕入れる場合、新品・未使用品であっても古物商許可が必要になることがあるので注意が必要です。

無許可でポイントせどりをすると、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕・処罰されます。

古物商許可の取得については、行政書士という専門家がいます。

行政書士に代行を頼めばとてもスムーズに許可が取れるのでとてもおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。