eBay販売サポートで古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

「eBay販売サポート」を利用するとき、中古品を販売するなら古物商許可が必要になります。

中古品を販売しないなら、古物商許可がなくても、eBay販売サポートを利用できます。

eBayを使えば、僕でも世界で商売ができるんだって。でも、古物商許可が必要らしくてさ。

絶対に必要ではないわよ。中古品を販売するんだったら必要になるわね。

そのことについて、詳しく解説しましょう。

中古品を販売するなら古物商許可が必要

「eBay販売サポート」に登録するとき、古物商許可は必須ではありません。

ただし、中古品を販売する場合は、古物商許可が必要になります。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスを行うために必要な許可です。

eBayでは、無許可で中古品の転売ビジネスをしている人を登録させないために、古物商許可の確認を行っています。

そうなんだ~。中古品は安く手に入るからね、扱ってみたいと思ってたんだ。

それなら、やっぱり古物商許可を取らなきゃね。

古物商許可は登録の前に取っておく

eBayで中古品を販売したい人や法人が、「eBay販売サポート」に登録する場合、登録の前に古物商許可を取っておく必要があります。

eBay販売サポートの登録手続きの中で、証明書類の提出を求められます。

そのとき、中古品を販売する場合は、古物商許可証が必要になります。

古物商許可証とは、古物商許可を取るともらえる免許証のようなものです。

古物商許可を取らないと許可証は手に入らないので、eBay販売サポートに登録する前に、古物商許可を取っておく必要があるのです。

そっか~。まずは許可を取るとするか。

古物商許可はこうやって取るのよ。

古物商許可の取り方

古物商許可は、書類を警察署に提出して、審査に通るともらうことができます。

運転免許などとは違い、試験を受けたりすることはありません。

なんだ簡単そうじゃん。

古物商許可を取る手続き自体はシンプルなのですが、書類を用意する作業は意外と難しいです。

まず、申請する人によって必要な書類が異なるので、自分に必要な書類をリストアップするだけでも大変です。

また、記入方法が分かりにくい書類も多いです。

そして、役所に取りに行く書類もあるので、スケジュール調整なども必要ですし、手間もかかります。

書類を用意する作業だけでも、何日かかかることになるでしょう。

そうなんだ…

書類集めは複雑なので、ミスをしやすいです。

警察署に書類を提出するとき、担当の方が一通りチェックするのですが、足りない書類が見つかることも珍しくありません。

そうなると、申請はできず、また書類を用意して出直さないといけません。

面倒くさいな~。

面倒なことはプロにまかせればいいのよ。

行政書士に頼めば簡単

古物商許可を取るときに行政書士に頼むと、面倒な作業がなくなって便利です。

行政書士とは、許認可の申請書類を用意する専門家です。

行政書士に頼むと、古物商許可が取れるように対応してくれます。

依頼人ひとりひとりの状況に合わせて適切な対応をとることで、古物商許可の取得まで導いてくれます。

行政書士は古物商許可の申請に精通している専門家なので、安心して任せることができます。

古物商許可を申請したくても、何から手をつけていいのか分からないなら、行政書士に頼むのがオススメです。

いいね~!早速お願いしてこよ~う。

eBay販売サポートの登録には、古物商許可の他にもこんなものが必要よ。

eBay販売サポートの登録に必要なもの

eBayで中古品を販売したいなら、「eBay販売サポート」の登録に古物商許可が必要です。

eBay販売サポートの登録には、他にも次のようなものが必要になります。

eBayのセラーアカウント

eBayで販売を行うには、セラーアカウントが必要です。

eBayのアカウントには、「バイ(購入)アカウント」と「セラー(販売)アカウント」があります。

eBayで販売を行ったことがなくても、買い物はしたことがあるという人もいるでしょう。

そのような人のアカウントは、バイアカウントになっているはずです。

セラーアカウントがないと販売はできないので、セラーアカウントを取得しましょう。

バイアカウントを持っていれば、その情報をそのままセラーアカウントに引き継ぐことができます。

アカウントを何も持っていなくても、はじめからセラーアカウントを作ることもできます。

登録画面は英語だから、英語が苦手な人は慎重にね。

「eBay販売サポート」に登録すれば日本語でサポートを受けられますが、eBayのアカウント登録に関しては、英語で行うことになります。

英語が苦手な人は間違えないように気をつけましょう。

と言っても、それほど難しくはありません。

登録画面はシンプルで、「Email」「Password」といったように、ほぼ単語だけで表示されているので、難しい英文を読めなくても大丈夫です。

住所の入力は、順番に気をつけてね。

海外では、住所の表記の仕方が日本と異なります。

日本
東京都新宿区〇〇1-1-1

海外
1-1-1,〇〇,Shinjuku-ku,Tokyo

逆だ!

海外では、日本とは逆の順番で表記するのが一般的なので、間違えないようにしましょう。

PayPalのビジネスアカウント

eBayで販売を行うには、PayPal(ペイパル)のビジネスアカウントが必要です。

ペイ?パル?

PayPalとは、アメリカの企業が提供しているオンライン決済サービスで、世界中で利用されています。

あらかじめ、PayPalにクレジットカード情報を登録しておくことで、ECサイトなどで簡単に料金を支払うことができます。

普通、クレジットカードで買い物をすると、お店にカード情報を公開することになります。

ですが、PayPalの決済では、お店にカード情報が公開されることはないので、安心して使える決済サービスだと言われています。

また、PayPalを使っている人同士でお金を送ったり、受け取ったりすることもできます。

そんなのがあるのか~。知らなかったよ。

PayPalには、通常のアカウントの他に、「ビジネスアカウント」というアカウントがあります。

普段、PayPalを使っている人でも、ビジネスアカウントを持っていなければ、eBayで販売を行うことはできません。

eBayで販売をして得た売上金は、ビジネスアカウントのPayPalでしか、受け取れないようになっているからです。

ビジネスアカウントは無料で簡単に取得できるので、eBay販売サポートに登録する前に取得しておきましょう。

中古品の仕入れについて

転売のために中古品を仕入れることは、法律で規制されています。

古物商許可を取らずに、転売のために中古品を仕入れると法律違反です。

3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を科せられる可能性もあります。

なんと!そんなに厳しい罰則が!

eBayでの販売に限らず、中古品を仕入れて転売したいなら、必ず古物商許可を取りましょう。

「自分は新品しか扱わないよ」って人でも、仕入れには気をつけた方がいいわ。

新品の仕入れで注意すること

法律で規制されているのは、転売のために「中古品」を仕入れることなので、新品を仕入れることに許可は不要です。

例外として、お酒や医薬品など、特別な許可がないと仕入れられないものもあります。

ただ、「新品」のことを正しく理解していないと、新品を仕入れているつもりで、中古品を仕入れてしまう可能性があります。

どういうことだ?

「新品」って、法律ではこういう物なのよ。

「法律上の新品」は一般的な感覚とは異なる

一般的に新品とされる物でも、法律では中古品とみなされることもあるので、古物商許可を取っていない人(会社)が新品を仕入れたい場合は注意が必要です。

えっ!?そんなことがあるの!

例えば、買ったまま読んでいない本や、箱から一度も出していない電化製品などは、一般的な感覚では新品でしょう。

しかし、法律にはこのような定義があります。

「未使用、未開封であっても、一度でも取引されていれば中古品とみなす」

買ったまま読んでいない本でも、箱から一度も出していない電化製品でも、取引されていると、法律では中古品とみなされます。

取引されてるって、どういう状態だ?

例えば、ヤマダ電機で買われた電化製品が、箱から一度も出していない状態で、eBayに出品されているとしましょう。

この電化製品を転売目的で仕入れる(落札する)場合、古物商許可が必要になります。

電化製品は、eBayに出品される前に、ヤマダ電機と出品者によって取引されている(出品者がヤマダ電機から買っている)ので、法律上は中古品だからです。

転売のために中古品を仕入れることになるので、古物商許可が必要ということになります。

へぇ~!そうなんだ~。

ネットオークションに出品されている商品は、基本的に、出品者が取引したものなので、法律上は中古品です。

そのため、ネットオークションで法律上の新品を仕入れることは、基本的にできません。

法律上の新品を仕入れることができるのは、小売店やメーカー、卸売店から直接仕入れる場合だけです。

海外で売られている物は、新品、中古、関係なく仕入れられるわよ。

海外で売られている物

海外で売られている物は、中古品でも新品でも、転売のために仕入れることを古物営業法では規制されていません。

「転売のために中古品を仕入れるには古物商許可が必要」というルールは、日本の法律に基づくものです。

なので、海外での取引に関しては、このルールは及ばないのです。

そうなんだ!

海外に出かけて仕入れるときだけでなく、日本に居ながら、インターネットで海外から物を仕入れる場合でも同じです。

例えば、eBayで海外の出品者から、転売のために中古品を仕入れる(落札する)とき、古物商許可は不要です。

ただし、同じ取引でも、出品者が日本に住んでいるとなると、日本での取引として扱われるので、古物商許可が必要になります。

海外で売られている物でも、仕入れるのに古物商許可が必要になる例外もあるわ。

海外で売られている中古品を仕入れる場合でも、日本の輸入代行業者に頼むと、古物商許可が必要になります。

輸入代行業者を利用すると、海外から仕入れたことにならず、日本(の輸入代行業者)から仕入れた扱いになるからです。

eBay販売サポートで古物商許可が必要? まとめ

eBayで中古品を販売したいのなら、「eBay販売サポート」を登録するときに古物商許可が必要になります。

古物商許可を取るときに行政書士に頼むと、手間をかけずに書類を用意できるので便利です。

eBay販売サポートの登録には、eBayのセラーアカウント、PayPalのビジネスアカウントも必要です。

古物商許可は、転売のために中古品を仕入れるときに必要な許可です。

古物商許可を取らずに、転売のために中古品を仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を科せられる可能性があります。

転売のために新品を仕入れるときに許可は不要ですが、「一般的な新品」と「法律上の新品」は捉え方が異なるので、注意が必要です。

海外で売られている物は、中古品、新品に限らず、転売のために仕入れるときに許可は不要です。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。