工具のせどり・転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

工具の転売をするとき、中古の工具を仕入れて転売するのなら、古物商許可が必要です。

新品の工具を仕入れて転売するなら、古物商許可は不要です。

工具のせどりをやりたいんだけど、古物商許可は必要かな?

中古の工具を仕入れるなら必要ね。

工具の転売と、古物商許可の関係について、詳しく解説しましょう。

中古の工具を仕入れて転売するなら古物商許可が必要

工具の転売をするとき、中古の工具を仕入れて転売するのなら、古物商許可が必要です。

古物商許可について、詳しく解説しましょう。

無許可で中古品を転売するビジネスを行うと逮捕される

『中古品を転売するビジネスを行うには、古物商許可を取らないといけない』と、法律で決められています。

中古品を転売するビジネスとは、例えば、リサイクルショップや、中古車屋古本屋などです。

このようなお店を営業するときに、古物商許可を取っていなかったら、法律違反で逮捕される可能性もあります。

僕はネットで工具のせどりをやるつもりなんだけど、それだとどうなるの?

ネットでも関係ないわ。古物商許可は必要よ。

せどりも無許可だと逮捕される

個人が、インターネットを使って行う転売ビジネスのことを、せどりと呼んだりもします。

店舗を構えずに、インターネットのみで中古品のせどりを行う場合でも、古物商許可は必要です。

古物商許可が必要かどうかに、ビジネスの形態がどうであるかは関係ありません。

どんなビジネスであれ、中古品を仕入れて転売するのなら、古物商許可が必要です。

ネットで中古品を転売するときも古物商許可が必要なのか~。

そうね。実は、中古品を仕入れるだけでも古物商許可が必要なのよ。

古物商許可は転売する中古品を仕入れるための許可

古物商許可は、中古品を転売するための許可だと思われがちですが、そうではなく、転売する中古品を仕入れるための許可です。

仕入れのための許可なので、取引に古物商許可が必要かどうかは、物を仕入れるときに判断します。

なので、古物商許可を取っていない人が、転売するつもりで中古品を仕入れたら、その段階で法律違反となるのです。

えっ!?転売してなくても、仕入れるだけでアウト!

ちなみに、自分で使うためや、人にプレゼントするためなど、転売の仕入れ以外の目的で中古品を買うことは、古物商許可を取らずに行っても、法律違反ではありません。

ですが、転売するつもりで仕入れていたら法律違反になります。
古物商許可を取らずに、中古品を転売のために仕入れることは、絶対にやめましょう。

無許可のせどりで逮捕されたら、罰金とかもあるの?

罰金どころか、刑務所に入る可能性だってあるわよ。

無許可だと懲役や罰金も科せられる

古物商許可を取らずに、中古品を転売のために仕入れることは、法律違反です。

この違反には罰則があって、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を、科せられる可能性もあります。

うわぁ~。3年も刑務所に入るなんて…

まぁ、懲役刑は、よっぽど悪質な場合だけどね。

あっ、もしかして?新品の物だったら、古物商許可がなくても仕入れていいの?

そうね。新品なら許可はいらないわ。

新品を仕入れることは無許可でも法律違反ではない

古物商許可は、転売する”中古品”を仕入れるための許可なので、新品の物を転売のために仕入れることは、古物商許可がなくても法律違反ではありません。

そっか~。古物商許可を取るの面倒だから、新品の工具でも仕入れてみようかな。

だったら、新品の定義を知っておかないと。

古物商許可で言う新品は、一般的に考える新品とは解釈が異なるので、注意が必要です。

一般的な新品でも許可が必要な場合がある

法律での中古品の定義は一般的な中古品の解釈とは異なる

古物営業法という、古物商許可に関する法律で、中古品について、次のような定義があります。

『未使用、未開封の物でも、一度でも取引された物は、中古品とみなす』

普段、新品として扱っている物が、法律では中古品とみなされることがあるのよ。

次の2つの例を比べてみましょう。

【例1】
Aさんが、ホームセンターで、新品のインパクトドライバーを買って、それを未開封のまま、メルカリで転売する。

【例2】
Bさんが、メルカリで、Aさんが出品したインパクトドライバーを買って、それを未開封のまま、Amazonで転売する。

一般的には、どちらの例も、新品のインパクトドライバーを仕入れて転売していると解釈するでしょう。

しかし、古物営業法の解釈では、Aさんは新品のインパクトドライバーを、Bさんは中古のインパクトドライバーを仕入れて、転売したとみなされます。

Bさんが仕入れたインパクトドライバーは、Aさんがホームセンターから買った物、つまり、Aさんがホームセンターで取引した物だからです。

なので、Aさんの例は、古物商許可を取らずに行っていても法律違反ではありませんが、Bさんの例は、古物商許可を取らずに行うと法律違反となります。

ホームセンターって、メーカーから商品を仕入れて、それを売ってるんだよね?

そうね。

じゃぁ、Aさんが仕入れたインパクトドライバーも中古品じゃないの?取引された商品だよ。

取引された物でも、消費者の手に渡っていなかったら、新品とみなされるのよ。

消費者の手に渡ると中古品とみなされる

小売店は、メーカーや問屋から、商品を仕入れて販売しているので、小売店で売られている商品は、一度、取引された物ということになります。

ですが、小売店で売られている商品は、古物営業法で中古品とみなされるわけではなく、新品とみなされます。

なんで~?

小売店と、メーカーや問屋による取引では、商品が、消費者の手には渡っていないからです。

古物営業法にある、『未使用、未開封の物でも、一度でも取引された物は、中古品とみなす』という定義での、『取引された』とは、消費者の手に渡る取引のことを指します。

つまり、小売店からお客様(消費者)に買われた商品を、古物営業法では中古品とみなすのです。

そっか~。じゃぁ、ホームセンターで新品の工具でも仕入れてみよっかな~。

それなら、古物商許可がなくてもできるわね。

あっ、でも近所にホームセンターないじゃん。じゃぁ、ネットで仕入れるか。

ネットで新品の商品を仕入れるんだったら、注意することがあるの。

インターネットでは新品だと思った物が中古品ということがある

インターネットでは、一見、新品と思われる商品でも、古物営業法の解釈だと中古品とみなされる商品もあるので、注意が必要です。

まず、ネットオークションや、フリマアプリで、(古物営業法上の)新品を仕入れることは、基本的にできません

なんで~。

ネットオークションや、フリマアプリには、基本的に、出品者がどこかで買った物か、もらった物、つまり、取引された物しか出品されていないからです。

先述したように、一度、取引された物は、未開封で出品されていたとしても、古物営業法の解釈では、中古品とみなされます。

なので、ネットオークションや、フリマアプリで、(古物営業法上の)新品を仕入れることは、基本的にできません。

そうなのか~。Amazonだと、どうなの?

Amazonなどのオンラインモールには、個人が出品しているストアもあれば、小売店やメーカーが出品しているストアもあります。

個人が出品しているストアは、ネットオークションや、フリマアプリと同じで、基本的に、取引された物が出品されているので、(古物営業法上の)新品を仕入れることはできません。

小売店やメーカーが出品しているストアであれば、(古物営業法上の)新品を仕入れることができます。

個人のストアと、小売店のストアは、見分けがつきにくいから注意してね。

オンラインモールで新品を仕入れるときは個人と小売店の判断に注意する

オンラインモールでは、個人でも、屋号を名乗ってストアを開設できるので、ストア名を見ただけでは、個人のストアか、小売店のストアかの、見分けがつきにくいです。

新品を仕入れたいときに、ストア名だけで、小売店のストアだと判断して仕入れると、古物営業法で中古品とみなされる商品を仕入れてしまう可能性があるので、注意しましょう。

新品の物だけを仕入れれば、古物商許可を取っていなくても、せどりを行うことができます。

ですが、古物営業法での中古品の定義を知らないと、気づかない内に、中古品とみなされる物を仕入れてしまう可能性もあります。

そのようなことになれば、逮捕される可能性もあるので、せどりをやるなら、古物商許可を取っておくべきです。

大体、新品の転売は稼ぎにくいしね。せどりで稼ぐなら中古品を扱うべきよ。

そっか~。

中古の工具のせどりを行うなら古物商許可を取る

工具のせどりを行うなら、中古の工具を仕入れる方が、稼ぎやすいでしょう。

中古の工具を仕入れて、せどりを行うとなれば、古物商許可が必要です。

古物商許可って、どうやって取るの?

古物商許可は、申請書類をそろえて、それを警察署に提出して、審査に通ると、もらうことができます。

申請書類って、どんなの?

申請書、略歴書、誓約書、住民票、身分証明書…あと、そうね…

あー!もうそれくらいでいいよ。いっぱい必要ってことは分かったよ…

古物商許可の申請書類は、種類が多いですし、申請する人によって必要になる書類もあります。

自分でどんな書類が必要かを把握して、その書類を間違えずに記入することは、簡単ではありません。

古物商許可を取るのもいいなと思ってたけど、やっぱ、やめようかなぁ…

大丈夫よ。簡単に取る方法もあるから。

書類の準備は行政書士に頼むと簡単

古物商許可の申請書類の準備は、行政書士に頼むと簡単にできます。

行政書士は、許認可の申請書類の準備を、代わりにやってくれる専門家です。

行政書士に頼むと、どんな書類が必要かを、自分で調べる必要もないですし、書類を役所に取りに行ったり、申請書などを記入したりすることもありません。

こういった作業は、すべて、行政書士が代わりにやってくれます。

え~!便利~!

また、オプションを追加すれば、警察署に書類を提出する作業も、行政書士が代わりにやってくれるので、より簡単に、古物商許可を申請できます。

工具のせどりの豆知識

工具のせどりに関する豆知識を紹介しましょう。

ライバルが少ない

工具のせどりは、他のジャンルのせどりに比べて、やっている人が少ないので、参入しやすいジャンルです。

そうなんだ。僕はよく、中古の工具をネットオークションで買ったりするけどなぁ~。

へぇ~。私は、工具なんて触ったこともないかなぁ~。

工具は、仕事で使っている人や、DIYが趣味の人にとっては、身近な物ですが、それ以外の人は、触ったこともないという人も多いでしょう。

せどりを行うとき、扱う商品の知識があると、それが武器になります。

日常的に工具を使う人なら、自然に身についた工具の知識を、せどりに活かすことができるでしょう。

普段、工具を使わない人でも、思い切って工具のせどりに挑戦してみて、取り組みながら知識をつけていくのもいいでしょう。

在庫処分セールを狙う

ホームセンターでは、売れ残った商品を集めて、在庫処分セールを行うことが多いです。

ホームセンターで工具の仕入れを行うときは、在庫処分セールが行われていないか、チェックしておきましょう。

また、せどりで利益が出そうなセール品を見つけたら、他にも在庫がないか、店員さんに聞いてみるのもいいでしょう。

ん~、それはちょっと勇気がいるなぁ…

セール品は、必ずしも、すべての在庫が売り場に出ているとは限りません。

店の奥にも在庫があるかもしれないので、稼げそうな商品なら、思い切って、在庫状況を聞いてみるべきなのです。

在庫処分になるような商品を、いくつも買うと、不審に思われることもあるでしょう。

ですが、処分したかった商品を買い占めてくれることは、お店としてはありがたいことなので、買い占めを断られたりすることは、あまりないでしょう。

型番に注意する

工具には、見た目はそっくりでも、型番が違う別の商品という物が、多く存在します。

そうなの!?

規格がいろいろとあるからね~。

型番を、ろくに確認せずに転売してしまうと、買った人から「注文したものと違う!」と、クレームが入るかもしれません。

なので、転売する前に、型番をきちんと確認するようにしましょう。

また、インターネットで転売するときは、型番やサイズなど、商品の固有の情報をしっかり表示するようにしましょう。

工具のせどり・転売に古物商許可は必要? まとめ

中古の工具を仕入れてせどりを行うには、古物商許可が必要です。

古物商許可とは、転売する中古品を仕入れるための許可です。

古物商許可を取らずに、中古の工具を転売のために仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を、科せられる可能性があります。

古物商許可の申請書類の準備は、行政書士に頼むと簡単に行うことができます。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。