メルカリで出品するには古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

メルカリで出品する場合、それが単に不用品の処分などであれば古物商の許可は不要です

古物商の許可は、「古物」を「ビジネス目的」で取引する場合に必要となる資格だからです。

古物とは、USED品やリサイクル品など中古品のことをいいます。

自分や家族の不用品をメルカリで出品するような場合、ビジネス目的の古物取引とはいえません

そのため、古物商の許可は不要なのです。

ですが、中には判断が難しいケースもたくさんあります。

今回は、メルカリで出品する場合に古物商の許可が必要かどうか、具体例など挙げながら説明したいと思います。

メルカリの出品に古物商の許可が必要かどうかのポイント

メルカリで出品する場合に、古物商の許可が必要かどうかの重要なポイントは、「古物にあたるかどうか」「ビジネス目的といえるかどうか」です。

どのような場合のことをいうのか、詳しく説明します。

古物にあたるかどうか

古物とはリサイクル品や古着のような中古品のことをいいます。

新品で購入した物品をメルカリに出品する場合、「古物」にあたらず古物商の許可は不要です

例えば、

  • 新品で洋服を購入したけどサイズが合わなかったためメルカリに出品する
  • 新品で買ったトレーディングカードにプレミアがついたのでメルカリで出品する
  • 新品の家電を安く仕入れてメルカリに出品して利益を出している

などです。

これらメルカリの出品はすべて「古物」の出品ではないから、古物商の許可は不要なのです。

ビジネス目的といえるかどうか

古着などの古物をメルカリで出品する場合でも、それが「ビジネス目的」でなければ、古物商の許可は不要です。

ビジネス目的かどうかについては、転売目的の買受け(仕入れ)があったかどうかで判断されます。

例えば、

  • 自分や家族が長年使った不用品をメルカリで出品する
  • ゲームセンターで手に入れた景品をメルカリに出品する
  • 自分で作成した漫画をメルカリで出品する
  • 友人から無料でもらった自転車をメルカリで出品する

これらの場合には、転売目的の買受け(仕入れ)行為はありません

ですから、ビジネス目的ではなく、古物商の許可は不要です。

逆に、

  • ヤフオクで仕入れた古物をメルカリに出品
  • メルカリで古物を仕入れて利益を乗せてメルカリに出品するという行為を継続的に行っている
  • リサイクルショップで購入したジャンク品を修理してメルカリで出品

これらの場合は、すべて転売目的の買入れ行為があるので、ビジネス目的と判断されます

そのため、古物商の許可が必要となり、無許可で出品行為をすると古物営業法違反となります

古物商の許可が必要なケースかどうか、判断が難しいケースもたくさんあり、自分で勝手に古物商の許可はいらないと決めつけてしまうのは危険です。

よくわからないという方は、一度、専門家に相談するべきです。

メルカリなどネットを使った古物の出品でも古物商の許可は必要

古着やリサイクル品といった古物をビジネスとしてメルカリに出品する場合、古物商の許可が必要です。

古物商というとリサイクルショップや質屋など実際の店舗をイメージする方が多いかと思います。

そのため「メルカリやヤフオクみたいにネットを使って古物を出品する場合、古物商の許可はいらない」という勘違いをしている方が結構いるようですが、完全に間違いです。

古物商の許可が必要かどうかということと、ネットの取引かどうかどうかということは全く関係がありません

もし無許可で古物の出品をした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役100万円以下の罰金)として処罰されてしまうかもしれません

メルカリはスマホ1つあれば誰でも簡単にスタートできるサービスです。

利用者は年々増え続けていて、上手く利用すれば大きな利益を期待できます。

メルカリを既にビジネスとして利用している方や、今後ビジネスとしての利用を考えている方は、安心して取引ができるよう必ず古物商の許可を取得しましょう。

無許可で古物を出品した場合どうなる?

メルカリで古着やリサイクル品などの古物を出品する場合、それがビジネス目的であれば古物商の許可が必要です。

許可なく出品した場合、古物営業法違反として処罰されます。

古物営業法では、無許可での営業に対して「3年以下の懲役、又は100万円以下の罰金」というかなり重い罰則が規定されています

さらに、無許可営業で処罰された場合、以後、5年間は古物商の許可が取得できなくなってしまうおそれもあります。

メルカリはスマホ1つあれば誰でも簡単に始めることの出来るサービスですが、その手軽さから無許可での出品が増加しています。

実際に、古物商の許可なくネットで古物を転売して逮捕されたという事件がニュースなどで話題になったこともあります。

もしメルカリをビジネスとして活用しようと考えるのであれば、古物商の許可は必ず取得しましょう

古物商の許可が必要かどうか気になる場合は専門家に相談しよう

メルカリをビジネス目的で利用する場合には古物商の許可が必要です。

ですが、古物の出品がビジネス目的といえるかどうか、一般人には判断が難しいケースがたくさんあります。

無許可の古物営業には重たい罰則があるため、自分で勝手に判断してしまうのは危険です。

気になる方は、一度専門家に相談しましょう。

ここでの専門家とは古物商許可を専門としている行政書士のことをいいます。

古物商を専門として扱っている行政書士であれば、古物商が必要なケースに当たるかどうか、すぐに答えてくれます

さらに、もし必要な場合であれば、あなたに代行して古物商の許可を最短で取得してくれます

古物商許可の申請手続きは複雑で、自分で申請しようとするとミスが多発し、許可の取得までかなりの期間が必要になります。

ネットビジネスはタイミングが重要です。

スタートが遅れてしまえば、あなたのビジネスチャンスを逃しかねません。

メルカリのビジネス利用を考えている方は、古物商許可の取得を行政書士に依頼して、効率の良い古物ビジネスを目指すべきです。

古物商の許可を取得してメルカリのビジネスで儲ける

古物商の許可を利用したメルカリのビジネスは上手にやればかなり大きな利益が期待できます。

メルカリの転売ビジネスのメリットと儲けるポイントについて説明します。

メルカリの転売ビジネスのメリット

メルカリは2013年にスタートしたサービスで、わずか4年の間に国内5000万件、海外2500万件のダウンロードがあり、今もなお増加を続けています。

毎年市場が拡大していて、古物商許可を取得するだけで7500万人がお客様となる可能性があります。

上手に利用すれば、ビッグビジネスになる可能性があります。

また、スマホと古物商の許可があれば誰でも簡単にスタートでき、他のビジネスと比べると初期費用がか圧倒的に少なくてすみます。

そのため、初心者でも利益の出しやすいビジネスといえます。

メルカリで儲けるポイント

メルカリで効率よく利益を出すためには、価格交渉の技術が重要です。

メルカリは他のamazonやヤフオクなどのサービスと違って、価格交渉が基本です。

上手に価格交渉することで、高額商品を安く仕入れて転売することが可能になります。

ただし、あまり無理な要求をせず、相手を不快にさせない範囲で交渉することが重要です。

また、場合によっては、メルカリ以外のサービスも併せて利用しましょう。

例えば、メルカリで仕入れた商品をヤフオクで転売するケースが考えられます。

ヤフオク利用者は平均30代以上で年齢層が高めです

メルカリの利用者に比べてお金に余裕のある利用者が多いといえます。

メルカリで価格交渉しながら商品を安く仕入れ、ヤフオクで転売した場合、思わぬ高額取引ができる場合もあります

メルカリで出品するには古物商許可が必要? まとめ

メルカリで出品する場合、それが「古物」「ビジネス目的」の出品でなければ古物商の許可は必要ありません。

  • 自分の不用品を出品する場合
  • 友達からタダでもらった物を出品する場合
  • ゲームセンターの景品を出品する場合

これらの場合は、「古物」にあたらない、若しくは「ビジネス目的」とはいえないため、古物商の許可は不要です

ですが、中には判断が難しいケースもたくさんあります。

もし、古物商の許可なくビジネスとしてメルカリを利用した場合には、古物営業法違反(3年以下の懲役、又は100万円以下の罰金)として処罰されてしまう可能性もあります

もし気になる方は、自分で勝手に判断するのではなく、専門家に相談するべきです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。