ヤフオクで出品するには古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

最近は、副業としてもヤフオクなどのオークションサイトで転売をしてお小遣い稼ぎをしている人が多くみられます。

ネットオークションなどを利用するにあたり、古物商許可の要否を知ることは、とても役立つと思います。

ヤフオクなどを利用して中古品や商品を販売する場合、古物商許可が必要になるケースと不要なケースがあるので注意して下さい。

自分が使用していたけど不要になった、無償で貰ったけど使わないから出品など、自分の不用品を出品するだけなら古物商許可は不要になります

一方、営利目的、継続的な利益目的であれば古物商許可は必要です。

今回は、ヤフオクで出品するには古物商許可が必要なケースと不要なケース無許可で古物営業した場合など詳しくお届けします。

ヤフオクで古物商許可が要るケース・要らないケース

許可が要らないと思っていたけど、実は許可が必要なケースもあるので注意しましょう。
では、古物商許可が必要なケースをご説明します。

ヤフオクで古物商許可が必要なケース

ヤフオクで出品するのに許可が必要なケースは、営利目的、同種の行為を継続的、反復的に行う行為があるかどうかです。

利益を得る目的で古物の転売などを行う場合は、古物商の許可が必要となります。

ヤフオクで古物を仕入れて、利益をのせ転売ビジネス行為を継続的にして利益を得る

継続的にヤフオクで1,000円のDVDを購入、2,000円上乗せし3,000円で出品したとします。
この場合、DVDの購入目的が継続的に利益を得ることになり許可が必要となります。

販売はヤフオクを利用しても、ヤフオク以外を利用しても結論は同じ

また、この転売行為は、ヤフオク以外のメルカリやeBayなどを利用しても同じく古物商許可が必要となります。

ヤフオクを活用して壊れたものを安く仕入れて、修理して転売して利益を得る

ヤフオクには、時計、ゲームのコントローラー、カメラなど壊れた品物がジャンク品として大量に出品されています。

このジャンク品などを安く仕入れ、修理して転売しても古物商許可は必要になります。

友達・知人から頼まれて自分のヤフオクアカウントで他人の古物を売買し利益を得る

友達・知人から「この商品を出品してほしい」と代行を頼まれた場合、頼まれた商品にもよるのですが、古物商許可が必要になるケースがあります。

例えば、頼まれた商品がハンドメイドだった場合は古物商許可は不要になります。

原材料が古物に該当する場合には許可が必要なケースもあります。

例えば、一度取引された中古の布を使ってハンドメイド商品を作成する場合には、『古物である布』を購入するのに古物商許可が必要です。

頼まれた商品が、中古品の場合は古物商許可が必要となります。

ちょっと頼まれただけなのに!と思うかもしれませんが、転売ビジネスとして古物を売買しその差額として利益が生まれた場合、古物商許可が必要となります。

ヤフオクで安く仕入れた古物をレンタルして利益をだしている

この場合も、営利目的でレンタルし継続的な利益を出しているのならば、古物商許可が必要になります。

メルカリで仕入れた古物をヤフオクで転売している。

メルカリで仕入れをしようが、アマゾン、eBayで仕入れをしようが、差額が発生し利益を上げる継続的な営利目的であれば、古物商許可は必要となります。

ヤフオクで許可が不要なケース

自分の不用品を出品する、無償で譲ってもらった物が不要なので出品するなど、営利目的ではない、継続した利益を求めていない場合、許可は不要になります。

自分で使用していた古物をヤフオクで販売

自分で使っていたけれど、新しいものを購入し不要になった、もう使用する必要がないなどの理由で出品するのであれば許可は不要です。

無償で譲ってもらったけれど不要になった古物をヤフオクで販売

無償でもらった物が不要なのでヤフオクにて販売する場合も許可は不要です。

自分で使うために、ヤフオクで古物を購入したものを出品

商品購入の目的が「自分で使用すること」になるため古物商許可は不要です。

利益を出す目的があったかどうか判断するのは警察です

ヤフオクなどに出品し営利目的の意思があったか否かなど誰が判断するの?第三者には分からないだろう

ネットオークションを利用してる人は星の数ほどいる。ネットならバレないだろうし許可なんていらない

と考える人がいるかもしれません。

このような考え方はすぐに改めましょう。

まず、「営利目的」とは本人の意思とは関係なく客観的に判断されます。
判断するのは取り締まる警察署です。

例えば、無許可営業で警察に摘発され

そんなつもりはなかった

利益目的ではない

と訴えても手遅れです。

崖から落ちたと思いましょう。

警察が「営利目的」「利益を出す目的があった」など判断した場合、本人の意思は関係ないので、重い罰則が適用される可能性があります。

営利目的なんて分からないだろう、無許可でもネットならバレないだろう、と考え無許可で古物営業をした場合どうなってしまうのかご説明します。

無許可営業は3年以下の懲役または100万円以下の罰金

どうせネットだしバレないだろうと無許可で転売ビジネスをしていると、いきなり逮捕されるケースもあるので注意してください。

無許可営業には、3年以下の懲役または、100万円以下の罰金と厳しい罰則が科せられます。
これだけでは終わりません。

さらに、無許可営業で許可が取り消されると、5年間は古物商許可が取得できません。

その時になって、古物商許可を取得しなかったことを後悔しても後の祭りで、顔面蒼白になること間違いありません。

そうならないためにも、古物商許可を取得することをおすすめします。

最短・確実に古物商許可を取得するならプロに依頼!

古物商許可は、無くて損しても、持ってて損はしません。

転売ビジネスをするのであれば古物商許可を取得せず、取り返しのつかなくなる前に許可取得をお勧めします。

古物商許可取得は決して難しくありません。

ご自分で申請すると掛かる費用も2万円程度です。
古物商許可は、有効期限もなく更新もない一生使える許可となります。

取り消されたり廃業した場合は使えません。

ただしご自分で申請する場合、申請書類・必要書類の準備に莫大な時間と手間が掛かってしまうケースがあります。
諸々の書類を揃えるのに1ヶ月〜2ヶ月程度は有するでしょう。

1〜2ヶ月かけて準備した申請書類・添付書類などに、不備があれば警察は受理してくれません。
不備なく揃え初めて警察の40日間の審査を受けることができます。

何よりネックだと考えられるのは、古物商許可取得期間中はビジネスがストップしてしまうことです。

最短・確実に古物商許可を取得したい人は、行政書士へ手続き代行の依頼がベストです。

ヤフオクでより利益を上げるにはヤフオクストアを開設

より利益を上げるためにも、ヤフオクにストアを開設し古物ビジネスを始めたいと考えているならヤフオクストアのURL届出を公安委員会に対して提出する必要があります。

ヤフオクで古物販売する2つの方法

1品ずつ古物を出品していく方法(個人売買の大半)
個人売買の方はこちらが断然多いと思います。
オークションに1品ずつ出品している方はURLの届出は必要ありません。
ヤフオク内に、ストアを開設する。
ヤフオクストアには、本格的に商品を販売、転売を行いたいという方向けのサービスがあり売上アップのサポート機能も備わっています。

メリットがたくさんのヤフオクストアを開設するには、ヤフオクストアのURL届出を公安委員会に対して提出しなければなりません。

ヤフオクストアのメリット

ヤフオクストアに出店することで、大量の商品を出品できるだけででなく、業務効率化ツール無料使用することができたり、作った出品データを一括出品、日時を指定しての予約出品なども可能です。

効率的に出品作業やデータ保管ができます。
他にも、顧客にメルマガの配信などもできます。

ただ、URLの届出をすると許可申請に時間を要する場合があるので、許可取得後に変更届出をするのもテクニックの1つです。

古物商許可後に、変更届出を出す場合は、ストア開設後2週間以内に届出が必要となります。

手間と時間が掛かることは容易に想像できます。
最短・確実に許可を取得しビジネスを始めたい人は、行政書士へ手続き代行の依頼がベストだと考えられます。

ヤフオクで出品するには古物商許可が必要?まとめ

ヤフオクに商品(中古)を出品する場合、営利目的、継続的な利益目的であれば古物商許可は必要です。

自分が使っていて不要になったもの、自分が使うために購入したものなどに関しては、古物商許可が不要になります。

インターネット、スマートフォンの普及により、古物商取引もネット上で盛んに行われています。

誰でも気軽に始められ人気のあるネットオークションですが、無許可で古物営業をすると重い罰則が科せられます。

古物商許可の取得や条例などを守ることは自分自身も守ることになるので、転売ビジネスをしようとしている人、既に始めているけど古物商許可を取得していない人は、この機会に許可取得をおすすめします。

取って損なしが古物商許可です!

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。