同人誌の転売に古物商許可は必要?

この記事は専門家が監修しています

こぶ吉がコミックマーケットから帰ってきたようです…

この夏のコミケも盛り上がったなぁ~!欲しかった同人誌をたくさん買ってきたよ。

よかったね。

う~ん、この同人誌は思ったよりつまらないなぁ…転売しちゃえ。

中古品を転売するときって、古物商許可が必要なんじゃないの?

同人誌を転売する場合、古物商許可が必要なケースと、必要ないケースがあります。

同人誌を転売するとき、古物商許可が必要なケースと、必要ないケースがある

同人誌を転売するとき、古物商許可が必要なケースと、必要ないケースがあります。

同人誌を転売するときに古物商許可が必要なケース

古物商許可は、中古品を”仕入れて”転売するときに必要な許可です。

『仕入れ』とは、はじめから転売する目的でものを買うことです。

ヤフオクに出品されている同人誌を、転売目的で落札して転売するような場合に、古物商許可が必要です

他にも、このようなケースで同人誌を転売する場合、古物商許可が必要です。

  • 中古ショップで同人誌を転売目的で買って、転売する
  • Amazonで同人誌を転売目的で買って、転売する
  • 友達から同人誌を転売目的で買って、転売する

なるほどねぇ~。

実は、転売する以前に、中古品を仕入れるだけでも古物商許可が必要です。

つまり、ヤフオクで同人誌を転売目的で落札する時点で、古物商許可が必要だということです。

そのあと、転売してもしなくても同じです。

中古品を仕入れるときに古物商許可が必要なんです。

転売しなかったとしても古物商許可が必要なのね!

同人誌を転売するときに古物商許可が必要ないケース

古物商許可は、中古品を”仕入れて”転売するときに必要な許可です。

『仕入れ』とは、はじめから転売する目的でものを買うことです。

同人誌を自分で読むために買って、いらなくなったので転売するといった場合、古物商許可は必要ありません

同人誌を自分で読むために買うことは、仕入れにはあたらないからです。

他にも、このようなケースで同人誌を転売する場合、古物商許可は必要ありません。

  • 自分で作った同人誌を転売(販売)する
  • もらった同人誌を転売する
  • コレクションしていた同人誌を転売する

なるほどねぇ~。

中古品と新品の違い

古物商許可は、“中古品”を仕入れて転売するときに必要な許可です。

なので、新品』を仕入れて転売する場合、古物商許可は必要ありません

へぇ~そうなんだ!

ただ、注意しないといけないのが、一般的に新品と言われるものでも、法律の考え方では中古品とみなされることがあるということです。

例えば、『部屋に飾るために買った未開封の新品フィギュア』。

これは法律の考え方だと中古品になります。

なんで?新品で未開封なんでしょ?

法律では、『未開封(未使用)でも、使うために取引されたものは中古品』としています。

例のフィギュアは、もの自体は新品ですが、部屋に飾るために(使うために)買った(取引された)ものなので、中古品とみなされるのです。

『使うため』というのは、本来の目的で使うことをさします。

フィギュアだと『飾る』『鑑賞する』、同人誌だと『読む』、ゲームソフトだと『プレイする』といったことが『使う』にあたります。

例のフィギュアが、はじめから転売するために買ったものだった場合、本来の目的で使うつもりがなかったものなので、新品ということになります。

ですが、例のフィギュアを買った人が、転売するためにフィギュアを買ったのか、飾るためにフィギュアを買ったのかは、客観的には分からないことです。

なので、買う目的がどうであれ、取引されたことがあるものは中古品と考えるのがベターです。

へぇ~。法律の中の中古品って、ややこしいのね。

古物商許可を取らなかったら逮捕される

古物商許可を取らずに、中古品を仕入れて転売することは違法です。

守らなかったらどうなるの?

古物商許可を取らずに、中古品を仕入れて転売すると、逮捕される可能性があります。

逮捕されると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を科せられる可能性があります。

結構、重いじゃない!

転売でお金をかせごうと思ったら、重い罰を受けないためにも、古物商許可をきちんと取ってからにしましょう。

古物商許可がないことは、いつかバレる

たとえ転売しなくても、中古品を仕入れる時点で、古物商許可が必要だと先述しました。

古物商許可を取らずに中古品を仕入れるだけで、逮捕される可能性があります。

それってさ、もし逮捕されそうになっても、「自分で使うために買いました」って言えば、ごまかせるんじゃないの?

だれかが中古品を買ったとき、自分で使うために買ったのか、転売するために買ったのかを、客観的に判断するのは、たしかに難しいことです。

一旦は、ごまかすこともできるかもしれませんが、日本の警察は優秀です。

これまでの取引の記録を調べたりすれば、転売目的の取引かどうかは大概、分かってしまいます。

ごまかしは、いつまでも通用しません。

中古品の転売でお金を稼ぐことを何度もやっていて、まだ古物商許可を取っていないという方は、必ず、古物商許可を取りましょう

古物商許可の取り方

古物商許可って、どうやって取るの?

古物商許可は、必要な書類を集めて、警察署に申請し、審査に通ると取ることができます。

結構、簡単そうだからやってみよう。

申請するときに注意することがあります。

古物商許可では、中古品をジャンルごと13種類に分けています。
このジャンルのことを品目といいます。

申請のとき、古物商許可を取ったら取引したいものが当てはまる品目を選ばないといけません。

13の品目はこのようになっています。
()内は、その品目に当てはまるものの例です。

美術品類
(絵画、彫刻、工芸品、など)
衣類
(洋服、帽子、布団、など)
時計・宝飾品類
(時計、宝石、アクセサリー、など)
自動車
(自動車、自動車のタイヤ、カーナビ、など)
自動二輪車及び原動機付自転車
(バイク、バイクのタイヤ、バイクのミラー、など)
自転車類
(自転車、サドル、自転車のかご、など)
写真機類
(カメラ、望遠鏡、顕微鏡、など)
事務機器類
(コピー機、FAX、パソコン、など)
機械工具類
(工作機械、ゲーム機、電話機、など)
道具類
(家具、フィギュア、ゲームソフト、など)
皮革・ゴム製品類
(靴、バッグ、毛皮、など)
書籍
(本、マンガ、同人誌、など)
金券類
(商品券、乗車券、郵便切手、など)

古物商許可を取って、同人誌を取引したい場合、『12、書籍』の品目を選んで申請します。

『書籍』の品目は、小説、マンガ、参考書、小冊子など、本全般が当てはまります。

せっかくだから、同人誌だけじゃなくて、フィギュアやゲームソフトも転売したいな。

品目はいくつでも選ぶことができます。

フィギュアやゲームソフトは、『10、道具類』の品目に当てはまるので、道具類と書籍の両方を選べば、同人誌、フィギュア、ゲームソフトをすべて取引できます。

じゃぁ、今後のために全部の品目を選んじゃおうかな。

品目を何でもかんでも選ぶのはオススメしません。

あんまりたくさん選んでいると、警察の審査に通りにくくなります。

特に『4、自動車』などは、専門性の高い品目です。

本気で中古車屋などを営業したい人だけ、選ぶようにしてください。

確実に取引するものが当てはまる品目だけを、選ぶようにしましょう。

古物商許可を取ったあとでも、あつかう品目を増やすことはできます

はじめから欲ばって、たくさんの品目を選ぶ必要はありません。

簡単に古物商許可を取るなら行政書士

古物商許可の取り方が分かったぞ。まずは書類集めだ!

どんな書類を集めるのか知ってるの?

しまった!それを聞くのを忘れてた!

古物商許可の申請に必要な書類は、ひとことでは説明できないほど複雑です。

また、申請する人によっても違いがあります。

自分にどんな書類が必要なのかを調べるだけでも、すごく時間がかかります

いいよ。地道に調べるから…

なんとか必要な書類が分かっても、それを集めるがまた大変です。

役所などを回らなくてはいけないので、日中、働いている人には時間を作るのが難しいです。

いいよ…地道に集めるから…泣

書類を集めて、やっと申請しに行っても、不備があってやり直しになることも多いです。

半年かかっても許可を取れないケースもあるほどです。

いいよ…もう、古物商許可なんていらないよ!

でも、安心してください。

簡単に古物商許可を取れる方法もあります。

!?

行政書士に頼むという方法です。

行政書士にたのめば、どんな書類が必要かを素早く判断、手際よく書類を集めて、申請まですべて代わりにやってくれます。

こちらは待っているだけで、最短期間で古物商許可を取れちゃいます。

行政書士、スゴっ!

便利な方法があるんだね。

同人誌の転売に古物商許可は必要? まとめ

中古の同人誌を仕入れて転売するには、古物商許可が必要です。

自分で読むために買った同人誌を、いらなくなったので転売するといった場合には、古物商許可は必要ありません

古物商許可を取って同人誌を取引したい場合、許可の申請では書籍の品目を選びます。

行政書士にたのむと、古物商許可を簡単に取ることができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。