【古物商 13品目】フィギュア・ドールの品目はどれ?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商許可申請では扱う商品のジャンルにそって、品目を13種の中から選びます。
ゲームやアニメのキャラクターフィギュアやドールは、どの品目に当てはまるのでしょうか?

フィギュア、ドールの品目は道具類です!

日本のアニメやゲームは世界中にマニアがたくさんいて、人気が高いですよね。
マニアの方たちは、キャラクターのグッズ集めにも余念がありません。
ネットオークションなどでは人気のフィギュアなどが、マニアの間で高値で取り引きされています

この記事を見ている方は恐らくそこに目をつけて、フィギュアを扱った古物商ビジネスを考えている人でしょう。

ここからは、フィギュア、ドールはなぜ道具類なのか、それを解説するとともに、豆知識として、フィギュアなどを扱った古物商ビジネスのこと全般を解説していきます。

なぜ道具類?

古物商許可における、フィギュアやドールの品目は道具類です。

理由は至ってシンプルです。
フィギュアやドールは、おもちゃだからです。

おもちゃ類は基本的に全て、道具類だと認識してもらって結構です。

道具類とは、どう定義されているかというと、
道具類以外の12種に当てはまらないもの
という風になっています。

参考に、13種の品目を全て挙げると、

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計、宝飾品
  • 自動車
  • 自動二輪車・原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類 ←フィギュア・ドールはココ
  • 皮革・ゴム製品
  • 書籍
  • 金券類

このようになっています。

品目ごとの細かな説明は省きますが、道具類を除いた、12種類の品目の名称をザーッと見た感じ、おもちゃはどこにも当てはまりそうにありませんよね。

なので、消去法でおもちゃは道具類に分類され、
フィギュアやドールはおもちゃなので、道具類ということになります。

うがった目で見ると、フィギュアの材質がゴムであったり、フィギュアが着ている衣装が革で作られていたりすれば、『皮革・ゴム製品』に当てはまるんじゃないの!?

と思ったりもします……

ですが結論は、フィギュアやドールがどんな材質であろうと、道具類です。

フィギュアが該当することは無さそうですが、アンティーク人形など、美術的価値が高い人形は『美術品類』に当てはまる可能性もあります。

フィギュアはフィギュアでも、材質がどうたら……

といった理由で、このフィギュアはこの品目…あのフィギュアはこの品目…と、細かく分類していったらキリがありませんよね。

フィギュアやドールは道具類です!

フィギュアやドールの品目がどれか分かったら、いよいよ許可申請したいところでしょう。

その前に豆知識として、フィギュアなどを扱った古物商ビジネスについてのあれこれを、ここからは紹介していきます。

フィギュア古物商は儲かる!?

フィギュアはマニア性が高いので、知識がないと難しいのではと思い、これから古物商ビジネスを始めようという人は、商品として扱うのを敬遠しがちです。

ですが、逆に言えば、それだけライバルが少ないということなんです!

あなたがそれ程マニアではなくても、古物商ビジネスでフィギュアを扱うのは十分可能ですので、興味があるなら思い切って飛びこんでみるのも良いでしょう。

ですが、どういったものが流行っているのかリサーチしたり、扱うキャラクターの名前や、アニメ、ゲームのタイトルを正確に覚えるぐらいの、最低限の勉強はしておくといいでしょう。
この程度の知識なら、インターネットで得ることが出来ます。

商売を始めたいなら、どう儲けるかを考えるのも大事ですが、そればかり考えるだけでなく、扱う商品について一定の知識は持つようにしましょう
これはフィギュアに限らず言えることですね。

ライバルが少ないので、需要が無さそうな商品が意外と売れたりしますし、価格の変動も起きにくく値崩れしづらいです。

また、フィギュアは数量限定で生産されていたり、イベント会場などでの限定販売の商品も多いので、プレミアがつきやすいです。
プレミアがついたフィギュアは、思いもよらない価格になることもあります。

仕入れた商品の中に、ネットオークションなどで出品者がゼロの商品があれば、儲けるチャンスです。
誰も出品していないので、結構高めに値段を設定しても、欲しがっているマニアの方は買ってくれます。
もちろん限度はあるので価格設定は慎重に行いましょう。

出品者がゼロではなくても、自分ひとりで買い占められる程度の数しか出回ってないのであれば、それを全部買い占めてしまって、買ったときの価格より高く売って差額で儲けるという手もあります。

フィギュア古物商の注意点

フィギュアを扱った古物商はビジネスは、どうしてもマニア向けになるので、希少価値の高い商品でないとなかなか売れません

希少価値のない商品は市場に出回りやすく、仕入れやすいですが、そのような商品はマニアからすれば持っていて当たり前なので、わざわざオークションなどを利用してまで買うものではなく、たくさん仕入れても売れ残ってしまいます。

プレミアのつく人気商品をたくさん仕入れれば儲けられそうですが、そもそもプレミア商品は、手に入りにくいからプレミアがつくわけで、たくさん仕入れるのは至難の業です。

プレミア商品を出来るだけ多く仕入れるには、完全予約生産の商品や、イベント会場の限定商品などの情報収集を怠らないことが大事です。

予約生産の商品は、一人あたりの注文数に制限がかけられていることが多いので、複数の経路を駆使して予約しないと、たくさんの仕入れは見込めません

フィギュアをより高い値段で売るには保存状態も重要になってきます。

フィギュアを包装しているビニールや外箱はマニアにとって大事ですし、たとえ箱が揃っていても傷があったり、シールを剥がした痕があったりすると価値は下がってしまいます。

箱付きで保管すると結構かさばるので、十分な広さの保管場所を確保しなければなりません

フィギュアの意外と知られてないこと

日光や湿気に弱い

フィギュアも外箱も、日光に当たりすぎると変色してしまいます。
そして湿気にも弱く、高温多湿の場所に置いておくと劣化します。

保管場所はそういった点にも注意が必要です。

実は日光ではなく蛍光灯の光にも紫外線が含まれます。
室内だからといって油断すると、蛍光灯でも変色の恐れがあります。

それを避けるためには、蛍光灯ではなくLEDなどを使うと良いでしょう。

時期によってお得に仕入れられる

フィギュア古物商は、仕入れに中古フィギュア専門店などを利用します。

中古フィギュアを多く取り扱う『まんだらけ』は、9月に決算セールを行います。

決算セール中は多くの商品がいつもより安くなるので、まんだらけで仕入れるなら9月がお得というわけなんです。

中古店ではありませんが、他にフィギュアの仕入れが出来る場所に、大型ショッピングセンターや家電量販店のおもちゃ売り場があります。

実は、大型ショッピングセンターや家電量販店は、決算期を2月ごろに設定している企業が多いんです。

年末年始は財布のひもが緩みがちになりますよね。
その時期が過ぎ2月あたりになると、年末年始に使いすぎた分、逆に買い物を控えるようになります。
買い物客が少なくなる時期にに在庫処分セールなどを行い、少しでも買い物を促しているわけなんですね。

ショッピングセンターだと、イトーヨーカドーや、イオン。
家電量販店だと、ビックカメラや、ベスト電器は、総決算あるいは中間決算を2月に設定しています。

フィギュアに限らずですが、決算期はいつもより安く商品を仕入れられる可能性があります
時期は企業によってバラバラなので、各企業の決算期を調べておくと役に立ちます。

まとめ フィギュア・ドールの品目はどれ?

古物商許可における、フィギュアやドールの品目は道具類です。

理由はおもちゃだからです。

おもちゃは基本的に全て道具類に当てはまります。

フィギュアやドールの材質によって、品目が変わったりすることもありません。

フィギュアやドールは全て道具類です!

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。