中古テレビを修理して転売するには許可が必要です

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

中古テレビを自分で修理して転売しようと思うんだ

中古テレビだったら安く手に入るし、たくさん稼ぐことも可能ね。ただ、古物商許可が必要になるかもしれないけど、こぶ吉はもう取ってるの?

古物商許可?持ってないけど・・・

もし中古テレビを転売目的で仕入れるのであれば許可は絶対に必要よ。許可なく転売すると警察に逮捕されることだってあるんだから!

今回は、中古テレビを修理して転売するビジネスについて詳しく説明をします。

中古テレビを修理して転売するには古物商許可が必要です

メルカリやヤフオクなどネットのサービスが充実したことにより、中古品の転売ビジネスが人気です。

中でも、ジャンク品のゲーム機やテレビなどを自分で修理して転売するビジネスモデルが、特に注目を集めています。

理由は、仕入れ費用が安く抑えられるため、ローリスクかつ高い利益に期待ができるからです。

例えば、ハードオフのジャンクコーナーに行けば、ジャンク品の中古テレビが千円程度で売られています。

これを修理して転売すれば、状態やメーカーによっては、2~4万円で転売できることもあります。

皆さんの中にも、こうしたビジネスに興味のある方がいるのではないでしょうか?

ただ、中古テレビを修理して転売をするには、原則として古物商許可が必要です。

この許可がないと、いくらノウハウがあってもビジネスを始めることはできないため注意が必要です。

古物商許可っていったいどんな許可なの?

じゃあ、まずはそこから説明するわ

古物商許可とは中古品の転売ビジネスに必要な資格です

古物商」や「古物商許可」という名前は聞いたことがあるけど、あまり詳しくは知らないという方が多いと思います。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをはじめるために必要な資格のことをいいます。

ですから、中古テレビを修理して、ビジネスとしてこれを転売する場合には、古物商許可が必要なのです。

もし、古物商許可を取らないでこのビジネスを続けると、警察に逮捕されてしまいます。

逮捕された場合は、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」というとても重い罰則が科せられます。

また、ペナルティとして処罰後、5年間は古物商許可を取得することができません。

もし、ビジネスとして中古テレビの転売を考えているのであれば、必ず事前に古物商許可を取得するようにしましょう。

ビジネスとして転売する場合じゃなければ、古物商許可は必要ないの?

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要な資格です。

ですから、中古テレビの転売がビジネス(転売して利益を出す目的での仕入れ)として行われたものでなければ、古物商許可は必要ありません。

例えば、

  • 自分で使っていた古いテレビが故障したので、これを修理してメルカリで転売する
  • 故障したテレビを無料で引き取り、修理して転売する

この場合には、ビジネスとしての転売とはいえないため古物商許可は必要ありません。

壊れたテレビを無料で引き取って転売するのって、ビジネスとはいえないんだ

古物商許可が必要な転売ビジネスとは、転売目的で中古品を仕入れる(買い受ける)ことをいいます。

ですから、無料で引き取る場合、転売ビジネスには当たらず、古物商許可は必要ないのです。

ただ、中古テレビを無料で引き取る場合、古物商許可ではなく、「一般廃棄物収集運搬業、産業廃棄物収集運搬業の許可」という別の許可が必要となる可能性があります

この許可は、古物商許可よりもはるかに要件が厳しく取得することが難しいので注意しましょう。

古物商許可の取得には行政書士の利用がおすすめ

中古テレビを修理して転売するビジネスには、古物商許可が必要です。

ただし、古物商許可を取得するのはかなり大変なので注意が必要です。

大変って何が大変なの?

古物商許可を取得するには、管轄の警察署に申請をしなければなりません。

そのとき、申請書の他にもたくさんの書類が必要となります。

それらの書類に1つでもミスがあると申請は受け付けてもらえず、申請はやり直しになってしまいます。

ですから、自分で申請をすると、思った以上にたくさんの時間や手間が必要になるのです。

じゃあ、どうすればいいのさ~?

安心して。行政書士っていう専門家に依頼をすると簡単に取得できるわ。

古物商許可の取得は行政書士に依頼をすると便利です。

行政書士に依頼をすれば、必要な手続きはすべて代わりに行ってくれるので、依頼者はビジネスの準備に集中することができます。

また、行政書士は独自のノウハウを使って、最短で許可を取得してくれます。

効率よくビジネスを始めるためにも、行政書士の活用をおすすめします。

中古テレビを転売するときの注意点

中古テレビを修理して転売をするというビジネスモデルは、資金もあまりかからず、簡単に始めることが可能です。

ただ、それだけにライバルも多く、やみくもに始めてもあまり利益を出すことはできません

そこで、このビジネスで上手に儲けるための注意点をいくつかご紹介します。

清掃にはできるだけ気を付ける

中古テレビの仕入れ先は、主にハードオフなど大型リサイクルショップのジャンク品コーナーになると思います。

こうしたリサイクルショップが、ジャンク品コーナーの商品を丁寧に清掃するということはほとんどありません。

ですから、多くの場合、仕入れた中古テレビは埃まみれの状態のままです。

当然のことですが、汚れた状態のままで転売をしても、高い値段は付かず、下手をするとクレームになってしまいます。

ですから、できるだけ清掃について気を付けましょう。

例えば、エアーダスターで全体的な埃を落とした後、小さな溝などは綿棒で丁寧に掃除をするなどです。

ちょっと清掃に手間をかけるだけで、商品の価格に大きな差が生まれるんだね

そうね。それに清掃作業は慣れればあまり時間もかからなくなるから、それほど負担でもなくなるわよ

簡単な修理で済むものを仕入れよう

リサイクルショップのジャンクコーナーに並んでいるテレビを見ると、ジャンク品扱いされている理由はさまざまです。

その中でも、簡単に修理ができそうなものを選んで仕入れましょう。

例えば、

  • 単に年式が古いだけのもの
  • リモコンやB-CASカードなどが欠品しているもの
  • 目立たない箇所にキズがあるもの

などです。

逆に通電しない、液晶が綺麗に映らないなどパーツの交換や大がかりな修理が必要になる可能性のあるテレビは避けるべきです。

仮に修理できる技術があったとしても、修理にかかる費用や時間などを考えるとあまり効率的とはいえません。

できるだけ手間のかからないジャンク品を見つけ出す能力が仕入れには必要なのです。

リモコンやB-CASカードはものにもよるけど、ネットで探せば千円以内で手に入るわ

中古テレビを修理して転売するには許可が必要です まとめ

中古テレビを修理して転売するには、原則として古物商許可が必要です。

この許可がないまま転売ビジネスをすると、古物営業法違反として警察に逮捕されてしまいます。

事前に必ず取得するようにしましょう。

古物商許可の取得は、自分でするとたくさんの時間や手間が必要です。

楽して簡単に古物商許可を取りたいという方は、行政書士に依頼をしましょう。

あなたの代わりに専門家が安全に最短で許可を取ってくれるので、とても便利で効率的です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。