中古ゲーム機を修理して転売するには許可が必要です

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

フッ、僕の技術をもってすれば、壊れたゲーム機を修理して転売することも簡単さ…

中古ゲーム機を修理して転売するには、古物商許可が必要なんだよ。

へ?そうなの?

中古ゲーム機を修理して転売するには、古物商許可という許可が必要になる場合があります。

許可がいらない場合もあるので、どちらか判断するためにも、古物商許可のことを、もっと詳しく解説しましょう。

中古ゲーム機を修理して転売するには古物商許可が必要

中古ゲーム機を修理して転売するには、古物商許可という許可が必要です。

古物商許可?

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるために必要な許可のことです。

中古ゲームショップや、リサイクルショップを営業するためには、古物商許可が必要となります。

中古ゲームショップは、お客様から中古ゲームを販売(転売)目的で買い取ってるでしょ。

なるほど、そういう許可なんだね。

仕入れた中古品を、修理して転売する場合も同じように、古物商許可が必要です。

なので、中古ゲーム機を転売目的で仕入れて、修理して転売するには、古物商許可が必要となります。

もっと詳しく説明すると、仕入れた中古品を転売するかどうかは、実は関係なく、中古品を転売目的で仕入れるだけでも、古物商許可は必要となります。

へぇ~。でも、僕は中古ゲーム屋さんじゃないから、関係ないでしょ。

古物商許可が必要になるのは、中古品を扱うお店だけではありません。

店舗を構えていなくても、インターネット上で中古品の転売ビジネスを行う場合にも、古物商許可は必要になります。

へぇ~。でも、僕のはビジネスなんかじゃないよ。趣味程度で、たまに転売するだけだから。

転売ビジネスの会社をおこしているわけではなくても、転売で少しでもお金を稼げば、立派なビジネスです。

転売ビジネスは、自宅に居ながらでも簡単にできるので、お小遣い稼ぎ感覚で行っている人も多く、そういった転売ビジネスは、せどりと呼ばれています。

せどりも、中古ゲームショップなどと規模は違えど、中古品を転売目的で仕入れているわけですから、せどりを行う場合にも、古物商許可が必要です。

そっか~。僕にも古物商許可が必要なのか~。

ゲーム機を修理して転売するとき、古物商許可が不要なケースもある

中古ゲーム機を修理して転売するとき、古物商許可が不要なケースもあります。

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるために必要な許可だと、先述しました。

なので、転売目的で仕入れた中古品でなければ、転売するのに古物商許可は不要です。

例えば、こんなケースね。

  • 自分が持っていた中古ゲーム機を(修理して)転売するとき
  • 無料でもらった中古ゲーム機を(修理して)転売するとき

そもそも、『仕入れ』とは、販売する商品や材料を買うことです。

なので、古物商許可は中古品を販売(転売)する商売に必要な許可です。

上の例のような転売は、商売としての転売ではなく、不要品を処分するための転売です。

なので、誰でも中古ゲームショップに中古ゲーム機を売ることができるわけです。

なるほど~。

でもね、例外もあるの。

商品によっては、転売目的で仕入れていても、それを転売するときに古物商許可が不要なものもあります。

  • 新品のゲーム機
  • 海外で直接、仕入れたゲーム機

このようなゲーム機を転売目的で仕入れても、それを転売するときに古物商許可は不要です。

なんで~。

あらためて、古物商許可とは、“中古品”を転売目的で仕入れるために必要な許可です。

なので、新品の商品の転売に古物商許可は関係ないのです。

よって、新品のゲーム機を転売するとき、古物商許可は不要です。

ただし、法律上の『新品』は、一般的に考える新品とは解釈が異なるので、もう少し詳しい説明が必要です。



次に、海外で直接、仕入れたゲーム機について説明するわね。

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるだけでも必要になると、先述しました。

つまり、古物商許可が必要な取引かどうかは、ものを転売する段階ではなく、転売目的でものを仕入れる段階で判断されます。

商品を海外で直接、仕入れる場合は、日本の法律はおよびません。

なので、海外で直接、ゲーム機を仕入れるときは、ゲーム機が中古品でも新品でも、古物商許可は不要です。

ただし、海外のゲーム機でも、日本の輸入業者を経由して仕入れる場合は、古物商許可が必要です。

この場合、日本の輸入業者から仕入れていることになるので、日本の法律が適用されるからです。

まとめるとこうなるわ。

  • 自分が持っていた中古ゲーム機を(修理して)転売するとき
  • もらった中古ゲーム機を(修理して)転売するとき
  • 新品のゲーム機を転売するとき
  • 海外で直接、仕入れたゲーム機を(修理して)転売するとき

上のようなゲーム機の転売には、古物商許可は不要です。
修理して転売する場合も同じです。

無許可には重い罰がある

中古品の転売ビジネスに、古物商許可が必要だということは、法律で決められています

中古ゲームショップや、リサイクルショップを営業する人が、古物商許可を取り忘れることは、そうはないでしょう。

ですが、せどりは、気軽に始められることから、そもそも、許可が必要だと知らずに、無許可で行ってしまう人も多いです。

僕も知らなかったなぁ~。

無許可で中古品の転売ビジネスを始めると、逮捕される可能性があります。

無許可で転売ビジネスを行った場合の罰則は、結構、重く、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方です。

うわぁ~!

このような重い罰もあるので、転売ビジネスを始めるときには、古物商許可をきちんと取りましょう。

中古ゲーム機の転売ビジネスをする場合の、古物商許可の取り方

古物商許可の取り方を教えて~。

古物商許可は、必要な書類をそろえて、警察署に申請することで、取ることができます。

必要な書類のひとつ、申請書には、品目というものを選ぶ欄があります。

品目とは、古物商許可で扱う中古品のジャンルのことで、全部で13種類あります。

古物商許可を申請するとき、自分が行うビジネスモデルに合わせて、品目を選ぶ決まりになっています。

参考のために、品目をすべて紹介するね。

()内は、品目に当てはまる中古品の例です。

美術品類
(絵画、彫刻、工芸品、など)
衣類
(洋服、帽子、布団、など)
時計・宝飾品類
(時計、宝石、アクセサリー、など)
自動車
(自動車、自動車のタイヤ、カーナビ、など)
自動二輪車及び原動機付自転車
(バイク、バイクのタイヤ、バイクのミラー、など)
自転車類
(自転車、サドル、自転車のかご、など)
写真機類
(カメラ、望遠鏡、顕微鏡、など)
事務機器類
(コピー機、FAX、パソコン、など)
機械工具類
(ゲーム機、工作機械、電話機、など)
道具類
ゲームソフト、家具、おもちゃ、など)
皮革・ゴム製品類
(靴、バッグ、毛皮、など)
書籍
攻略本、本、マンガ、など)
金券類
(商品券、乗車券、郵便切手、など)

中古ゲーム機を修理して、転売するビジネスを始めたいなら、ゲーム機が当てはまる、『9、機械工具類』の品目を選んで申請します。

また、品目は複数、選ぶこともできます

中古ゲーム機を扱う転売ビジネスなら、ゲームソフトや、ゲーム攻略本なども一緒に扱うと、お客様に喜ばれるでしょう。

そのような商品も扱うのであれば、ゲームソフトが当てはまる『10、道具類』や、攻略本が当てはまる『12、書籍』の品目を、あわせて選びます。

古物商許可が取れたら、選んだ品目に当てはまる中古品の取引ができるようになります。

選ばなかった品目を、あとから追加することもできますが、変更届出という手続きが必要になります。

古物商許可の申請は行政書士にまかせると便利

古物商許可の申請って、品目のこととか、分かりにくいことが多いね。

品目のことなんて分かりやすいもんよ。もっと難しいことが、いっぱいあるんだから。

古物商許可の申請には、申請書の他にも、たくさんの書類が必要です。

書類は、どれも普段、使わないものばかりなので、知識がないと理解するのが大変です。

また、書類をそろえるためには、役所などを回る必要があるので、時間と手間もかかります

いろいろと面倒なんだなぁ…

面倒な作業は、専門家にまかせるのがオススメです。

古物商許可の申請なら、行政書士という専門家がいます。

古物商許可を取りたくても時間が取れない人や、やり方が分からなくて困っている人のために、申請の作業を代わってあげるのが、行政書士の仕事です。

行政書士は、作業を何でも代わってくれるので、頼んだ側は、特に何もしなくてもいいです

行政書士に丸投げすれば、古物商許可が取れます。

ステキな専門家がいるもんだなぁ~。

古物商許可の申請を行政書士に頼むと、もちろん、行政書士に代行の費用を払うことになります。

自分で申請する場合、費用はおさえられますが、時間と手間がかかります。

自分にはどちらの方法がメリットのある方法か、検討してみて申請するといいでしょう。

中古ゲーム機を修理して転売するには許可が必要です まとめ

転売目的で仕入れた中古ゲーム機を、修理して転売するには、古物商許可が必要です。

また、次のようなゲーム機の転売には、古物商許可は不要です。

  • 自分が持っていた中古ゲーム機を(修理して)転売するとき
  • 無料でもらった中古ゲーム機を(修理して)転売するとき
  • 新品のゲーム機を転売するとき
  • 海外で直接、仕入れたゲーム機を(修理して)転売するとき

上の例で、修理して転売する場合も同じように、古物商許可は不要です。

無許可で中古品の転売ビジネスを行った場合、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

中古ゲーム機を修理して転売するビジネスを始める場合、古物商許可の申請では、機械工具類の品目を選びます。

古物商許可の申請は、行政書士にまかせると簡単に行うことができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。