「古物商」の正式名称

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

『古物商』ってなんだ?なんかの略語かなぁ?

略語ではないぞ、それが正式名称じゃ。『古物商』という名のビジネスがあるんじゃよ。

『古物商(こぶつしょう)』とは、何かを略した言葉ではありません。

中古品の転売ビジネスのことを、古物商といいます。

古物商という言葉を初めて聞いたというあなた、この記事を読んで、古物商のことをもっと知ってみませんか?

中古品の転売ビジネスのことを古物商という

古物商って、どんなビジネスなの?

中古品を仕入れて(買って)、それを転売(販売)するビジネスのことを、古物商といいます。

具体的な例を挙げてみよう。

  • リサイクルショップ
  • 骨董品店
  • 古本屋
  • 古着屋
  • 中古車屋
  • 中古ブランド品店
  • 中古ゲーム屋
  • 金券ショップ

このようなお店はどれも、中古品を仕入れて転売しているので、古物商です。

また、古物商を営んでいる人や会社のことを、古物商と呼ぶこともあります。

古物商になるには古物商許可が必要

中古品を仕入れて転売するビジネスを、古物商って言うんだね。

古物商は、勝手に営業したらダメなんじゃ。

古物商になるためには、警察(公安委員会)から許可をもらわないといけません。

その許可のことを、古物商許可といいます。

へぇ~。なんでわざわざ許可がいるの?

古物商のお店には、盗品がまぎれこむかもしれないからじゃ。

古物商許可の制度は、盗品が出回るのを防いだり、もし、盗品が出回っても、すぐに見つけ出せるようにするために作られた制度です。

許可の仕組みはこうなっとるんじゃ。

泥棒は、盗んだものを換金しようと考えます。

ものを換金できる場所といえば、古物商のお店です。

古物商のお店には、盗品を換金したい泥棒が訪れると予想されます。

そこで、警察は、窃盗事件が起きたとき、いち早く地域の古物商に連絡します

盗品の情報を古物商に知らせておけば、古物商は、自分のお店にその盗品が持ち込まれたときに、盗品だと気づくことができます。

古物商は、知らされていた盗品が持ち込まれたら、その盗品は販売しないように保管して、警察に連絡します

そうすれば、盗品が出回るのをそこでストップできますし、泥棒の逮捕にも役立ちます。

おぉ~。なるほどね~。

警察が古物商に知らせる前に、古物商が盗品を買い取ってしまった場合の対策もあります。

古物商には、買い取った中古品の特徴や、誰から買い取ったかなどを、台帳に記録しておくことが義務づけられています

なので、台帳の記録をさかのぼれば、盗品を買い取ってしまっていたことに気づくことができます。

このように、警察は窃盗事件の捜査のために、地域の古物商がどこにいるのかを把握しないといけないので、警察から許可をもらわないと古物商になれないように決められているのです。

店舗を持たない転売ビジネスにも古物商許可は必要

古物商許可は泥棒を捕まえるのに役立ってるんだね~。

実は、古物商許可が必要なビジネスは、お店だけではないんじゃ。

中古品を仕入れて転売するビジネスに、古物商許可が必要だと先述しました。

昔は、はじめに紹介した、リサイクルショップなどのお店しか、中古品を仕入れて転売するビジネスはありませんでした。

現代は、インターネットが普及したので、店舗を持たずに営業するタイプの、中古品を仕入れて転売するビジネスが誕生しました。

インターネット上で中古品を仕入れて転売するビジネスも、古物商です。

このようなビジネスを行うときも、古物商許可が必要です。

へぇ~。お店がなくても古物商許可が必要なのか~。

インターネットで営業する古物商は、身近にもいるかもしれんぞ。

インターネットで古物商を営業する方法は、古物商のホームページを作ったりする方法だけではありません。

もっと簡単に、誰でも古物商になることができます。

その方法は、Amazonなどのオンラインモール、ヤフオクなどのネットオークション、メルカリなどのフリマアプリを使います。

このようなネットショップで中古品を買って、それを買ったときより高い値段で、またネットショップで売るのです。

ネットショップでものを買ったり、売ったりしたことがある人は多いでしょう。

これらの行為をうまく組み合わせるだけで、れっきとした古物商になります。

このような、ネットショップを利用した古物商のことを、せどりといいます。

また、せどりをしている人のことを、せどらーと呼んだりします。

せどりは、誰でも簡単にできてしまいますが、せどりを行う場合にも、古物商許可は必要です。

※ 新品のせどりであれば、古物商許可は要りません。

へぇ~。古物商許可がないと、せどらーになれないのか~。

許可なく古物商を営業すると罰則がある

古物商のことが、だいぶ分かってきたよ。

そうじゃ。これも伝えておかないと。

もし、古物商許可を取らないで、古物商の営業を行ってしまったら、法律違反となります。

このような場合、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性もあります。

ひぇ~!そんなにきびしい罰があるんだ~!

古物商になりたいと思ったら、必ずはじめに古物商許可を取るんじゃよ。

「古物商」の正式名称 まとめ

『古物商』は、通称ではなく正式名称です。

中古品を仕入れて転売するビジネスのことを、古物商といいます。

古物商を行うためには、古物商許可が必要です。

店舗を持たずに、インターネットで古物商を行うときにも、古物商許可は必要です。

無許可で古物商を行うと、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。