あとから古物商許可を取ったら捕まる?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

少し前から、中古品の転売ビジネスを始めたんだけど、実は古物商許可をまだ取ってないんだ

ダメじゃない。古物商許可は、中古品の転売ビジネスをするためには、絶対に必要な資格なのよ。ビジネスを始める前に、取得しておかないとダメなの

うん。わかってたんだけど、少しぐらいならバレないかなって思って、古物商許可を取らないまま転売ビジネスを始めちゃったんだ

じゃあ、今からでもいいからすぐに取得しなきゃ

でも、古物商許可の申請って警察署でするんでしょ?警察で申請したら、これまで無許可だったことがバレて逮捕されたりしないかな?

それは・・・どうだろう?

残念じゃが、古物商許可の申請をすると、無許可営業がバレて警察に逮捕されてしまう可能性はある。しかし、そのリスクを最小限に抑える方法もあるから、安心するんじゃ

今回は、既に無許可で転売ビジネスを始めてしまった方が、古物商許可の申請をしたときに、警察に逮捕されるかどうかについて説明をします。

警察に捕まる可能性はゼロではありません

最近は、中古品の転売ビジネスがとても人気です。

理由は、ネットが普及した影響で、スマホ1つあれば誰でも簡単に始められるようになったからです。

また、リサイクル意識の高まりもあって、中古品の転売はかなり儲けやすいという特徴もあります。

ただし、中古品の転売ビジネスをするには、「古物商許可」という資格が必要です。

この許可がないまま中古品の転売ビジネスを続けると、無許可営業として警察に逮捕されてしまうので注意が必要です。

中古品の転売ビジネスの人気とともに、無許可営業を始める人の数も増えています。

もし、既に無許可で転売ビジネスを始めてしまっている人は、一刻も早く古物商許可を取得するべきです。

でも、古物商許可の申請をすると、これまでの無許可営業がバレて逮捕されたりしない?

古物商許可を取らずに、既に転売ビジネスを始めてしまっている人の中には、こぶ吉のような疑問を持つ方も多いと思います。

実は、古物商許可の申請手続きで、過去の無許可営業が警察にバレて、逮捕されてしまうという可能性はゼロではありません。

古物商許可の申請は、管轄の警察署で行います。

そして、申請をすると約40日間の審査期間があるのですが、この間、警察は申請者が古物商としてふさわしいかどうかをチェックするのです。

このチェックで、申請者が過去に無許可営業をしていたことが発覚すると、警察に古物営業法違反で逮捕されてしまう可能性があるのです。

警察に捕まるリスクを最小限にするには?

これまで無許可で転売ビジネスを続けていた人が、古物商許可の申請をすると、警察に無許可営業がバレて逮捕されてしまう可能性があります。

じゃあ、既に無許可営業をしてしまった人は一体どうすればいいんだよ~

安心するんじゃ、こぶ吉。警察に逮捕されるリスクを最小限にする方法があるんじゃ

すぐに中古品の取引を中止する

警察に逮捕されるリスクを最小限にするためにまずやるべきことは、取引の中止です。

許可申請ギリギリまで無許可で営業をしていた人と、早めに取引を中止した人とでは警察の印象は全く違います。

警察に逮捕されないためには、警察の印象をよくすることがとても重要なのです。

ネットで取引している場合はどうすればいいの?

ヤフオクやメルカリで中古品の取引をしている人は、すぐに出品を取りやめましょう。

自分の販売サイトで取引をしている場合は、そのサイトを一時的に閉鎖するべきです。

取引を中止するとこれまで転売で得ていた収入がゼロになってしまいます。

そのため、なかなか取引の中止ができないという人が結構います。

ですが、そのちょっとの判断の遅れにより、取り返しがつかないことになってしまうかもしれません

警察に逮捕されたくないのであれば、直ちに全ての取引を中止しましょう。

古物商許可の申請を行政書士に任せる

警察に逮捕されるリスクを最小限にするため、次にするべきことは、古物商許可の申請です。

でも、申請をすると逮捕されちゃうかもしれないんでしょ?

だから、自分で申請をするんじゃなくて、専門家の力を借りるんじゃ

古物商許可の申請をするときは、行政書士の代行サービスを利用しましょう。

行政書士は古物商許可の専門家です。

どういう手順で申請をすれば、警察に逮捕されるリスクが最小限になるかをとてもよく知っているのです。

行政書士に代行を依頼すれば、自分で申請をした場合と比べて、警察に逮捕されるリスクはかなり小さくなるのです。

でも、タダってわけじゃないんでしょ?

当たり前じゃない。行政書士だって仕事でやってるんだから。

相場だと、だいたい4万円~6万円の報酬が必要じゃ

結構するんだね

たしかに、行政書士に代行を依頼したときの費用は決して安くはありません。

ですが、無許可営業で逮捕された場合の罰則は「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」です。

この罰則を受けるリスクが減ることを考えれば、行政書士に対して支払う費用には十分な価値があるといえます。

また、古物商許可の申請手続きには、かなりの時間と労力が必要です。

行政書士に依頼をすれば、すべて代わりにやってくれるので、時間や労力の無駄を省くこともできるのです。

最もやってはいけないことは「許可を取らないまま転売を続ける」

警察にバレるのが怖いから、もうちょっと無許可で転売を続けようかな?

それは最も危険な行為じゃ。あとから取り返しがつかないことになるかもしれんぞ

既に無許可で転売をしている人の中には、こぶ吉のように考えて、なかなか許可を申請しない人がいます。

ですが、それは最もリスクの高い行為なので注意しましょう。

無許可営業の期間が長ければ長いほど、許可申請をしたときの警察の印象も悪くなり、警察に逮捕されるリスクが高まります。

また、無許可営業を続けていると、思わぬところから警察にバレて逮捕されてしまうというケースが結構あります。

例えば、取引相手が無許可営業を警察に通報して、逮捕されるパターンもあります。

もし、警察に逮捕されてしまった場合、「もうすぐ許可を取りに行くつもりだった」などと言い訳をしても一切通用しません。

先ほどもお伝えしたとおり、無許可営業の罰則はとても重く「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」となっています。

取り返しがつかないことになる前に、すぐに取引を中断し、行政書士に相談をしましょう。

あとから古物商許可を取ったら捕まる? まとめ

既に転売ビジネスをしている人が、あとから古物商許可を取った場合、警察に逮捕される可能性があります。

なぜなら、古物商許可を申請すると、警察が過去の無許可営業について審査する可能性があるからです。

ですが、警察に逮捕されるリスクを最小限にする方法があります。

それは、

  • すぐに一切の取引を中止することすること
  • 行政書士に古物商許可の申請を依頼すること

この2つをなるべく早く実行することです。

警察にバレるのが怖いという理由で許可申請を遅らせると、警察に逮捕されるリスクがどんどん高くなるので絶対にやめましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。