お歳暮・お中元などのギフト解体セールで買って転売するには古物商許可が必要?

この記事は専門家が監修しています

お歳暮やお中元の解体セールで購入した物を転売する場合、古物商許可は原則として不要です。

なぜなら、古物商許可は中古品などの古物を転売目的で買い取る場合に必要となる資格だからです。

デパートなどの解体セールで購入した物は「古物」に当たらないため、古物商許可は不要なのです。

ただし、古物商許可が不要な場合でも、別の許可や資格が必要になることがあります。

必要な許可や資格がないまま転売をすると逮捕・処罰される可能性があります。

今回は、ギフトの解体セールで購入した物を転売する際に注意すべき点などについて説明をします。

原則として古物商許可は不要です

せど美、ギフトの解体セールって知ってる?

お中元やお歳暮の時期が終わった後に、セット品をバラして販売するセールのことでしょ。
高級品がお手頃価格で手に入るから、いつも楽しみにしているわ

あのセールで購入した物を転売して、お小遣い稼ぎをしたいんだけどどう思う?

いいんじゃない?大手の百貨店やデパートに行けば、かなり良い物が手に入るから、転売すれば結構利益が出そうね

転売するのに古物商の許可っていらないのかな?

う~ん・・・その場合、古物商許可は原則として不要ね。
古物商許可っていうのは、中古品などの古物を転売目的で購入するときに必要な資格なの。
デパートや百貨店で購入した物は「古物」に当たらないから、許可は不要よ

そうなんだ、安心したよ~

古物商の許可は、中古品などの「古物」を転売目的で買い取る(仕入れる)場合に必要となる資格です。

デパートや百貨店で販売している新品の物は「古物」に当たりません。

そのため、ギフト解体セールで購入した物を転売する場合、古物商の許可は不要なのです。

ネットで仕入れる場合は要注意

百貨店やデパートで購入した解体セールの商品を転売しても、古物商許可は不要よ

うん、わかった~

ただし、ネットで仕入れる場合には注意が必要

どういうこと?

同じ時期に、ネットでもギフト解体セールをやってることがあるわね

うん。やってるね

ネットで解体セール品を仕入れる場合は、古物商許可が必要になる場合がある

ええ?なんで~?

古物営業法によると「古物」っていうのは、単に中古品だけでなく、新品でも一度個人の手に渡った物は「古物」に含まれるとされているの。
ネットの解体セールっていうのは、出品者が「ストア」や「ショップ」になっていても、実際は個人の場合があるでしょ。

確かに。ネットだと誰でも簡単にショップやストアを名乗れる

その場合、個人が出品している解体セール品は「古物」に当たるから、これを仕入れる場合には、古物商許可が必要なの

ええぇ。そんなの判断つかないよ~

そうね。でも、無許可で古物取引をした場合、古物営業法違反で逮捕される可能性があるの。
そのとき、「分かりませんでした」っていう言い訳は通用しない

じゃあ、どうすればいいのさ~

ネットで仕入れをする場合には、念のため古物商許可を取っておくことね。
古物商の許可っていうのは、更新制度のない一生有効な資格だから、今後も転売をするのであれば取っておいて絶対に損はしない

古物商許可が必要な古物には、リサイクル品などの中古品だけでなく、新品でも個人が取引をした物は含まれます。

古物営業法の目的は、古物取引の中に盗品が紛れ込むことを防止することと、盗品が紛れ込んだ場合にすぐに発見できることにあります。

新品の物であっても、個人の手に渡ってしまった場合は、盗品が紛れ込んでしまう可能性が高いため、規制の対象とされているのです。

無許可で古物取引をした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕される可能性があります。

安心して転売をするためには、念のため古物商許可を取っておくことがベストといえます。

他の許可や資格が必要になる場合

解体セール品を転売する場合、原則として古物商の許可は不要です。

ですが、商品の種類や転売の回数などによっては、別の許可が必要になる可能性があります。

お酒の販売には『酒類販売業免許』が必要です

お歳暮やお中元といえば、やっぱりお酒だよね~。
お酒の転売をする場合、古物商の許可って必要なのかな?

お酒や食品は古物営業法の「古物」に当たらないから、古物商の許可は不要よ。
ただ、別の許可が必要になる可能性があるから注意してね

別の許可って何~?

お酒を販売するには、酒類販売業免許っていう許可が必要なの。
ただ、許可が必要になるのは、あくまで利益目的で繰り返し販売をする場合ね。
いらないお酒を販売したり、タダで友人に譲ったりする場合に許可は不要よ

利益目的かどうかってどうやって判断するの?

販売の回数や、販売価格、仕入れ価格などから判断するわ。
もし気になるようだったら、専門家の行政書士などに聞いてみることね

お酒は、古物商許可が必要な「古物」に含まれないため、転売する場合でも古物商の許可は不要です。

ただし、お酒の販売を利益目的で繰り返し行う場合は、酒類販売業免許が必要です。

無免許でお酒の販売を繰り返した場合、酒税法違反(1年以下の懲役または20万円以下の罰金)として逮捕される可能性があるので注意しましょう。

食品の場合は食品衛生法の規制対象となります

食品もお酒と同じく「古物」に当たらないから古物商の許可は不要よ。
だけど、食品の場合は、食品衛生法の規制対象になるわ

やっぱり許可や資格が必要なの?

そうね。ただ、食品を販売する場合に必要な許可や資格は、食品の種類や販売形態によって様々で、ここで紹介することはできないわ。
食品を販売したいっていう場合は、各自治体の保健所・保健センターに問い合わせてみることね

食品は「古物」に該当しないため、古物商許可は不要です。

ですが、食品の販売は食品衛生法によって規制の対象となります

販売する食品の種類や販売形態によって、さまざまな許可や資格が必要となります。

また、自治体によっては、条例によって食品の販売が規制されている場合があります。

食品の販売をしたいという方は、各自治体の保健所や専門家である行政書士に相談をしましょう。

専門家に相談しましょう

解体セールで購入した物を転売するのって、大変なんだねぇ

そうねぇ。販売する物の種類や販売の方法によって、いろんな許可や資格が必要になってくるわ

もう、どうしたらいいか分からなくなっちゃった

そういう場合は、専門家に相談すれば全部解決するわよ

専門家って?

行政書士のことよ。
行政書士は、官公庁に提出する書類作成の専門家なの。
ようするに、許可や資格のプロってことね

行政書士に相談すれば、どんな許可が必要か全部教えてもらえるんだ

それだけじゃないわ。
許可取得の代行サービスもあるから、必要な許可をすぐに取れる

じゃあ、ちょっと相談してみるよ

ギフト解体セールの転売をする場合、商品の種類や販売形態によって、さまざまな許可や資格が必要になる場合があります。

もし、気になる方や不安な方は、行政書士に相談しましょう

行政書士は、許可や認可のスペシャリストなので、必要な許可の手続き代行を行ってくれるわ。無料相談も受け付けている行政書士もいるから依頼を前提に相談してみるのも方法ね。

お歳暮・お中元などのギフト解体セールで買って転売するには古物商許可が必要? まとめ

ギフト解体セールで購入した物を転売する場合には、古物商許可は原則として不要です。

ただし、個人から購入した場合には古物商許可が必要となるので、ネットなどで仕入れる場合には注意しましょう。

お酒や食品などを転売する場合、古物商許可は不要ですが、酒類許可や食品衛生法に基づく許可や資格が必要になる場合があります。

転売をする場合に必要となる許可は、商品の種類や販売方法などによってさまざまです。

これから転売をしようと思っている方は、専門家である行政書士に相談しましょう

行政書士に相談すると、必要な許可をすぐに教えてくれるだけでなく、代わりに取得もしてくれるのでとても便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。