【転売のルール】やって良い転売とダメな転売

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

転売は儲かるって聞いたからやってみたいんだけど、やっちゃいけない転売もあるの?

そうね。例えば、古物商許可っていう許可がないと、法律違反になる場合もあるわね。

誰でも簡単にできるビジネスということで、物を転売するビジネスが流行っています。

実は、転売には、やって良い転売と、ダメな転売があります。

ダメな方の転売を行うと、法律違反で逮捕される可能性もあります。

転売のルールを、詳しく解説しましょう。

ダメな転売4パターン

転売には、いろいろとルールがあります。

ルールさえ守れば、何もビクビクせずに、堂々と転売でお金を儲けてかまいません。

ただ、間違ったやり方で転売をすると、逮捕される可能性もあります。

それは、怖いなぁ。何がダメか教えてよ~。

じゃぁ、ダメな転売を、4パターン紹介するね。

  • 古物商許可を取らずに、中古品の転売で儲ける
  • イベントのチケットを転売して儲ける
  • お酒を転売する
  • メーカーが転売を規制しているものを転売する

古物商許可を取らずに、中古品の転売で儲ける

リサイクルショップや、ネットオークションで、不要品を売ったことはあるでしょ?

あるある~。

リサイクルショップなどで不要品を売ることも、転売です。

このような転売は、誰でも自由に行うことができます。

僕は、転売未経験じゃなかったのか~。

家にある不要品を転売するだけでは、お金を稼ぎ続けることはできません。

転売でお金を稼ぎ続けようと思ったら、転売する物を仕入れる必要があります。

仕入れる物は、中古品が最適です。

中古品は安く手に入るからね。

中古品を安く仕入れて、仕入れたときより高く転売すれば、差額で儲けることができます。

これを繰り返していけば、転売でお金を稼ぎ続けることができます。

なるほど~。そういう風に転売すれば儲けられるんだ。

不要品を転売することは、誰でもできますが、仕入れた中古品を転売するには、古物商許可という許可が必要になります。

許可!?勝手にやったらダメってこと?

そうなの。

古物商許可は、一般的に、次のようなビジネスを始めるときに必要な許可だと知られています。

  • リサイクルショップ
  • 骨董品店
  • 古本屋
  • 中古車屋
  • 金券ショップ

どのお店も、中古品を仕入れて転売(販売)してるでしょ。

そういえば、リサイクルショップを始めるときには許可が要るって、聞いたことがあるな。

古物商許可が必要になる転売は、このようなお店だけではありません。

ちまたでは、インターネットを使った中古品の転売が流行っています。

例えば、ヤフオクで中古品を安く買って(仕入れて)、それを買ったときより高い値段でヤフオクで売ったり、Amazonなど他のネットショップで売ったりするのです。

このようなインターネットでの中古品の転売は、せどりと呼ばれています。

せどり!それ、僕がやってみたいやつだ!

中古品のせどりを行う場合も、古物商許可が必要です。

えぇ~!せどりも勝手にやっちゃいけないんだ!

リサイクルショップに許可が必要なことは、比較的知られていますが、せどりは、その気軽さから、許可が必要な行為だと認識している人が少ないです。

リサイクルショップも、せどりも、中古品を仕入れて転売しているという点は同じなので、中古品のせどりを行うには、古物商許可が必要だということになります。

ちなみに、中古品ではなく新品であれば、仕入れて転売するのに、古物商許可は要りません

詳しく知りたい方は、新品を転売する場合も古物商許可が必要?をご覧ください。

無許可で仕入れた中古品を転売するのは法律違反

古物商許可がないと、中古品を仕入れて転売しちゃダメってことは分かった?

分かった~。もし、守らなかったらどうなるの?

古物商許可を取らずに、中古品を仕入れて転売することは、法律違反です。

3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方の罰則が科せられる可能性もあります。

ぎゃぁ~!そんなに重たい罰があるのか~。

ちなみに、古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

古物商許可が必要な取引かどうかを判断するときは、中古品を転売するときではなく、転売目的で中古品を仕入れるときです。

なので、古物商許可を取っていない場合、中古品を転売目的で仕入れるだけでも、法律違反になります。

転売しなくても法律違反になるんだ!

古物商許可を取るなら行政書士に頼むのがオススメ

古物商許可って、どうやって取るんだ?

専門家に頼むのがオススメね。

古物商許可の申請は、難しい書類がたくさん必要になるので、自分で申請するのは知識がないと大変です。

そこでオススメするのが、行政書士に頼んで申請する方法です。

行政書士に頼めば、何もしないで待っているだけで、代わりに古物商許可を取ってきてくれます。

これから、中古品のせどりを始めてみたい方は、行政書士に頼むことを検討してみるといいでしょう。

イベントのチケットを転売して儲ける

いろんな物を転売して儲けることができるけど、イベントのチケットだけは、ダメなの。

何それ、どういうこと!?

イベントのチケットを転売して儲けることは、違法です。

これは、2019年に施行された新しい法律、チケット不正転売禁止法で決められています。

正式名称は『特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律』といいます。

行けなくなったライブのチケットをリセールしたことがあるんだけど。あれって違法なの?

チケット不正転売禁止法は、イベントのチケットを転売して、儲けることを禁止しているわけなので、儲けなければ違法にはなりません

例えば、定価定価より安い値段で転売したり、タダであげるような場合は、儲けていないので問題ありません

リセールサービスで転売すれば、違法になることはないわ。

チケット販売サイトなどでは、買ったチケットをやむを得ず転売するときに利用する、リセールサービスを行っています。

リセールサービスは、自分で販売価格を決めることはできず、自動的に定価で取引する仕組みになっているので、違法になることはありません。

チケット不正転売禁止法で規制しているチケット

チケットっていろいろあるけど、イベントのチケットだけが対象なの?

チケット不正転売禁止法で規制しているチケットは、イベントのチケットだけです。

遊園地の入場券や、新幹線の乗車券などは、転売して儲けても違法ではありません。

イベントのチケットもね、すべて対象ってわけじゃないの。

チケット不正転売禁止法には、規制するチケットの要件があります。

次の要件を、すべて満たしたイベントのチケットが、規制の対象です。
電子チケットでも、要件をすべて満たしていれば対象になります。

  • 日本で開かれるイベントのチケット
  • イベントの日時、場所と、座席または入場できる人が指定されているチケット

イベントの主催者や、チケット販売業者がチケットを販売するときに、

  • 『利益をもらってチケットをゆずることを禁止する』と説明している
  • 『入場できる人の氏名、連絡先を確認する手続き』をとっている

チケットの券面(電子チケットなら画面)に、

  • 『利益をもらってチケットをゆずることを禁止する』と説明したという旨が表示されている
  • 『入場できる人の氏名、連絡先を確認する手続き』をとったという旨が表示されている

チケット不正転売禁止法の罰則

違反したら罰則もあるから気をつけてね。

チケット不正転売禁止法に違反すると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

お酒を転売する

お酒を転売することは、勝手にやってはいけません。

そうなんだ!

お酒を一般向けに販売するには、酒類小売業免許という許可が必要です。
これは、転売する場合も同じです。

酒類小売業免許は、次の2種類に分かれるの。

  • 一般酒類小売業免許
  • 通信販売酒類小売業免許

お酒を店舗で販売(転売)する場合は、一般酒類小売業免許が必要です。

2つ以上の都道府県で、お酒を通信販売(転売)する場合は、通信販売酒類小売業免許が必要になります。

1つの都道府県のみの通信販売であれば、一般酒類小売業免許で問題ありません。

もう一つ、特殊酒類小売業免許という区分もあるのですが、これはお酒の転売に関わることは
ないので割愛します。

酒類小売業免許を取らずにお酒を転売することは、法律違反なの。

酒類小売業免許を取らずにお酒を転売すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

酒類小売業免許を取るなら行政書士に頼むのがオススメ

酒類小売業免許の申請も、先述の古物商許可と同じように、行政書士に頼むと簡単に行うことができます。

ただ、酒類小売業免許は、古物商許可に比べて許可を取るための要件がきびしいです。

お酒の仕入れ場所や、仕入れる量など、業務計画を事細かく出したりする必要があるので、気軽に取れる許可ではありません。

一般的には、酒屋さんなどを営業するときに取る許可なので、せどりなどでお酒を扱うためだけに、酒類小売業免許を取る例は、あまりないでしょう。

でも、無許可でお酒を転売すれば違法となってしまうので、お酒のせどりを行うときは、酒類小売業免許を取ってから行いましょう。

メーカーが転売を規制しているものを転売する

物を転売することは、基本的には違法ではありません。

仕入れた中古品を転売するようなときでも、古物商許可を取っていれば問題ありません。

でも、古物商許可を取っていても転売できない物も、中にはあります。

なんだそれは?

商品のメーカーが、転売を規制していることがたまにあります。

このような商品を転売することは、やってはいけません。

メーカーが転売を規制するケースは、化粧品や、サプリメントなどの医薬部外品などに特に多いです。

化粧品メーカーは自社商品の販売を、公式な代理店だけに許していることも多いわね。

メーカー規制のかかっている商品を、ショッピングサイトで転売すると、メーカーはショッピングサイトを通して警告を出します。

警告に従わずに、規制されている商品の転売を続けると、ショッピングサイトのアカウントを閉鎖されてしまいます。

閉鎖はとても重い処分です。

アカウントの停止であれば、元に戻すこともできますが、閉鎖されたアカウントは元には戻りません。

メーカー規制のかかっている商品を転売して、警告を受けたら、速やかに転売をやめましょう。

すぐに警告に従えば、アカウントを守れる可能性はあります。

【転売のルール】やって良い転売とダメな転売 まとめ

物を転売してお金を稼ぐこと自体は、違法ではありません。

ただ、やってはいけない転売もあり、それは次のような転売です。

  • 古物商許可を取らずに、中古品の転売で儲ける
  • イベントのチケットを転売して儲ける
  • お酒を転売する
  • メーカーが転売を規制しているものを転売する

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。