【せどり】ハードオフで仕入れて転売するには古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

ハードオフで中古品を仕入れて転売する、いわゆる「ハードオフせどり」をするには古物商許可が原則必要です。

ハードオフせどりをするのであれば、あらかじめ古物商許可を取得しておきましょう。

僕の家の近くにもハードオフがあるから、せどりにチャレンジしてみようかな?

いいけど、その前に必ず古物商許可を取ってね。そうしないと大変なことになるかもしれないわ

今回は、ハードオフせどりと古物商許可について詳しく説明をします。

ハードオフせどりには古物商許可が必要です

ハードオフせどりをするためには、古物商許可が必要です。

この許可がないと警察に逮捕されたり、ペナルティを受ける可能性があるので必ず取得しましょう。

皆さんは、「ハードオフせどり」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ハードオフせどりとは、ハードオフで中古品を仕入れて転売するビジネスモデルのことをいいます。

ハードオフは、中古品のリユース販売業を全国で展開している企業です。

店舗数は、直営店とフランチャイズ店を合わせると全国で800以上にもなります。

皆さんも、一度は利用したことがあるのではないでしょうか?

ハードオフは、その安さと品揃えの豊富さから、せどりの仕入れ先として利用する人が多いのです。

もし、せどりに興味のある方は、ハードオフせどりも試してみるとよいでしょう。

ただし、ハードオフせどりをするには、1つ注意があります。

それは、ハードオフせどりをするには、古物商許可が必要ということです。

ハードオフせどりを始めるのであれば、必ず事前に古物商許可を取得しておきましょう。

もし、古物商許可を取らないでハードオフせどりをやっちゃったらどうなるの?

その場合は大変なことになるのよ

無許可でハードオフせどりをすると警察に逮捕されます

ハードオフせどりをするには、古物商許可が必要です。

では、もし無許可でハードオフせどりをすると一体どうなってしまうのでしょうか?

まず、無許可でハードオフせどりをすると、古物営業法違反として警察に逮捕されます。

無許可営業に対する罰則はとても重く「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」となっています。

さらに、無許可営業で処罰されると、その後5年間は中古品の転売ビジネスができなくなるというペナルティを受けます。

このように、無許可営業のリスクはとても大きいので、必ず古物商許可を取得しておくべきです。

でも、本当に逮捕されるのかなぁ?こっそりやっちゃえばバレないんじゃない?

無許可営業は必ず警察にバレるので絶対にやめましょう。

警察にバレるきっかけは、別の窃盗事件の捜査や、取引相手の通報などさまざまです。

特に最近は、悪質な転売ヤー対策のため、警察の監視は厳しくなっています。

逮捕されて後悔することがないよう、必ず古物商許可は取っておくべきです。

それに、古物商許可は更新制度がない一生有効な資格なの。転売に興味があるのなら、取っておいて損することはないわよ

そもそも、古物商許可ってどんな資格なの?

古物商許可は一体どんな資格?

古物商許可とは中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

中古品の転売ビジネスとは、ハードオフせどりのように、中古品を転売目的で仕入れることをいいます。

ですから、ハードオフせどりをするには、古物商許可が必要なのです。

逆に、ハードオフを利用する場合でも、中古品の転売ビジネスに当たらなければ、古物商許可は必要ありません。

例えば、

  • ハードオフで中古パソコンを自分で使用するために購入したが、新しいパソコンと買い替えるためにメルカリで転売する
  • ハードオフでジャンク品のプリンターを修理して使用するつもりで購入したが、修理できなかったのでヤフオクで転売する
  • 自宅で使用していた中古家電がいらなくなったのでハードオフで売る

これらのケースは、中古品の転売ビジネスにあたりません。

そのため、古物商許可を取得する必要はないのです。

転売してお金儲けする目的じゃなかったら古物商許可はいらないってことだね

そうね。ただ、場合によっては判断が難しいケースもあるから、そういうときは警察署か行政書士に相談するといいわ

古物商許可の取得は行政書士の代行サービスが便利

古物商許可を取得するのであれば、行政書士の代行サービスの利用がおすすめです。

なぜなら、その方か効率的に取得できるからです。

古物商許可を取得するには、注意しなければならないことがあります。

それは、申請の手続きがとても面倒くさいということです。

申請にはたくさんの書類が必要となり、それらを集めるだけでもかなりの時間が必要です。

さらに、書類に1つでもミスがあると申請は受け付けてもらえず、手続きはやり直しになってしまうのです。

もし、自分で申請しようとすると、きっと大変な思いをすることになるでしょう。

そこでおすすめするのは、行政書士の代行サービスです。

行政書士は、書類作成のプロなので、依頼をすればミスなく最短で許可を取ってくれます

効率的に転売ビジネスを始めるためにも、古物商許可の取得は行政書士に依頼をするのがベストです。

ハードオフせどりで上手に稼ぐためのポイント

ハードオフは安さや品揃えの豊富さから、せどりの仕入れ先にはぴったりです。

ただ、何も知らないと上手く稼ぐことはできません。

そこで、ハードオフせどりで上手に稼ぐためのポイントをいくつかご紹介します。

ジャンク品をチェックしましょう

ハードオフせどりに限らず、せどりで上手に稼ぐには「いかに安く商品を仕入れられるか」が重要です。

ジャンク品を安く仕入れて、修理して転売することができれば、利益率は大幅にアップします。

ただ、皆さんの中には「ジャンク品の修理なんかできない」という方もいるでしょう。

ご安心ください。

ハードオフのジャンク品の中には、ちょっとした修理やメンテナンスで動くようになる商品がゴロゴロしているのです。

例えば、あるコピー機は、印刷が不鮮明としてジャンク品扱いされていましたが、ちょっと埃を取るだけで綺麗に印刷できるようになりました。

このように、ジャンク品は宝の山なのです。

ハードオフせどりで上手に稼ぐためには、難しい修理ができることよりも、修理の必要がないジャンク品を見極める力の方が重要なのです。

地域性を利用しましょう

全国で展開しているハードオフですが、地域ごとにかなり個性があります。

置いてある商品の種類や、価格も地域ごとに大きな差があります。

例えば、地方と比べて都市部の方が、商品の価格は高めになっています。

逆に都市部の場合は、商品の回転が早く、頻繁に通えばお宝をゲットできる可能性が高くなります。

場合によっては、仕入れ価格を低く抑えるため、地方の店舗まで足を延ばしてみるのもよいでしょう。

【せどり】ハードオフで仕入れて転売するには古物商許可が必要? まとめ

ハードオフせどりをするには、古物商許可が必要です。

古物商許可がないまま、ハードオフせどりをすると古物営業法違反として警察に逮捕される可能性があるので絶対にやめましょう。

古物商許可の取得については、行政書士という専門家が代行サービスをやっています。

もし、気になる方は、一度相談をしてみるとよいでしょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。