一番くじの景品を転売するのに古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

一番くじの景品を転売するのに、古物商許可は不要です。

ただし、ネットオークションなどで転売されている一番くじの景品を、仕入れて転売する場合は、古物商許可が必要です。

一番くじにハマっちゃって。手に入らない景品は、オークションで買ったりもしてるんだ。

そんなに買ってたら、いらない景品もあるでしょ?こぶ吉も、オークションで売ってみたら?

そうだね。あ、でも、古物商許可が必要なんじゃ…?

一番くじの景品の転売と、古物商許可の関係について、詳しく解説しましょう。

一番くじの景品を転売するのに古物商許可は不要

一番くじの景品を転売するのに、古物商許可は不要です。

古物商許可は、中古品を転売するのに必要な許可です。

古物商許可の対象は中古品だけなので、新品の転売には、古物商許可は不要なのです。

一番くじの景品は新品なので、一番くじの景品を転売するのに、古物商許可は不要です。

なるほど~。中古品を転売するときに、古物商許可が必要なんだね。

厳密に言うと、転売するときじゃなくて、転売目的で仕入れるときに必要なのよ。

古物商許可が必要かどうかは物を仕入れるときに判断する

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

なので、古物商許可が必要かどうかを判断するのは、物を転売するときではありません。

転売する物を仕入れるときに、判断します。

あっ、そうなんだね!

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可なので、新品であれば、転売目的で仕入れても、古物商許可は不要です。

ここで、一番くじの景品の転売に当てはめて、考えてみましょう。

一番くじを買って、中古の景品が当たることはありません。

なので、一番くじ(の景品)を転売するために買う(仕入れる)とき、必ず新品の景品を仕入れることになります。

よって、一番くじ(の景品)を転売目的で買う(仕入れる)とき、古物商許可は不要です。

景品を転売する前に包みを開けちゃったら、中古品になって、古物商許可が必要になるの?

そんなことはないわよ。

一番くじの景品を開封して転売しても古物商許可は不要

転売するために買った(仕入れた)一番くじの景品を、開封して転売したとしても、古物商許可は不要です。

新品の一番くじの景品を開封したら、その景品は中古品になってしまいます。

ですが、開封した景品を転売しても、中古品を仕入れて転売したことにはなりません。

中古品の仕入れか、新品の仕入れかどうかは、物を仕入れる段階で判断します。

一番くじ(の景品)を買う(仕入れる)段階では、景品は新品です。

なので、そのあと、景品を開封したとしても、新品を仕入れたことになります。

ほぉ~。そうなのかぁ~。

ちなみに、景品を開封しようがしまいが、景品を手に入れた時点で、その景品は中古品とみなされます。

そうなの!

古物商許可を取り締まる法律、古物営業法には、次のような定めがあります。

『物が、未開封、未使用であっても、小売店から誰かの手に渡った時点で、中古品とみなす』

つまり、物が新品とみなされるのは、小売店に売られている段階までです。

小売店から買われた物は、どんな状態でも中古品とみなされます。

転売目的で仕入れていない物を転売するときも古物商許可は不要

昔、集めていた一番くじの景品を転売する場合も、古物商許可は不要です。

自分で使ったり、コレクションするために買って、いらなくなった物など、転売するために買ったわけではない物の転売には、古物商許可は不要です。

なるほどね~。

同じ理由で、タダでもらった物を転売するときも、古物商許可は不要よ。

転売されている一番くじの景品を仕入れるには古物商許可が必要

ネットオークションや、フリマアプリなどで転売されている一番くじの景品を仕入れて、それを転売する場合は、古物商許可が必要です。

そのパターンだと、古物商許可が必要なんだ!

ネットオークションや、フリマアプリなどに出品されている物は、基本的に、誰かがどこかで買ったり、もらったりした物です。

先述したように、物は、未開封、未使用であっても、誰かの手に渡った時点で、中古品とみなされます。

なので、ネットオークションや、フリマアプリなどに出品されている一番くじの景品は、たとえ未開封であったとしても、中古品とみなされます。

よって、ネットオークションや、フリマアプリなどで転売されている一番くじの景品を仕入れることは、中古品を仕入れることになるので、古物商許可が必要となります。

「古物商許可が必要」って言うけどさ、許可がないことは、そんなにいけないことなの?

いけないわよー。だって、法律違反になるんだから!

古物商許可を取らずに中古品を転売目的で仕入れたら違法

古物商許可を取らずに、中古品を転売目的で仕入れることは、古物営業法に違反します。

法律違反ですから、最悪の場合、逮捕される可能性だってあるのです。

マジかよ~!

罰則も重たいのよ。

古物商許可を取らずに、中古品を転売目的で仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を、科せられる可能性があります。

ホントだ~!

ネットで転売する場合にも古物商許可が必要

一般的に、古物商許可は、リサイクルショップや、古本屋などを営業するときに必要な許可として、知られています。

そのような、中古品を仕入れて販売するお店を営業するときには、もちろん、古物商許可が必要です。

あまり知られていないのが、お店を持たないかたちでも、中古品を仕入れて転売するには、古物商許可が必要だということです。

例えば、中古品を転売目的で仕入れて、ネットオークションフリマアプリ、オンラインモールなどで転売する場合にも、古物商許可が必要です。

そうなのか…

ネットオークションなどを使った転売は気軽にできるので、許可が必要だと知らずに始めてしまう人が多いですが、古物商許可を取らないと違法になるので、気をつけましょう。

古物商許可を取るのはちょっと難しい

中古品を仕入れて転売したいなら、必ず、古物商許可を取りましょう。

古物商許可って、どうやって取るの?

古物商許可は、必要な書類を用意して、それを警察署に申請して、警察の審査に通るともらえます。

なんだ、思ったより簡単そうだね。

私は、そんなに簡単だとは思わないわ。

古物商許可の申請に必要な書類は、見慣れないものが多く、種類も多いので、一般の人がすぐに把握するのは難しいです。

また、書類を取り寄せるために、役所に行ったりする必要もあるので、平日に働いている人だと、時間をつくるのも難しいです。

そっか~。それはたしかに大変そうだね…

でもね、それが簡単になる方法もあるのよ。

行政書士に頼むと簡単

古物商許可の申請は、行政書士に頼むと簡単にできます。

行政書士とは、古物商許可などの、いろいろな許認可の申請を、代わりにやってくれる専門家です。

古物商許可の申請を行政書士に頼むと、頼んだ側は、特に何もしなくてOKです。

行政書士が、必要な書類を代わりに判断して、書類集めも代わりにやってくれます。

おぉ~!それは便利だ~。

自分で申請すれば、慣れない作業ばかりで時間がかることが多いですが、行政書士なら慣れているので、テキパキ進めてくれますし、ミスをすることもありません。

自分で申請すると、ミスすることも多いのよ。

古物商許可を取りたくても、難しそうだと感じるなら、行政書士に頼むことをおすすめします。

一番くじとは?

一番くじって、どういうものなの?

夢がつまった、最高のくじ引きだよ!

ハズレがない

一番くじとは、BANDAI SPIRITSが販売している、キャラクターグッズが当たるくじ引きです。

全国のコンビニや、書店ゲームセンターなどで買うことができます。

A賞、B賞、C賞…などと、景品が数種類あって、それぞれ、当たる確率が異なっています

ですが、ハズレくじはなく、くじを買えば、必ず何かしらの景品が当たるのが特徴です。

ハズレがないなんてステキね!

レア景品欲しさに何回も挑戦しちゃって、同じグッズを10個も20個も当てちゃうんだよね…

いろんな景品がある

どんなグッズが当たるの?

いろんなのがあるよ~。

一番くじの景品は、決まったキャラクターグッズではなく、期間ごとにいろいろと変わっていきます。

人気のアニメや、ゲームのキャラクターは定番化していて、1年に何度も登場しています。

定番の作品は、次のような作品です。

  • ガンダム
  • ONE PIECE
  • ポケモン
  • ドラゴンボール

へぇ~!私の好きなプリキュアや、ディズニーはあるかしら?

あるよ~。

コンビニによって景品が異なる

今度、プリキュアの一番くじが始まるみたいなんだけど、うちの近所では買えないみたい…

一番くじは、いろいろなコンビニで買うことができますが、景品の種類によって、買えるコンビニが異なります。

例えば…

同じ時期に、セブンイレブンではガンダムの一番くじが売られていて、ローソンではプリキュアの一番くじが売られている。

といったことが、よくあります。

コンビニは、地方によってバラつきがあることが多いです。

セブンイレブンなら近所にたくさんあるのに、ローソンは一軒もないという地方もあるでしょう。

そのような地方に住む人は、ローソンの一番くじを手に入れるのが難しいので、どうしても欲しいコレクターは、ネットオークションなどで買うことも多いです。

だから、一番くじの景品の転売って、結構、需要があるんだよね~。

一番くじの景品を転売するのに古物商許可は必要? まとめ

一番くじの景品を転売するのに、古物商許可は不要です。

ただし、ネットオークションなどで転売されている一番くじの景品を、仕入れて転売するには、古物商許可が必要です。

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

古物商許可を取らずに、中古品を転売目的で仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を、科せられる可能性があります。

古物商許可を取るときは、行政書士に頼むと、簡単に取ることができます。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。