実は違法な転売行為5つ

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

転売自体は違法ではありませんが、やり方によっては違法になることもあります。

違法な転売として、次の5つが挙げられます。

  • 無許可で中古品を転売する
  • 無許可でお酒を転売する
  • イベントのチケットを転売して儲ける
  • 偽物の商品を転売する
  • メーカーが転売を禁止している商品を転売する

最近、転売でお小遣いを稼いでるんだ~。

転売でお小遣い稼ぎは悪いことじゃないけど、やり方には気をつけてね。

違法になる転売行為について、詳しく解説しましょう。

転売はやり方次第で違法になる

転売は、ビジネスの知識がなくても気軽に始められるので、副業で行う人が増えています。

転売すること自体に違法性はないので、転売でお小遣いを稼いでも何も問題ありません。

ただ、転売のやり方によっては違法になることもあるので、注意しておきましょう。

転売が違法になるケースはいろいろあるけど、代表的なものを紹介するわね。

  • 無許可で中古品を転売する
  • 無許可でお酒を転売する
  • イベントのチケットを転売して儲ける
  • 偽物の商品を転売する
  • メーカーが転売を禁止している商品を転売する

これらのケースについて、ひとつずつ解説しましょう。

無許可で中古品を転売する

無許可で中古品を転売することは、違法です。

実は、中古品の転売は法律で規制されていて、許可を取らずに行ってはいけません。

そのことについて、詳しく解説しましょう。

中古品は勝手に仕入れてはいけない

転売のために中古品を仕入れることは、法律で規制されています。

転売は大きく分けて、中古品を仕入れて行う転売と、新品を仕入れて行う転売があります。

実は、中古品の方は、勝手に仕入れてはいけないのです。

えっ!?そうなの!

新品なら問題ないんだけど、中古品は仕入れるのに許可がいるのよ。

中古品を仕入れるには古物商許可が必要

転売のために中古品を仕入れるには、古物商許可という許可を取らないといけません。

古物商許可を取っていれば、転売のために中古品を仕入れても何も問題ありません。

しかし、古物商許可を取らずに、転売のために中古品を仕入れると、違法になってしまいます。

どうしよう…僕、中古品の転売もやってるんだけど、許可なんてないよ…

だったら転売は一旦やめて!今からでも遅くないから、古物商許可を取りましょ。

中古品の転売は、新品の転売よりも稼ぎやすいので、よく行われています。

しかし、古物商許可が必要だということは、あまり知られておらず、無許可で行ってしまう人も多いです。

無許可で中古品を仕入れることは違法なので、気をつけましょう。

ヤバいよ~。逮捕されちゃうのかな…

無許可で中古品を仕入れたときの罰則

古物商許可を取らずに、転売のために中古品を仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を科せられる可能性があります。

そんなのイヤだ~!

古物商許可が必要だと知らずに、無許可で中古品を仕入れて転売してしまったら、これ以上の取引はやめましょう。

中古品の転売を再開したかったら、古物商許可を取ってからにしましょう。

どんな方法で転売しても、このルールは変わらないからね。

お店か個人かは関係ない

古物商許可を、リサイクルショップや中古車屋を営業するのに必要な許可だと、認識している人も多いでしょう。

それも正しいのですが、古物商許可が必要なのはお店だけではありません。

「せどり」と呼ばれる、個人がインターネットを使って行う転売でも、中古品を仕入れる場合は古物商許可が必要です。

転売のために中古品を仕入れるビジネスなら、どんなビジネスであっても、古物商許可が必要なのです。

気づいてたかしら。違法なのは「無許可の転売」じゃなくて、「無許可の仕入れ」よ。

えっ?

無許可で中古品を仕入れるだけで違法

中古品を転売することが規制されていると、認識している人も多いことでしょう。

大きく間違ってはいませんが、正しくは、転売のために中古品を仕入れることが規制されています。

なので、古物商許可を取っていなければ、中古品を仕入れるだけで違法となります。

たとえ、仕入れた中古品を転売しなかったとしても、罰則を受ける可能性があるので注意しましょう。

規制されてるのは中古品だよね。じゃぁ、新品だったら許可がなくても仕入れられるの?

新品は許可がなくても仕入れられる

新品の転売に関する規制は特にありません。

なので、転売のために新品を仕入れることに、許可は不要です。

新品の転売であれば、古物商許可を取っていない人でも今すぐに始められます。

でも、「新品」のことをよく分かっていないと、違法な取引をするかもしれないの。

どういうこと?

「法律上の新品」を理解しておくべき

「法律上の新品」は、世間一般で言う新品とは考え方が異なります。

そのため、一般的に新品とされている物が、法律では中古品とみなされることがあるので、注意が必要です。

例えば、買ったままビニールもはがしていないDVDが、ネットオークションに出品されているとします。

このDVDを、一般的には新品だと考えるでしょう。

しかし、法律では中古品と捉えます。

法律って、どうなってるんだ?

法律には「消費者の手に渡った物は、未開封・未使用でも中古品とみなす」という定義があります。

ネットオークションに出品されているDVDは、出品者がどこかで買ったり、もらったりした物のはずです。

つまり、元々DVDを販売していたお店から、出品者の手に渡った物です。

なので、法律の定義に当てはめると、DVDがたとえ未開封でも、中古品とみなされるのです。

法律って、そんな考え方なのか!

そのため、例のDVDを転売のために仕入れるには、古物商許可が必要です。

新品の定義を理解していないと、古物商許可が必要な取引を、うっかり無許可で行ってしまう可能性があるので注意しましょう。

そういうことがあるのか!

もし、例のDVDが、製造元や小売店が直接出品したものであれば、消費者の手には渡っていないので、法律上も新品です。

それなら、古物商許可がなくても、転売のために仕入れることができます。

ただ、ネットオークションに、商品の製造元や小売店が直接出品する例は、ほぼないと言っていいでしょう。

基本的に、消費者の手に渡った物しか出品されないので、ネットオークションに出品されている商品は、原則として、法律上は中古品です。

なので、ネットオークションに出品されている商品を転売のために仕入れるには、原則として、古物商許可が必要です。

同じ理由で、フリマアプリに出品されている商品を転売のために仕入れるのも、原則として、古物商許可が必要です。

古物商許可を取りたい人は、行政書士にお願いするといいわよ。

行政書士に頼むと簡単に古物商許可が取れる

古物商許可を取る作業は、行政書士に頼むと簡単にできます。

そもそも、古物商許可を取るときって、どんなことをするの?

古物商許可を取るためには、たくさんの書類を用意して、警察署に提出する作業があります。

書類の内容が複雑なので、必要な書類を把握して、それを用意する作業はなかなか大変です。

その大変な作業を代わりにやってくれる専門家が、行政書士です。

行政書士に頼めば、こちらは何もしなくても、行政書士がすべての書類を用意してくれます

しかも、オプションを申し込めば、書類を警察署に提出する作業まで、行政書士にやってもらうこともできます。

古物商許可を取るのが難しそうだと感じたら、行政書士に頼んでみるといいでしょう。

無許可でお酒を転売する

無許可でお酒を転売することは、違法です。

実は、お酒の転売は法律で規制されていて、許可を取らずに行ってはいけません。

そのことについて、詳しく解説しましょう。

お酒を仕入れるには酒類小売業免許が必要

販売(転売)のためにお酒を仕入れるには、酒類小売業免許という許可を取らないといけません。

この規制は、基本的には、酒屋さんや、お酒の販売も行う飲食店などを対象にしたものです。

ですが、お酒の転売(せどり)をする人も例外ではありません。

どんなビジネスであれ、お酒を販売(転売)のために仕入れるには、酒類小売業免許が必要になります。

酒類小売業免許なしでお酒を仕入れたらどうなるの?

無許可でお酒を仕入れたときの罰則

酒類小売業免許を取らずに、販売(転売)のためにお酒を仕入れることは違法です。

1年以下の懲役、または50万円以下の罰金を科せられる可能性もあります。

うわぁ~!それは大変だ~。

お酒は、高級なものだと、飲みかけのボトルでも高く売れます。

そのため、せどりをしている人には、お酒を扱いたがる人も多いです。

しかし、酒類小売業免許がなければ、儲けるどころか罰金を払うことになるかもしれません。

お酒の転売をしたければ、必ず酒類小売業免許を取りましょう。

酒類小売業を取りたかったら、行政書士にお願いするといいわよ。

行政書士に頼むと簡単に酒類小売業免許が取れる

酒類小売業免許を取るときは、行政書士に頼むと簡単にできます。

酒類小売業免許って、どうやって取るの?

酒類小売業免許は、たくさんの書類を用意して、それを税務署に審査してもらって取ります。

事業計画をこと細かく立てて、それを書面にまとめたりと、用意する書類の内容は複雑です。

そのため、自分ひとりで手続きするのは至難の業です。

でも、行政書士なら、この難しい手続きをすべて代わりにやってくれます。

こちらは何もしなくても、行政書士が書類を作成してくれて、税務署との交渉もしてくれます。

酒類小売業免許は、先述した古物商許可よりも取るのが難しい許可なので、行政書士にお願いして取るのがオススメです。

イベントのチケットを転売して儲ける

イベントのチケットを転売して儲けることは、違法です。

実は、チケットの転売にはルールがあって、イベントのチケットだけは、転売で儲けることが法律で禁止されています。

そのことについて、詳しく解説しましょう。

定価より高く転売したら違法

イベントのチケットを転売して儲けることは、法律で禁止されています。

実は、ひと昔前までは禁止されていなかったのですが、チケット不正転売禁止法という法律ができて、2019年の6月14日から禁止されました。

最近からなんだね~。

イベントのチケットを転売して”儲けること”を禁止しているので、儲けないように転売すれば、違法ではありません。

つまり、定価か、それ以下の価格での転売は、禁止されていません。

定価より1円でも高い価格で転売すると、違法となります。

「イベントのチケット」ってのもポイントね。

規制の対象はイベントのチケットだけ

転売で儲けることが禁止されているのは、イベントのチケットだけです。

例えば、新幹線のチケットや、遊園地のチケットなどであれば、転売して儲けても違法ではありません。

へぇ~。他のチケットは禁止されてないんだ!

イベントに当てはまるのは、次のようなものです。

  • コンサート、フェス
  • スポーツ観戦
  • 演劇、バレエなど舞台全般
  • お笑い、落語など演芸全般

こういったものに参加するためのチケットを、転売して儲けることは違法となります。

イベントのチケットでも、例えば、外国のイベントなら対象外よ。

対象となるチケットの要件が定められている

イベントのチケットは、転売して儲けることが禁止されているわけですが、すべてのイベントチケットが対象ではありません。

規制対象となる要件がいくつか定められていて、それをすべて満たしているイベントのチケットが対象となります。

要件は、次のようなものです。

  • 日本で開催されるイベントのチケット
  • イベントの日時場所と、座席または入場できる人が指定されているチケット

イベントの主催者や、チケット販売業者がチケットを販売するときに、

  • 「利益をもらってチケットを譲ることを禁止する」と説明している
  • 「入場できる人の氏名、連絡先を確認する手続き」をとっている

チケットの券面(電子チケットの場合は画面)に、

  • 『「利益をもらってチケットを譲ることを禁止する」と説明しました』という旨が表示されている
  • 『「入場できる人の氏名、連絡先を確認する手続き」をとりました』という旨が表示されている

儲けなければ、イベントのチケットを転売していいって言ったけど、やむを得ないときだけよ。

イベントのチケットを転売していいのはやむを得ないときだけ

「イベントのチケットでも、定価か、それ以下の価格での転売は禁止されていない」と、先述しましたが、これは、やむを得ない場合に限られます。

例えば、コンサートのチケットを買ったものの、急用が入って行けなくなったので、チケットを転売したいということがあるでしょう。

そういった、やむを得ない事情があるときだけは、イベントのチケットを定価か、それ以下の価格で転売してもいいことになっています。

そうなんだ!

はじめからコンサートに行く気がないのに、チケットを買って転売するなど、やむを得ない転売ではない場合は、定価以下の転売であっても罰せられる可能性があります。

罰せられるって、罰金はどれくらい?

イベントのチケットを転売して儲けた場合の罰則

イベントのチケット転売して儲けると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を科せられる可能性があります。

罰金どころか、懲役もあるじゃないか~!

人気アイドルのライブチケットなどは、とんでもない価格で取引されることがありますが、それが許されたのは、ひと昔前までです。

今、そんな取引をすることは犯罪です。

転売は、わざわざイベントのチケットに手を出さなくても、他の商品でいくらでも儲けられます。

転売でお金を稼ぎたかったら、違法性のない商品を扱いましょう。

偽物の商品を転売する

偽物の商品を転売することは違法です。

ブランド品などは、偽物の商品が出回ることがよくあります。

そういった偽物を作ることは、もちろん違法です。

それだけでなく、偽物を仕入れて転売することも違法なのです。

そのことについて、詳しく解説しましょう。

偽物の転売も商標権の侵害

ブランドの名前やロゴなどを、商標といいます。

商標は、特許庁に登録することで、その権利を守ることができるようになっています。

商標が登録されたブランドのロゴを偽造したりして、偽物のブランド品を作ることは、「商標権の侵害」といって、違法な行為です。

僕は、違法な転売のことを教えてほしいんだけど。

商標を間接的に侵害することも、商標権の侵害になります。

例えば、偽物のブランド品を仕入れて転売することも、商標権の侵害にあたり、違法な行為です。

これは、ブランド品が偽物だとは知らずに仕入れていたとしても、違法となる可能性があります。

えぇー!偽物だと知らなくても違法!?あんまりじゃないか!

どれくらい知らなかったかの程度によるわね。

偽物を本物だとウソをついて転売したら詐欺罪

偽物の商品を、偽物だと分かった上で仕入れて、本物だとウソをついて転売することは違法です。

これは、商標権の侵害であることはもちろん、詐欺罪にもあたります。

詐欺罪は、商標権の侵害よりも重い罪ですので、絶対にやめましょう。

もちろん、商標権の侵害もやってはいけません。

商標権の侵害や、詐欺罪って、どんな罰則があるの?

商標権の侵害、詐欺罪の罰則

商標権の侵害の罰則は、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金、もしくは両方です。

  • 偽物の商品を転売のために仕入れたが、まだ販売はしていない
  • 偽物の商品をネットオークションなどに出品したものの、まだ落札はされてはいない

といった場合は、5年以下の懲役または500万円以下の罰金、もしくは両方となります。

どっちにしても、重い罰だね!

詐欺罪の罰則は、10年以下の懲役です。

罰金で済むといったことはないので、有罪判決を受けて執行猶予がつかなければ、刑務所行きは確実です。

ひょえ~!

メーカーが転売を禁止している商品を転売する

厳密に言うと違法ではないのですが、メーカーが転売を禁止している商品を転売してはいけません。

そのことについて、詳しく解説しましょう。

メーカーや販売店が転売を禁止することがある

メーカーが独自に、自社の商品の転売を禁止することがあります。

メーカーが転売を禁止している商品を転売したり、転売のために仕入れてはいけません。

メーカーが転売を禁止することは、化粧品メーカーが行うことが多くて、再春館製薬所の「ドモホルンリンクル」などが有名です。

また、販売店が独自に、商品の転売を禁止しているケースなどもあります。

これを守らなかったら、なに罪にあたるの?

違法ではないがペナルティーを受けることになる

メーカーが転売を禁止している商品を転売することは、違法ではありません。

例えば、ドモホルンリンクルの転売を禁止する法律はないので、ドモホルンリンクルを転売したとしても逮捕されるわけではありません。

しかし、いけない行為であるのはたしかですし、何らかのペナルティーを受ける可能性はあります。

例えば、ドモホルンリンクルを転売目的で仕入れて、メルカリで転売したとします。

その場合、メルカリの事務局から、利用制限の処分を受ける可能性があります。

利用制限とは、一定の時間メルカリを利用できなくなる処分です。

制限される時間には幅があって、ルール違反の度合い応じて、3時間~1週間となっています。

そうなのか~。

また、利用停止などの処分を受けていながら、転売禁止の商品を何度も出品したりすれば、強制退会の処分を受ける可能性もあります。

強制退会は文字通り、強制的にメルカリを退会させられることで、この処分を受けたらアカウントを復活することはできません。

「違法じゃないなら別にいいだろ!」って、転売禁止を無視する人もいそうだよね…

あまりにも悪質な転売を繰り返していれば、メーカーから直接訴えられることになっても、おかしくはありません。

何千万、何億円という損害賠償を請求されることだって、あり得ない話ではないでしょう。

たとえ違法ではないとはいえ、ルールに反することは絶対にやめましょう。

メルカリの事務局って、出品者をひとりひとりチェックしてるの?

出品者は何万人もいるから、全員は無理だけど、できるだけチェックしてるわ。

ルール違反の転売は必ずバレる

メーカーが転売を禁止している商品をメルカリに出品する行為は、すぐにはバレなくても、いつかはバレるときが必ず来ます。

メルカリの事務局は、ルール違反の出品者がいないかパトロールしていますし、メルカリにはユーザーによる通報機能もあります。

また、メーカーが、転売している出品者を見つけて、メルカリの事務局に報告する場合もあります。

実際、再春館製薬所は、ドモホルンリンクルを出品している人を見つけたら、メルカリの事務局に報告することがあるそうです。

これだけチェックされてたら、転売禁止の商品をバレずに出品するのは無理だね。

バレるバレない以前に、ルール違反の転売は絶対にやっちゃダメよ!

実は違法な転売行為5つ まとめ

転売自体は違法ではありませんが、やり方によっては違法となることもあります。

違法な転売として、次のようなものが挙げられます。

  • 無許可で中古品を転売する
  • 無許可でお酒を転売する
  • イベントのチケットを転売して儲ける
  • 偽物の商品を転売する
  • メーカーが転売を禁止している商品を転売する

転売は、ルールを守って正しい方法で行いましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。