中古品を海外から輸入するには古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古品を海外から輸入する場合、原則として古物商許可は必要ありません

なぜなら、古物商許可は日本国内の取引に必要となる資格だからです。

ただし、輸入代行会社などを利用する場合は古物商許可が必要になることもあるから注意してね

海外の商品を転売する人は要注意だね

今回は、中古品を輸入して転売するケースについて、古物商許可が必要かどうかなどについて詳しく説明をしていきます。

中古品を海外から輸入するには原則として古物商許可は必要ありません

中古品を海外から輸入して転売する場合は原則として古物商許可は不要です。

なぜなら、古物商許可は日本国内の取引を対象としているからです。

最近、中古品の転売でお金を稼ぐ人が増えています。

特に、海外から商品を仕入れて国内で転売するビジネスモデルが人気のようです。

海外で仕入れをすれば、日本国内では流通していない珍しい商品や、激安の商品を見つけられるかもしれないという魅力があるからです。

海外ECサイトや、代行業者なども増えており、海外商品の仕入れが簡単になったのも人気の理由の1つです。

転売に興味のある方は、海外からの輸入も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

ただ、皆さんの中には

中古品を海外から輸入する場合、古物商許可は必要ないの?

という疑問のある方がいるかもしれません。

ご安心ください。

海外から中古品を直接仕入れて転売する場合、古物商許可は必要ありません。

なぜなら、古物商許可は日本国内で中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格だからです。

なるほど~。じゃあ早速僕も、輸入代行業者にお願いして中国から安い中古品をたくさん仕入れて転売するぞ~

ちょっと待った!古物商許可が不要なのは、あくまで海外で直接仕入れた場合に限る

古物商許可がいらないのは海外から直接仕入れた場合だけ

先ほど、中古品を海外から輸入する場合、古物商許可はいらないと説明をしました。

ですが、これには1つ注意しなければならないことがあります。

それは、古物商許可がいらないのは海外から中古品を直接仕入れた場合だけということです。

ですから、日本の輸入代行業者などを使って海外の中古品を仕入れる場合は、古物商許可が必要となります。

なぜなら、日本の輸入代行業者を使って仕入れた場合、それは日本で仕入れをしたと評価されるためです。

逆に、海外の代行業者を利用した場合は、海外で直接仕入れたと判断されるので古物商許可は必要ありません。

輸入業者を利用する場合は、それが日本の業者なのかどうかチェックしなきゃいけないってことだね

そういうことね。ただ、中には判断が難しいケースもあるから注意が必要よ

大口取引をする場合は古物商許可を取っておいた方が安心

日本の輸入代行業者を使って中古品を海外から仕入れる場合は、古物商許可が必要になると説明をしました。

そのため、輸入代行業者を使って中古品を仕入れる場合は、その業者が日本の業者かどうかチェックすることが重要です。

ですが、業者によっては日本の業者かどうか判断が難しいケースがあります。

例えば代行業者が、日本と海外の複数の企業の出資によって設立した合弁企業などのケースです。

また、ネットで調べてもどこの国の企業か記載されていないケースもあります。

万が一、知らずに海外の代行業者から仕入れた場合は、無許可営業として警察に逮捕される可能性があります。

そのため、頻繁に代行業者を利用する方や、代行業者と大口の取引をしようとする方は、念のため古物商許可を取得しておく方が安全です。

古物商許可には更新がなく年会費も必要ありません。

一度取得すれば生涯有効なライセンスとしてビジネスに利用できるので、転売に興味のある方は取っておいて損はしないはずです。

中古品を輸入するときのことはだいたいわかったけど、逆に輸出するときはどうなるの?

その場合は、原則として古物商許可が必要になるわ

中古品を海外に輸出する場合は古物商許可が必要です

中古品を海外から輸入する場合は、原則として古物商許可は必要ありません。

ですが、逆に国内の中古品を海外に輸出する場合は、古物商許可が必要なので注意しましょう。

日本の一部の商品は、海外で高い人気があります。

そのため、国内で中古品を安く仕入れて海外で転売すれば、思わぬ利益をあげられるかもしれません。

ですが、この場合は、国内の中古品転売と同じように古物商許可が必要になるので必ず取得してください。

無許可で行うと、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として警察に逮捕されてしまいます。

どうして、輸入の場合は古物商許可がいらないのに、輸出の場合はいるの?

ポイントは「どこの国で仕入れたか」ということよ

古物商許可が必要かどうかのポイントはどこの国で仕入れをしたか

中古品を海外から直接輸入する場合、古物商許可は必要ありません。

ですが、国内の中古品を海外に輸出する場合は、古物商許可が必要です。

この説明を聞いて「なんで?」と思った方もいるかもしれません。

古物商許可が必要かどうかを判断するときに、注意すべきは「どこで販売をしたか」ではなく、「どこで仕入れをしたか」です。

なぜなら、古物商許可は中古品を転売目的で仕入れるときに必要となる資格だからです。

よく「古物商許可は中古品を販売するときに必要」と勘違いしている方がいます。

ですが、これは誤解です。

古物商許可は中古品を仕入れるときに持っていなければ無許可営業となってしまうのです。

そのため、国内で仕入れた中古品を海外に輸出する場合は、古物商許可が必要です。

無許可で行うと古物営業法違反となるので注意しましょう。

なるほど。古物商許可は販売のときじゃなくて仕入れるときに必要だったんだね。知らなかったよ

長年転売をしている人でも、意外に知らない人が多いみたいね。うっかり無許可で仕入れをしないよう注意しなきゃね

古物商許可の取得については行政書士に任せるのがベスト

古物商許可の取得は、行政書士に任せるのがベストです。

なぜなら、自分で申請をするよりも、早く簡単に許可が取れるからです。

中古品を海外から輸入する場合、古物商許可は原則として必要ありません。

ですが、国内の代行業者を利用する場合には、古物商許可が必要となります。

その他にも、転売でお金を稼ぐのであれば、古物商許可を活用できるシーンはたくさんあります。

もし、転売に興味があるのであれば、古物商許可を取っておいて損はしないでしょう。

ただ、古物商許可の申請はとても面倒なので注意が必要です。

申請には、たくさんの書類を用意しなければならず、また、書類の記載に一か所でもミスがあると申請は受け付けてもらえません。

一般の方が自分で申請をするのは、かなりのストレスになるでしょう。

もし、楽して簡単に古物商許可を取得していのであれば、行政書士に依頼をしましょう。

行政書士に依頼をすれば、面倒な書類作成から警察との交渉までミスなく代行してくれるので、とても効率的に古物商許可を取得することができるのです。

もし、古物商許可に興味のある方は、一度行政書士に相談することをおすすめします。

中古品を海外から輸入するには古物商許可が必要? まとめ

中古品を海外から輸入する場合、原則として古物商許可は必要ありません。

古物営業法は日本国内の取引を対象としているからです。

ですが、日本の輸入代行業者を利用した場合は、日本国内の取引と判断されるため、古物商許可が必要になります。

もし、無許可で日本の代行業者から仕入れをすると、古物営業法違反となってしまうので注意しましょう。

古物商許可を取得するときは、行政書士に代行を依頼すれば、楽して最短で許可が取れるのでおすすめです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。