産業廃棄物収集運搬業許可と古物商許可の関連

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことを「古物商許可」といいます。

この古物商許可と深く関連する許可の1つに「産業廃棄物収集運搬業許可」というものがあります。

この2つの許可はとても相性がよく、組み合わせることでビジネスの幅を広げることができます

今回は、産業廃棄物収集運搬業許可と古物商許可にどんな関連があるのか、具体的に説明をしたいと思います。

そもそも、古物商許可や産業廃棄物収集運搬業許可がどんなものかあまり知らないなぁ

じゃあ、まずは、それぞれの許可がどんなものか簡単に紹介するわ

古物商許可とは

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

転売ビジネスとは、具体的にいうと中古品を転売する目的で仕入れることをいいます。

この許可なく、中古品の転売ビジネスをすると、無許可営業として警察に逮捕されてしまいます。

そのときは、古物営業法違反になり、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という思い罰則を科されることとなります。

無許可営業に対する罰則って重いんだね。ってか、なんでそもそも中古品の転売をするのに、わざわざ許可なんて必要なんだろう?

それにはちゃんとしたわけがあるのよ

古物商許可の目的について

古物商許可制度の目的は、盗品の流通防止盗品の早期発見にあります。

泥棒が物を盗んだ場合、誰かに売ってお金に換えるというケースが多く発生します。

そのとき、もし誰でも自由に中古品の売買が可能だとすると、泥棒は自由に盗んだ物を売ることができてしまいます。

そこで、中古品の売買を古物商許可という許可制にして、警察が管理することで、泥棒が自由に盗品を売買できなくしているのです。

また、古物商には売買の記録をつける義務があります。

そのため、万が一、盗品が紛れ込んだとしてもすぐに警察が発見することができるのです。

なるほど~、泥棒対策っていうわけなんだね

産業廃棄物収集運搬業許可とは

産業廃棄物収集運搬業許可とは、事業者の出す廃棄物をビジネスとして収集・運搬ができる資格のことをいいます。

会社が事業を運営すると様々な廃棄物が出ます。

例えば、木くずや鉄くず、使用済みのコピー用紙や壊れた会社の備品なども含まれます。

こうした事業者の出す廃棄物を集めてゴミ処理場へ運搬することのできる資格が産業廃棄物収集運搬業許可なのです。

なぜ、このような許可が必要なのでしょうか?

もし、誰でも無許可で廃棄物の収集や運搬ができるとすると、中には、廃棄物を不法投棄してしまう人もでてきてしまいます。

そうした事態を防ぐために作られたのが、産業廃棄物収集運搬業許可なのです。

きちんとした業者が責任をもって産業廃棄物を処理するための制度なんだね

ダブルライセンスでビジネスの幅が広がります

産業廃棄物収集運搬業許可と古物商許可はとても相性のよい資格です。

2つの資格を組み合わせることで、ビジネスの幅がとても広がるからです。

どういうことかといいますと、まず、古物商許可は中古品を転売するために、仕入れるとき必要となる資格です。

ようするに、中古品を1円以上で買い取るときに必要な資格ってわけだね

逆に言うと、古物商許可だけでは、事業者から価値のない不用品を引き取ることはできません。

事業者から不用品を引き取る場合は、別の資格が必要です。

その資格が「産業廃棄物収集運搬業許可」なのです。

ですから、古物商許可と産業廃棄物収集運搬業許可の2つがあれば、価値のある中古品を有料で買い取ることも、価値のない不用品を無料で引き取ることも可能なのです。

例えば、会社が廃業したり、事業所を移転したりするとき、たくさんの中古品や不用品が発生します。

このとき、古物商許可と産業廃棄物収集運搬業許可の2つの資格を持っていれば、中古品も不用品もまとめて丸ごと引き取ることが可能なのです。

会社側も、1か所に頼めば全部処理してくれるから助かるのよ

転売ビジネスをするならまずは古物商許可から取得するのがおすすめ

もし、転売ビジネスに興味があるのなら、古物商許可の取得からスタートすることをおすすめします。

なぜなら、古物商許可の方が扱える商品の幅が広く、また、取得しやすいからです。

古物商許可を取得すれば、ほとんどの中古品を取り扱うことが可能です。

古物商許可は転売ビジネスの最も基本的な資格といえるのです。

古物商許可さえ持っていれば、個人事業主や副業としていろんな転売ビジネスにチャレンジできるわ

古物商許可だけでも十分にお金を稼ぐことができるってわけだね

また、産業廃棄物収集運搬業許可は取得のハードルが高いという点にも注意が必要です。

産業廃棄物収集運搬業許可を取得するには、収集運搬に必要な車両や容器といった設備が必要です。

もし、設備がない場合は、それらを用意しなければならず、かなりのお金がかかります。

また、許可の申請をするには、事前に講習会を受けていることや、経営を続けられることの証明なども必要となります。

それに比べて、古物商許可の取得には車両などの設備は必要なく、初期費用をかけずに取得することが可能です。

これから転売ビジネスを始めようっていう人は、初期費用のあまりかからない古物商許可からスタートする方がリスクも少なくていいかもね

許可の取得は行政書士に依頼しましょう

産業廃棄物収集運搬業許可や古物商許可の取得は、行政書士に依頼することをおすすめします。

なぜなら、許可申請の手続きは一般の方にはわかり難く、とても面倒だからです。

自分で申請をしようとすると、ミスが多発し、何度もやり直しになってしまう可能性があります。

その結果、なかなか許可が下りず、いつまでたってもビジネスがスタートできないということにもなりかねません。

予定通りにビジネスがスタートできないと、精神的にも経済的にも大きな負担がかかります。

その点、行政書士に依頼をすれば、簡単に許可を取得することが可能です。

行政書士は官公庁に提出する書類作成のプロです。

ですから、行政書士に依頼をすれば、面倒な手続きはすべて代行してくれて、しかも、最短で許可を取ってくれるのです。

安全に、かつ、効率的に許可を取りたいという方は、行政書士に依頼することをおすすめします。

最近は、電話やメールだけでなく、LINEでも相談に乗ってくれる行政書士もいるみたいだから、気になる方は是非チェックしてみてね

産業廃棄物収集運搬業許可と古物商許可の関連 まとめ

古物商許可は価値のある中古品を転売する目的で仕入れるときに必要となる資格です。

そのため、古物商許可だけでは、事業者から価値のない不用品を引き取ることは出来ません。

事業者から不用品を引き取るには、産業廃棄物収集運搬業許可という別の資格が必要です。

この2つの許可は相性が良く、組み合わせるとビジネスの幅が広がります。

例えば、事業者が廃業や移転する場合に、その事業者から中古品と不用品どちらも丸ごと引き取ることが可能になります。

これらの許可を取得する場合は、行政書士に依頼しましょう。

どちらも申請手続きがとても面倒で、自分でやろうとすると、たくさんの手間や時間が無駄になってしまう可能性があるからです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。