古物商は転売をしているって聞いたけど、それって犯罪じゃないの?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

ドクター!古物商って、転売でお金をかせいでるんでしょ?

そうじゃな。

それって犯罪じゃないの?

転売は犯罪ではないぞ

えっ!?そうなの!?

ただ、やり方を間違えると犯罪になる可能性もある!

そもそも転売とは?

転売とは、買ったものや、もらったものを売りに出すことです。

  • 買って読まなくなった本を古本屋に売る
  • もらった洋服のサイズが合わなかったのでネットオークションで売る

上のような行為が転売です。
ごく普通に行われていることからも分かるように、転売自体は犯罪ではありません

もっと言えば、スーパーなどの小売店は、問屋から買った商品をお店で売っていますね。
これだって転売なのです。

もし、転売が犯罪なら、世のなか犯罪者だらけになってしまうぞ。

ほんとだ~!

転売が犯罪となる可能性

転売は犯罪ではありませんが、やり方を間違うと犯罪となる可能性もあります
犯罪となる可能性のある転売は、3つのパターンが考えられます。

3つのパターンを1つずつ解説しよう。

許可なく中古品の転売で商売をすれば古物営業法違反

不用品をリサイクルショップに転売したり、ネットオークションに出品することはだれでもできます。

ですが、中古品の転売で商売をするには、古物商許可という許可を取らないといけません

不用品をリサイクルショップに売ればお金が手に入るけど、それは商売ってことにはならないの?

商売とは、商品を仕入れて、それを売ってお金をかせぐことです。

不用品を転売するときに転売するものは、元々持っていたものやもらったものであって、はじめから転売する目的で買った(仕入れた)ものではありません。

中古品の転売で商売をするということは、はじめから転売する目的で中古品を仕入れて、それを転売してお金をかせぐということです。

中古品を転売目的で仕入れるのに古物商許可が必要ということじゃな。

古物商許可を取らずに、中古品の転売で商売をすると古物営業法という法律に違反します。

その場合、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

公共の場所で迷惑なチケットの転売をすると迷惑防止条例違反

これは転売の中でも、チケットの転売だけに関わる違反です。

ダフ屋行為を知っとるかな?

コンサートのチケットが何十倍の値段で転売されるってやつでしょ!

うむ。そのような迷惑なチケットの転売がダフ屋行為じゃ。

他にも、次のような行為がダフ屋行為となります。

  • チケットを転売するために買いしめる
  • チケットを買いしめるために、人を雇って並ばせる
  • イベント会場で、つきまとったり、呼びかけたりしてチケットを転売する

ダフ屋行為に当てはまるのは、チケットの迷惑な転売や、それに関わる行為です。

チケットは、コンサートチケットやスポーツの観戦チケット、遊園地や美術館などの入場券や、新幹線や飛行機などの乗車券など、大半のチケットが対象です。

逆に言うと、チケット以外のものは対象ではありません

例えば、iPhoneの最新モデルを買いしめて、定価の何十倍の値段で転売したとしても、iPhoneはチケットではないので、ダフ屋行為とはなりません。

とは言え、そのような行為は迷惑な行為に変わりないので、絶対にやめましょう

ダフ屋行為そのものを取り締まる法律はないのですが、都道府県ごとに定めている迷惑防止条例の中で『ダフ屋行為の禁止』を定めています。

青森、鳥取、山口、宮崎、鹿児島、沖縄の迷惑防止条例には、ダフ屋行為の禁止は盛り込まれていません。

先ほど挙げたようなダフ屋行為を行うと、迷惑防止条例違反になる可能性があります。

迷惑防止条例のダフ屋行為の禁止に違反した場合の罰則は、都道府県ごとに異なります

東京都の迷惑防止条例を例に挙げると…

6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金
そして、常習犯の場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

迷惑防止条例違反かどうかを判断するとき、重要なポイントがあるんじゃ。

ダフ屋行為は、迷惑なチケットの転売や、それに関わる行為を、公共の場所で行うことと定められています。

そのため、インターネット上でのダフ屋行為を取り締まることは、難しいことでした。

なんで~?

インターネット上が公共の場所かどうかの判断は、すごく微妙なところなんですが、過去の裁判では、インターネット上は公共の場所ではないと判断されているのです。

ダフ屋行為の被害は広がっているのに、なかなか検挙することができないので、新しい法律を作って取り締まることになりました。

その法律が、次に解説するチケット不正転売禁止法じゃ。

特定のチケットを転売してもうければチケット不正転売禁止法違反

先述のダフ屋行為の取り締まりを強化するために、2019年6月14日からチケット不正転売禁止法が施行されました。

正式名称は『特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律』

チケット不正転売禁止法がどんな法律かを簡単に言うと…
特定のチケットを転売してもうけることを禁止する法律』です。

『特定のチケット』とは、チケット不正転売禁止法で取り締まる対象のチケットということです。

取り締まり対象のチケットには決まりがあって、その決まりに当てはまらないチケットなら転売してもうけても違反ではありません

チケット不正転売禁止法で取り締まりの対象となるチケットは、日本国内で開催されるイベントのチケットです。

イベントとは、コンサートや演劇、お笑いライブや寄席、映画やダンスショーなど、あらゆるエンターテインメントの観覧と、スポーツの観戦です。

そして、日本国内で開催されるイベントのチケットの中で、次の要件をすべて満たしたチケットが、チケット不正転売禁止法の取り締まり対象のチケットです。

  • イベントの日時、場所と、座席または入場できる人が指定されているチケットであること

イベントの主催者や、チケット販売業者がチケットを販売するときに、

  • 利益をもらってチケットをゆずることを禁止する』と説明していること
  • 入場できる人の氏名、連絡先を確認する手続き』をとっていること

チケットの券面や、電子チケットの画面に、

  • 利益をもらってチケットをゆずることを禁止する』と説明しましたという旨が表示されていること
  • 入場できる人の氏名、連絡先を確認する手続き』をとりましたという旨が表示されていること

バーコードやQRコードを用いた電子チケットでも、要件をすべて満たしていれば、チケット不正転売禁止法の取り締まり対象のチケットとなります。

取り締まり対象のチケットは限られているんだね。

先述の迷惑防止条例では、遊園地や美術館などの入場券や、新幹線や飛行機などの乗車券など、幅広いチケットが取り締まりの対象でしたが、チケット不正転売禁止法の取り締まり対象は割とせまいです

今後、取り締まり対象が増えることもあるかもしれんな。

対象のチケットを転売してもうけると、チケット不正転売禁止法違反となります。

もうけなければ問題ないので、定価や、定価より安く転売したり、タダでゆずる場合は違反ではありません。

チケット不正転売禁止法に違反すると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

チケット不正転売禁止法はダフ屋行為の取り締まりを強化するためにも作られたと話したな。

これまでダフ屋行為を取り締まっていた迷惑防止条例では、インターネット上のダフ屋行為を取り締まることが難しかったと先述しました。

チケット不正転売禁止法はその点をおぎなうために、対象のチケットの不正転売がインターネット上で行われた場合でも、取り締まることができると定められました。

この調子でダフ屋行為がなくなるといいね!

古物商は転売をしているって聞いたけど、それって犯罪じゃないの? まとめ

転売自体は犯罪ではありません

ですが、転売のやり方によっては、犯罪となる可能性があります

許可なく中古品の転売で商売をすると…
古物営業法違反となる可能性あり!

公共の場所で迷惑なチケットの転売をすると…
迷惑防止条例違反となる可能性あり!

特定のチケットを転売してもうけると…
チケット不正転売禁止法違反となる可能性あり!

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。