合法的に転売する方法

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

たまに、転売で逮捕される人っているよね

そうね。たまにニュースになったりしてるわね

合法的に転売をするのってどうやってやればいいんだろう

合法的に転売をするためには、扱う商品に関する規制法をチェックして、その法律をしっかり守ることが必要なの

でも、規制法なんてどうやって調べたらいいかわからないよ

普通はそうよね。だから、一般の人が合法的に転売をする一番の方法は、専門家に相談をしながら転売をすること

今回は、合法的に転売をする方法について説明をします

合法的に転売をするための一番の方法は専門家に相談をすることです

メルカリやヤフオクなどネットサービスが充実したことで、最近は、誰でも気軽に転売をすることができるようになりました。

ただ、ニュースや新聞では「転売で逮捕された」という記事を目にすることがあります。

なぜ、転売で警察に逮捕されてしまうのでしょうか?

実は、転売は、扱う商品や転売方法によって、許可や免許が必要になることがあるのです。

この許可や免許を取得せずに、転売を続けると警察に逮捕されてしまいます。

では、どうすれば、必要な許可や免許を取得して合法的な転売ができるのでしょうか?

一番安全な方法は「専門家に相談しながら転売をする」という方法です。

もし、専門家に頼らないで、合法的に転売をするには、次のようなステップで転売をしなければなりません。

  • 扱う物品に関する規制法をチェック
  • 必要な許可や免許などを取得
  • 規制法を守って転売を続ける

このステップを守って転売をすれば、警察に逮捕されることはありません。

でも、どうやって規制法をチェックしたらいいかわからないよ~

一般の方にとって、規制法なんてあまり馴染みがないですよね。

そのため

  • どんな規制法があるのか調べてもわからない
  • 規制法を見つけてもどんな許可や免許が必要なのかわからない
  • 許可や免許の申請手続きが複雑で取得することができない

という可能性があるのです。

だから、安全に転売をするには専門家に相談をすればいいんだね

そういうことね。専門家に必要な許可や免許を取ってきてもらうのが一番安全なのよ

専門家とは行政書士のことをいいます

合法的に転売をするには、専門家に相談をして必要な許可や免許を取得してもらうのが一番の近道です。

でも、専門家って具体的にどんな人のことをいうの?

ここでいう専門家とは、行政書士という法律家のことをいいます。

行政書士は、官公庁などに提出する書類を作成するプロフェッショナルです。

そのため、転売に必要な許可や免許を取得することは、行政書士の専門分野なのです。

行政書士に相談をすれば、規制法をすぐに調べてくれて、転売に必要な許可や免許を代わりに取得してくれます。

自分では難しい申請書の作成や、官公庁との交渉などもすべて代わりにやってくれるのでとても便利なのです。

でも、タダってわけじゃないんだよね

そりゃあ行政書士も仕事でやってるわけだから、タダってわけにはいかないわね。相応の報酬が必要よ

行政書士に許可や免許の取得などを依頼した場合、報酬が必要です。

報酬の額は、許可や免許の種類などによって異なります。

気になる方は、一度相談してみるとよいでしょう。

合法的に転売をするために必要な許可や免許について

合法的に転売をするには、規制法を調べて必要に応じて許可や免許を取得しなければなりません。

そこで、転売に必要となる代表的な許可や免許を紹介したいと思います。

ただ、転売に必要な許可や免許は、扱う商品の種類に応じてたくさんあるので、ここで全てを紹介することはできません

安全に転売をしたいのであれば、専門家に相談することをおすすめします。

転売で中古品を扱う場合は古物商許可が必要です

合法的に転売をしたいのであれば、古物商許可についてはしっかり理解しておきましょう。

なぜなら、古物商許可は転売をするのに必要となる可能性が最も高いからです。

古物商許可ってどんな許可なの?

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

例えば、

  • 中古家電をリサイクルショップで仕入れてAmazonで転売する
  • 古着をフリマで仕入れてメルカリで転売する
  • 古本をブックオフで仕入れてヤフオクで転売する
  • リサイクルショップや古本屋、中古車屋を経営する

これらの場合には、すべて古物商許可が必要です。

古物商許可が必要になるケースってこんなにあるの?

そうよ。古物商許可がないと扱えない物はたくさんあるから、転売ビジネスで儲かってる人は、ほとんど持ってるわね

逆に、古物商許可がいらない転売ってどういうのがあるの?

説明したとおり、古物商許可は「中古品」の「転売ビジネス」に必要となる資格です。

そのため、「中古品にあたらない場合」や「転売ビジネスにあたらない」場合、古物商許可は不要です。

例えば、

  • 家電量販店で新品の家電を購入してヤフオクに出品する
  • 新品のスニーカーを仕入れてメルカリで転売する
  • 家族からタダでもらった自動車を中古車屋に売る
  • 自分で愛用していた時計をリサイクルショップで売る

などです。

要するに、新品の転売や不用品の処分の場合、古物商許可は不要なの

ちなみに、古物商許可なく中古品の転売ビジネスをした場合、古物営業法違反として警察に逮捕されます。

そのときは、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」ととても重い罰則が科せられます。

中古品を転売で扱う場合は、必ず事前に古物商許可を取得しましょう。

転売でお酒を扱う場合は酒類販売業免許が必要です

日本酒や焼酎など一部のお酒は、高額で取引されているため、上手に転売をすればかなりの利益が期待できます。

ただし、ビールや日本酒、焼酎といったお酒を転売する場合、酒類販売業免許が必要なので注意しましょう。

酒類販売業免許を取得しないでお酒の転売をした場合、酒税法違反として「1年以下の懲役または20万円以下の罰金」という罰則が科せられます。

酒類販売業免許は、扱うお酒の種類や販売方法などによって免許が分かれています。

例えば、1つの都道府県内のみでお酒を転売するのに必要なのは「一般酒類小売業免許」、ネットを使って全国で転売する場合は「通信販売酒類小売業免許」が必要です。

インターネットでビジネスとして転売をする場合は事業者などの表記が必要です

ネットを使った転売をビジネスとして行う場合、事業者の氏名や住所などの情報を表記しなければなりません。

これは、許可や免許が必要というわけではありませんが、これらの表記を怠ると特定商取引法違反になります。

特定商取引法に違反した場合、官公庁などから改善を指示されたり、営業停止命令を受けることがあります。

合法的に転売をするのであれば、特定商取引法についてもチェックしておきましょう。

合法的に転売する方法 まとめ

合法的に転売をする一番の方法は「専門家に相談をしながら転売をする」ことです。

転売は、扱う商品の種類などによって免許や許可が必要になるケースがあります。

これらの免許や許可を取得しないで転売を続けると警察に逮捕されてしまいます。

ですが、一般の人が、自分で必要な許可や免許を取得したり、規制法によるルールをチェックすることは容易ではありません。

そこで、行政書士という専門家がいるので、相談をして、必要な許可や免許を取得してもらうのが、一番安全な方法といえるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。