家族や友人の古物商許可で仕入れや販売をできますか?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

家族や友人の古物商許可を借りて、中古品を仕入れたり、販売することはできません

原則として、古物商許可が必要な取引は、許可を取った本人にしか行うことができません。

え~!お父さんの許可を借りて、転売を試してみたかったんだけどなぁ~。

古物商許可を借りるのも、貸すのも、原則としてダメよ。

ただし、古物商許可を持っている人のもとで働く場合、例外的に、古物商許可のない人でも中古品の取引ができます。

そのようなルールもふくめて、古物商許可のルールを詳しく解説しましょう。

古物商許可を貸し借りすることは認められていない

家族や友人の古物商許可を借りて、中古品を仕入れたり、販売することはできません

原則として、古物商許可が必要な取引は、許可を取った本人にしか行うことができません。

許可の貸し借りを認めたら、許可制度の意味がなくなっちゃうでしょ。

古物商許可は、市場に盗品が出回るのを防いだり、もし出回っても、すぐに盗品を見つけ出せるようにするために、つくられた制度です。

そのため、古物商許可は、盗品を捜査する警察が管理しています。

古物商許可は、警察の審査に通らないと、取ることができません。

古物商許可を持っている人(会社)は、「あなたなら古物商の取引をしてもいいです」と、警察から許しを得ているということです。

古物商許可の貸し借りを認めてしまうと、警察から許しを得ていない人に、古物商の取引をさせてしまうことになります。

これでは、許可制度の意味がなくなってしまいます。

なので、古物商許可を貸し借りすることは認められていないのです。

そっか~。

古物商許可を貸し借りすると逮捕される可能性がある

家族や友人の古物商許可を借りて、中古品を仕入れたり、販売したりすると、逮捕される可能性があります。

た、逮捕だって…!?

古物商許可を借りることは認められていないので、家族や友人の古物商許可を借りて取引したところで、何も変わりません。

古物商許可を取らずに取引することと同じです。

古物商許可がどういうときに必要か知ってる?

えっと…中古品を転売するとき?

ちょっと違うわね。

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるときに必要となる許可です。

古物商許可のない人(会社)が、中古品を転売目的で仕入れることは、法律違反にあたります。

つまり、古物商許可のない人(会社)が、家族や友人の古物商許可を借りて、中古品を転売目的で仕入れたら、法律違反で逮捕される可能性があるのです。

この違反行為は、無許可営業といって、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方という、重い罰則もあります。

3年…!?、100万円…!?

罰せられるのは、借りたほうだけじゃないのよ。

古物商許可を人に貸すことも、法律違反です。

この違法行為は、名義貸しといって、こちらも、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

古物商許可を貸すのも、借りるのも法律違反なのか…

そう。古物商許可の貸し借りは絶対にダメ!

古物商の従業員は、古物商許可を持っていなくても古物商の業務ができる

古物商許可がなくても、中古品の仕入れや、販売をすることができる例外があります。

それは、古物商許可を持っている人(会社)のもとで従業員として働くときです。

リサイクルショップの店員さんって、古物商許可を持っていなくてもなれるのよ。

えっ!?そうなの?

リサイクルショップなど、古物商を行うお店や会社は、古物商許可がなくても働くことができます

古物商許可がないからといって、雑用しかさせてもらえないわけではありません。

古物商許可を持っていない従業員でも、中古品の仕入れや販売など、古物商の業務全般を行うことができます。

えぇ~!どういうこと?

古物商を行うお店や会社の従業員は、古物商の責任のもとであれば、古物商の業務を行ってもいいことになっているのです。

リサイクルショップなどの店員さんは、古物商許可を持っていない人がほとんどです。

そんな許可のない人でも、お客様から商品を買い取ったりできるのは、許可を持っている店長さんなどの責任のもとで、従業員として働いているからです。

へぇ~そうなんだ!

ただし、古物商許可を持っていない従業員が、古物商の業務で何かトラブルを起こした場合、その責任は古物商許可を持っている人(会社)が負うことになっています。

古物商許可を持っている人(会社)は、従業員に古物商の業務をさせる場合、責任を持って行わないといけません。

そうなのかぁ~。

古物商許可を持っていない人は、たとえ古物商のお店や会社の従業員であっても、個人的な中古品の取引はできません

あくまで、働いているお店や会社の業務の範囲内だけで、中古品の取引ができるということなので、注意しましょう。

ちなみに、店員さんが全員、古物商許可を持ってないなんてことも案外あるのよ。

えっ!?店長さんすら許可がないってこと!

リサイクルショップなどが、古物商許可を持っていない人だけで運営されていることは、割とよくあることです。

例えば、古物商許可を持っている人が2店舗、お店を持っていて、1店舗は自分で営業して、もう1店舗は、従業員にまかせるというようなこともできるのです。

他に、古物商許可を持っている人が出資だけして、お店の運営は従業員にまかせるようなケースもあります。

従業員が行商するときは行商従業者証を携帯する

古物商を行うお店や会社の従業員は、古物商許可を持っていなくても、行商を行うこともできます。

行商?

行商とは、一般的には、物を売り歩くことですが、古物商の専門用語では、少し意味が違います。

  • 出張買取
  • 仮設店舗での営業
  • 古物市場での取引

このような、営業所の外で行う取引を総称して、行商といいます。

へぇ~!従業員は許可を持っていなくても、こんな専門的な取引ができるんだね。

古物商許可を持っていない従業員が行商を行う場合、必ず、行商従業者証というものを携帯しないといけません。

行商従業者証とは、古物商許可証の代わりとなるようなものです。

古物商許可証は、古物商に1つしか発行されないので、たとえ行商を行う従業員にも、貸すことができないことになっています。

でも、行商先のお客様に、きちんと古物商許可を取ったお店や会社の従業員であることを示さないと、お客様が安心して取引できません。

そのため、古物商の従業員は、行商を行うとき、古物商許可証の代わりに、行商従業者証を携帯するのです。

そんなものがあるんだね~。

行商従業者証は、古物商許可証のように、審査を経て発行されるものではありません。

従業員をかかえている古物商なら、いつでも簡単に作ることができます

ただ、古物商の従業員が、行商での取引で何かトラブルを起こしても、その責任は、許可を持っている古物商が負うことになります。

なので、行商従業者証は、従業員の中でも、信頼できる人にだけ作るべきです。

誰にでも行商させちゃうのは危険だからね。

古物商許可の申請は行政書士に頼むのがオススメ

古物商の従業員でもない限り、古物商許可を持っていない人が、中古品を仕入れたり、販売したりすることはできません。

また、古物商の従業員であっても、個人的な中古品の取引はできません。

自分のやりたいように、自由に中古品を仕入れたり、販売したりしたいなら、自分の古物商許可を取るしかありません。

やっぱ、そうなるか~。

古物商許可を取るなら、行政書士に頼むのがオススメです。

古物商許可の申請は、役所に行って書類をもらったり、見慣れない書類を書いたりと、面倒な作業が多いです。

これを行政書士に頼んだ場合、書類を集めたり書いたりする作業を、すべて代わりにやってくれます

行政書士にまかせているだけで、簡単に古物商許可が取れてしまうのです。

へぇ~!それは便利だね!

分からないことを相談することもできるから、オススメよ。

家族や友人の古物商許可で仕入れや販売をできますか? まとめ

家族や友人の古物商許可で、中古品の仕入れや、販売を行うことはできません

古物商許可を貸し借りすることは認められていないからです。

古物商許可を持っていない人が、人の古物商許可を借りて、古物商許可が必要な取引を行うと、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

また、古物商許可を人に貸すことも、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

古物商の従業員なら、古物商許可を持っていなくても、古物商の業務を行うことができます。

古物商許可のない従業員が、行商を行う場合、行商従業者証を携帯しないといけません。

古物商許可の申請を行政書士にまかせると、面倒な作業がなくなって便利です。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。