中古のルイヴィトンの転売には古物商許可が必要です

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古のルイヴィトンの転売をするには、古物商許可が必要です。

この許可がないままルイヴィトンの転売を繰り返すと警察に逮捕される可能性があります。

古物商許可ってどんな許可なの~?

今回はルイヴィトンの転売に必要な古物商許可についてしっかりと説明するわ

ルイヴィトンの転売に必要な「古物商許可」とは?

中古のルイヴィトンの転売には古物商許可が必要です。

古物商許可とは中古品の転売ビジネスをするときに必要な資格のことをいいます。

この許可がないと基本的に中古品の転売でお金を稼ぐことはできません。

もし、古物商許可がないまま中古のルイヴィトンを転売すると、古物営業法違反として警察に逮捕される可能性もあるので注意が必要です。

ルイヴィトンの転売に興味のある人は、無許可営業で逮捕されないためにも、古物商許可について、今のうちにしっかり理解しておくことが重要よ

古物商許可って、名前はよく聞くんだけど、どういうときに必要で、どんな許可なのか詳しく知らないんだよなぁ

安心して、こぶ吉。その辺りについてこれから詳しく説明するわ

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要となる資格です

古物商許可とは中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

この許可がないまま中古品の転売をすると警察に逮捕される可能性があります。

警察に逮捕されないためには、どんな場合に古物商許可が必要になるのかしっかりと理解することが重要です。

古物商許可が必要かどうかの重要なポイントは「中古品かどうか」「転売ビジネスにあたるかどうか」という2つです。

そこで、それぞれについて説明したいと思います。

古物商許可は中古品を転売目的で仕入れる場合に必要です

古物商許可は中古品の転売をするときに必要となる資格です。

ですから、新品の商品を扱う場合、古物商許可は必要ありません。

例えば、新品のルイヴィトンのバッグを正規店で購入し、これをネットで転売するようなケースには古物商許可は必要ないのです。

ただ、1つ注意しなければならないことがあります。

それは、個人から仕入れて転売する場合、新品の商品でも古物商許可が必要になるということです。

法律上、新品でも使用のために取引された物は古物(中古品)に含まれるとされています。

個人が使用するために購入した物は、新品のままでも法律上は古物(中古品)として扱われるのです。

そのため、個人から商品を仕入れて転売する場合、それが新品でも中古品でも古物商許可が必要というわけです。

特にインターネットでルイヴィトンの商品を仕入れる場合は注意しましょう。

なぜなら、ネット上では個人でも簡単にストアやショップを名乗ることができるからです。

個人が運営するショップやストアから新品のルイヴィトン商品を仕入れて転売する場合も、個人からの仕入れにあたるため、古物商許可が必要になります。

もし、ネットの取引を頻繁にする方は、新品しか扱わない場合でも、念のため古物商許可を取得しておくことをおすすするわ

古物商許可は転売ビジネスをするときに必要です

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要です。

ここでいう転売ビジネスとは、中古品を転売する目的で仕入れる(買い受ける)ことをいいます。

ですから、次のようなケースでは古物商許可は必要ありません。

  • 長年愛用してきたルイヴィトンのバッグをメルカリに出品する
  • 母親からもらったルイヴィトンの財布をリサイクルショップで売る

不用品の処分や、タダで貰った物を転売する場合は、転売ビジネスにあたらないから古物商許可はいらないってことだね

そういうことね

そもそもなんで転売に古物商許可が必要?

古物商許可には「盗品の流通防止」「盗品の早期発見」という2つの目的があります。

どういうことかといいますと、泥棒は盗んだ物を誰かに売ってお金に換えるというケースがよくあります。

もし誰でも自由に転売ができるとすると、泥棒は誰にでも盗品を売ることができてしまいます。

そこで、転売を許可制にして警察が管理することで、泥棒が盗品を売りにくくしているのです。

また、古物商は取引内容をすべて記録しています。

そのため、万が一、盗品が流通してしまっても、古物商の記録をたどれば盗品がどこにあるのか、盗んだ人は誰なのか分かる仕組みになっているのです。

要するに、泥棒が活動できなくするための制度ってことだね

そういうことね。だから無許可の転売には厳しい罰が与えられるのよ

中古のルイヴィトンを転売するなら古物商許可を取得しましょう

中古のルイヴィトンを転売するには古物商許可が必要です。

もし、この許可がないまま中古のルイヴィトンを転売すると、古物営業法違反として警察に逮捕される可能性があります

無許可営業の罰則はとても重く「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」となっています。

また、無許可営業で逮捕された場合、5年間は中古品の転売ビジネスをすることができなくなります。

このように、無許可営業に対する規制はとても厳しいので、中古のルイヴィトンの転売に興味のある方は、必ず事前に古物商許可を取得しましょう。

古物商許可を取得するときは品目に注意

古物商許可を取得すれば、どんな中古品でも転売できるようになるというわけではありません。

古物商許可を取得するとき、自分で扱おうとする中古品の種類を選んで申請しなければなりません。

この中古品の種類のことを「品目」といい、法律によって13個に分類されています。

法律が分類している13個の品目とは以下の通りです。

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品類
  • 自動車
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

この中で、もしルイヴィトンのバッグや財布を扱いたいのであれば、「皮革・ゴム製品類」を選択しなければなりません。

品目については、複数選択することも可能です。

例えば、ルイヴィトンのバッグや財布の他に、時計も扱いたいのであれば、「時計・宝飾品類」も一緒に申請します。

もし、後から別の品目も扱いたくなったらどうすればいいの?

そのときは、品目の追加をすればいいのよ

古物商許可を簡単に取得する方法

古物商許可の申請手続きは複雑でとても面倒です。

そのため、一般の方が自分で申請をすると許可が下りるまでに、たくさんの手間や時間が必要です。

ですが、古物商許可を楽して簡単に取得する方法があります。

それは、行政書士の代行サービスを利用する方法です。

行政書士に依頼をすれば、面倒な手続きはすべて代わりにやってくれるので、一般の方でも簡単に許可を取得することが可能です。

行政書士に依頼をする場合、相場でだいたい4万円前後の報酬が必要ですが、自分で長い時間をかけて申請を繰り返すより、よほど効率的といえるでしょう。

もし、古物商許可をこれから取得しようと考えている方には、行政書士の代行サービスをおすすめします。

中古のルイヴィトンの転売には古物商許可が必要です まとめ

中古のルイヴィトンを転売するには古物商許可が必要です。

もし、古物商許可を取らないで中古のルイヴィトンの転売ビジネスをすると警察に逮捕される可能性があります。

これから中古のルイヴィトンを転売しようと考えている方は、必ず事前に古物商許可を取得しましょう。

古物商許可の取得は、手続きがとても面倒なので、簡単に許可を取得したいという方は、行政書士に依頼するとよいでしょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。