【せどり】まんだらけで仕入れて転売するには古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

まんだらけで仕入れた物を転売するには、古物商許可が必要です。

中古品を仕入れて転売するには古物商許可が必要なので、中古品を販売している、まんだらけから仕入れると、古物商許可が必要ということになります。

まんだらけ、好きでよく行くんだけど、あそこで買った物を転売したら儲かりそうだよね~。

それをやるんだったら、古物商許可が必要よ。

まんだらけで仕入れる転売と、古物商許可の関係について、詳しく解説しましょう。

まんだらけで仕入れた物を転売するには古物商許可が必要

まんだらけで仕入れた物を転売するには、古物商許可が必要です。

えっ!?許可がいるの?

中古品を仕入れて転売するには、古物商許可という許可が必要になります。

そして、まんだらけは、東京を中心に、全国に11店舗(2020年3月現在)を展開する中古品店です。

漫画や同人誌、アニメグッズやフィギュアなど、いわゆるオタクグッズの中古商品を専門に扱っています。

まんだらけには、中古品しか売られていないわけですから、まんだらけで物を仕入れると、必然的に中古品を仕入れることになります。

なので、まんだらけで仕入れた物を転売するには、古物商許可が必要なのです。

古物商許可とは?

古物商許可って何?初めて聞くんだけど。

一から説明してあげる。

中古品を転売目的で仕入れるための許可

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

中古品を販売(転売)するために、お客様から商品を買い取って(仕入れて)いるお店は、古物商許可を取らないと営業できません。

まんだらけのような店が、正に、古物商許可が必要になるお店ね。

なるほど~。中古車屋とか、金券ショップもそうかな?

そう!どれも正解。

古物商許可は、そういったお店を営業する人の他に、インターネットなどを使って、個人で中古品を転売をする、せどりと呼ばれるビジネスをする人にも必要な許可です。

せどり、僕がやりたいやつだ~。

古物商許可を取らなかったら逮捕される

古物商許可を取らずに、中古品のせどりを行うと、逮捕される可能性があります。

えっ!?ウソでしょ?

古物商許可を取らないと、中古品を転売目的で仕入れてはいけないということは、法律で決められていることです。

法律に違反することは犯罪ですから、当然、逮捕される可能性があるのです。

なんてこった…

罰則もあって、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

厳しい…

こんな罰を受けないためにも、せどりを始めるときは、先に古物商許可を取ってね。

中古品を転売目的で仕入れるだけでも古物商許可が必要

たとえ転売しなくても、中古品を転売目的で仕入れるだけで、古物商許可が必要になります。

仕入れた中古品を転売するかどうかは関係ないのよ。

そうなんだ!

古物商許可は、中古品を転売するための許可だと思われがちですが、それは誤りです。

正しくは、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

なので、古物商許可を取っていない場合、中古品を転売目的で仕入れるだけでも、逮捕される可能性があるので、注意しましょう。

古物商許可を取るのは手間がかかる

古物商許可を取るには、何かと手間がかかります。

まんだらけで仕入れてせどりをやってみたいから、古物商許可を取ることにするよ。

手続きが結構、面倒よ。

古物商許可は、必要な書類をそろえて、警察署で申請して、警察の審査に通ると、取ることができます。

書類の種類はたくさんあって、普段の生活では見かけないものばかりなので、内容を把握するのが大変です。

また、書類を取り寄せるために、役所に出向く必要もあるので面倒です。

平日の日中に働いている人にとっては、スケジュールを調整するのも苦労するでしょう。

面倒くさいなぁ…

でもね、簡単に取る方法もあるから安心して。

行政書士に頼めば簡単に古物商許可を取れる

古物商許可は、行政書士に頼めば簡単に取ることができます。

なんだそれは!

行政書士とは、古物商許可などの、許認可を代わりに取ってくれる専門家です。

行政書士に頼めば、面倒な書類集めを代わりにやってくれます

そして、警察署への申請も代わってくれるので、頼んだ側は、特に何もすることなく、古物商許可を取ることができます

また、自分で申請するとミスが起きやすく、許可が取れるまで何ヶ月もかかることもありますが、行政書士なら専門家なのでミスもありません。

最短期間で古物商許可を取ることができます。

それは便利だね!僕も行政書士にお願いしよう!

仕入れていない物の転売に古物商許可は不要

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可なので、仕入れていない物の転売には、古物商許可は不要です。

仕入れていない物の転売?どういうことだ?

こぶ吉が、まんだらけに行って、やってることよ。

仕入れとは、転売するために物を買うことです。

仕入れていない物の転売とは、例えば、次のような転売です。

  • 食玩をコンプリートするために大人買いして、カブって要らなくなった物を、まんだらけで転売する
  • 断捨離のために、コレクションしていたフィギュアを、まんだらけで転売する
  • 友達からタダでもらった同人誌を、まんだらけで転売する

このような例で、転売している物は、自分で使うために買って要らなくなった物や、タダでもらった物であり、転売するために買った物ではありません。

なので、このような物を転売するときに、古物商許可は不要です。

もちろん、転売先はまんだらけに限らず、その他の中古品店や、ヤフオク!メルカリなど、インターネットで転売する場合も同じです。

なるほど!たしかに、僕がまんだらけにグッズを売るとき、許可なんか要らなかった。

新品の転売に古物商許可は不要

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可なので、新品の転売には、古物商許可は不要です。

新品の転売とは、例えば、次のような転売です。

  • スーパーで買った食玩を、未開封のまま、まんだらけで転売する
  • 家電量販店で買ったフィギュアを、未開封のまま、まんだらけで転売する
  • イベント会場で買ったグッズを、未開封のまま、まんだらけで転売する

例のような、新品の転売は、商品を転売目的で買っていても、そうでなくても、古物商許可は不要です。

もちろん、転売先はまんだらけに限らず、その他の中古品店や、ヤフオク!メルカリなど、インターネットで転売する場合も同じです。

そうなんだ~。じゃぁ、新品にしぼれば、古物商許可がなくてもせどりができるね。

たしかにそうなんだけど、新品の判断って、こぶ吉が思ってるより複雑なのよ。

どういうこと?

『古物営業法上の新品』は一般的な新品とは異なる

新品のせどりは、古物商許可が不要なので、古物商許可を取っていない人が、試しにやってみることもできますが、注意すべきことがあります。

古物商許可を取り締まる法律、古物営業法では、新品の捉え方が、一般的な捉え方とは異なるということです。

これを知らずに新品のせどりを始めると、新品を仕入れているつもりで、中古品を仕入れてしまう可能性があります。

もし、そうなれば、気づかないうちに違法な取引をすることになってしまいます。

それは大変じゃないか!新品の捉え方が異なるって、どういうこと?

一度でも取引された物は中古品とみなされる

古物営業法には、このようなルールがあります。

未使用、未開封の物でも、一度でも取引されていれば中古品とみなす

どういうことか、分かりやすい例で解説するわね。

例1
Aさんが、家電量販店で、転売目的でフィギュアを買って、それを未開封のまま、まんだらけで転売する。

例2
Bさんが、まんだらけで、転売目的でAさんが売ったフィギュアを買って、それを未開封のまま、ヤフオク!で転売する。

どちらの例も、新品未開封のフィギュアを仕入れて転売していますが、古物営業法上は、例1で仕入れているフィギュアは、新品、例2で仕入れているフィギュアは、中古品となります。

なんで~?

例2で仕入れているフィギュアは、Aさんが家電量販店で買った(取引した)ものです。

古物営業法には、『未使用、未開封の物でも、一度でも取引されていれば中古品とみなす』というルールがあるので、例2で仕入れているフィギュアは、中古品とみなされるのです。

一般的な感覚では、これは分からないよ~。

古物営業法上の新品は小売店、問屋からしか仕入れられない

古物営業法上の新品を仕入れることは、小売店や、問屋から直接買うことでしかできません。

小売店、問屋から商品を買った時点で、その商品は、古物営業法上は中古品とみなされます。

まんだらけで売られている商品は、古物営業法上は全部、中古品ってことね。

小売店と問屋による取引は考慮しない

小売店に売られている商品は、小売店が問屋から買った(取引した)ものです。

なので、古物営業法上は中古品だと捉えられそうですが、小売店の商品は、古物営業法上も新品とみなします。

小売店と問屋による取引は、新品、中古品を判断するときに考慮しません。

まんだらけで仕入れた物でせどりをするメリット

まんだらけは、漫画や同人誌、アニメグッズやフィギュアなど、いわゆる、オタクグッズの中古商品を専門に扱っているお店です。

オタクグッズは、せどりで稼ぎやすいジャンルのひとつです。

また、まんだらけは、オタクグッズせどりの仕入れに適したお店です。

ここで、まんだらけで仕入れた物でせどりをするメリットを、紹介しましょう。

  • 高い値段でも売れる
  • 検品の手間が省ける
  • 自分がオタクならリサーチが楽

高い値段でも売れる

グッズをコレクションしているオタクは、コンプリートを目指して躍起になります。

オタクは、なかなか手に入らないグッズを見つけたら、たとえ高額でも、買ってくれます

そのため、人気のグッズや、珍しいグッズは、価格設定をちょっと強気にしても売れる可能性があります。

検品の手間が省ける

まんだらけは、検品が丁寧です。

まんだらけのようなお店から商品を仕入れると、こちらで検品する手間が省けるので便利です。

ネットで個人から中古品を仕入れたりすると、クリーニングが必要だったりするのよね…

まんだらけの商品は状態がいいから楽だね~。

自分がオタクならリサーチが楽

まんだらけで仕入れた物でせどりをするとき、自分がオタクであれば、より効率よく稼ぐことができます。

せどりで稼ぐには、売れる商品を常にリサーチしていくことが大事ですが、はじめからオタク知識があれば、リサーチせずとも自然にトレンドを把握することができます。

また、好きな情報を仕入れるのは、飽きたり、億劫になったりしづらいので、新しい情報も苦労せずに取り入れられます。

オタクの僕にはピッタリや~。

【せどり】まんだらけで仕入れて転売するには古物商許可が必要?

まんだらけで仕入れた物を転売するには、古物商許可は必要です。

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

古物商許可を取らずに、中古品を転売目的で仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

古物商許可は、行政書士に頼むと簡単に取ることができます。

仕入れていない物、新品の転売には、古物商許可は不要です。

古物営業法上の新品は、一般的な新品とは異なるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。