メルカリでせどりをするには

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

メルカリでせどりをするには、何よりも優先しなければならないことがあります。

それは、あらかじめ古物商許可を取得するということです。

なぜなら、古物商許可を取得しないまま、メルカリでせどりをすると、警察に逮捕されてしまうかもしれないからです。

メルカリのせどりに古物商許可って必要なの?持ってないと具体的にどうなっちゃうの?

今回は、その辺りの疑問について分かりやすく説明するわ

メルカリでせどりをするには、まず古物商許可を取得しましょう

メルカリでせどりをするのに、最も重要な事が「古物商許可を取得すること」です。

メルカリでせどりをするには、仕入先や販売方法を決めたり、扱う商品のジャンルを選択したりと、やることがたくさんあります。

ただ、それよりもっと重要なことがあるのです。

それは、あらかじめ古物商許可を取得しておくことです。

この許可がないと、原則として中古品の転売ビジネスをすることはできません。

もし、無許可でせどりをすると、警察に逮捕されてしまうかもしれないのです。

なんで、中古品を転売するだけなのに、わざわざ許可なんて取らないといけないんだろう?

古物商許可の目的は盗品の流通防止と早期発見

古物商許可という制度の目的は「盗品の流通防止」「盗品の早期発見」という2つです。

どういうことかといいますと、泥棒が物を盗んだとき、それを誰かに売ってお金に換えるというケースがよくあります。

その場合、もし、許可なく誰でも自由に物の売買ができると、泥棒は簡単に盗品をお金に換えることができてしまいます。

そこで、中古品の売買を許可制にして、「泥棒が活動できなくしてしまおう」というのが古物商許可の狙いなのです。

また、古物商には、取引の内容を記録する義務があります。

そのため、万が一、盗品が流通してしまった場合でも、古物商の記録をたどれば簡単に盗品の所在を突き止めることができるのです。

メルカリを利用するには、古物商許可が絶対に必要ってことなのかな?

そういうわけじゃないから安心して

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要です

古物商許可というのは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

ですから、次のようなケースでは古物商許可が必要です。

  • メルカリで仕入れた古着をamazonで転売する
  • リサイクルショップで仕入れた中古家電をメルカリで転売する
  • ブックオフで仕入れた古本をメルカリで転売する

これらは、すべて中古品の転売ビジネスにあたるため、古物商許可が必要なのです。

逆に言うと、中古品の転売ビジネスにあたらない場合、古物商許可は必要ありません。

例えば、

  • 長年愛用してきた自転車が古くなったのでメルカリに出品する
  • コレクターを卒業するため集めていたトレカをメルカリに出品する
  • 自分で使用するためにメルカリで古着を購入したが、サイズが合わなかったのでメルカリに出品する
  • 新品の家電を量販店で購入してメルカリに出品する

これらは、中古品の転売ビジネスにあたらないため、古物商許可は不要なのです。

要するに、新品だったり、不用品を処分する場合は古物商許可はいらないってことだね

そういうことね。

メルカリでも古物商許可は必要です

中古品の転売ビジネスをするときは、必ず古物商許可を取らなければなりません。

それは、ネットを使ったせどりでも変わりません。

たまに、ネットの掲示板などを見ていると

  • メルカリのようなネットを使った転売には古物商許可はいらない
  • 個人で取引するのであれば古物商許可は不要
  • 取引回数が少なければ古物商許可はいらない

などの書き込みを目にすることがあります。

ですが、これらはすべて誤った情報なので信用しないよう注意しましょう。

先ほども説明したとおり、古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要な資格です。

ネットの取引かどうか、個人か会社か、取引回数が多いか少ないか、などは一切関係がありません

ネットの情報を安易に信用しないよう気を付けましょう。

参考にするのなら、このブログのように専門家がきちんと監修している記事にするべきね

古物商許可の取得は行政書士の代行サービスを利用しましょう

古物商許可の取得は行政書士に依頼するのがベストです。

なぜなら、その方が効率的に古物商許可を取得できるからです。

古物商許可の申請手続きは、とても複雑で面倒です。

申請には、見慣れないたくさんの書類を提出しなければならず、また、記載内容についても厳しくチェックされます。

もし、書類の内容に1つでもミスがあると、申請は受け付けてもらえず、手続きはやり直しになってしまいます。

そのため、一般の方が自分で申請をすると、なかなか許可が下りず、いつまでたってもせどりを始められないおそれがあります。

その点、行政書士に依頼をすれば、専門家が責任をもって最短で許可を取ってくれます

面倒な手続きもすべて代わりにやってくれるので、とても簡単に古物商許可の取得ができるのです。

面倒くさがり屋のこぶ吉には、もってこいのサービスね

平日はアルバイトで忙しいしちょうどいいや

メルカリでせどりをするときのポイント

最近、メルカリを使ったせどりを始める人が急増しています。

その理由は、メルカリを利用すれば、転売初心者でも利益を出しやすいからです。

また、メルカリを利用したせどりは、スマホかパソコンが1つあれば始められるため、初期費用がほとんどかからないというメリットもあります。

ただ、何も知らずにでメルカリでせどりを始めると、失敗する可能性があります。

そこで、メルカリを使ったせどりをするときのポイントをいくつか紹介します。

メルカリは商品の仕入れに使いましょう

一言で「メルカリを使ったせどり」といっても、その方法には大きく次の2つがあります。

  • メルカリで商品を仕入れて他で販売する
  • 他で仕入れた商品をメルカリで販売する

この中で、おすすめは「メルカリで商品を仕入れて他で転売する」方法です。

なぜかというと、メルカリは他のサイトなどと比べて商品を安く仕入れられるからです。

メルカリの特徴の1つに、利用者の多くが一般人という点があります。

利益目的の業者と違い、一般の方は不用品処分のために出品しているケースも多く、相場よりかなり低い値段で出品されていることがあるのです。

また、メルカリはフリマアプリなので、値下げ交渉が可能です。

上手く交渉すれば、他のサイトなどより安い値段で仕入れることができるでしょう。

若者や女性向け商品を扱いましょう

メルカリの利用者は年齢層が低く、また、他のサイトと比べて女性が多いという特徴があります。

そのため、メルカリでは若者・女性向け商品が多く取引されています。

例えば、おもちゃ・洋服・化粧品・雑貨などです。

メルカリを利用してせどりをするのであれば、こうした商品にジャンルを絞って転売をするべきです。

慣れれば、良い商品を安く仕入れることが可能です。

メルカリでせどりをするには まとめ

メルカリでせどりをするには、まず、古物商許可を取得することが重要です。

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

そのため、メルカリのせどりで中古品を扱う場合は、必ず古物商許可を取得しなければなりません。

この許可がないまま、せどりを続けると古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕される可能性があります。

ただし、古物商許可の申請は、手続きがとても面倒です。

必要に応じて行政書士などの専門家に依頼をして、効率よくせどりが始められるようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。