ハンドメイド品の転売に必要な資格は?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

趣味で手作りイヤリングを作ってたんだけど、これからはメルカリで販売しようと思うの。

いいんじゃない。僕は、それを買って転売するよ。

ちょっと!やめてよ!

あっ、待てよ…それって、資格が必要なのかなぁ?

ハンドメイド品を買って転売するとき、基本的に資格はいりません。

ですが、だれかが転売したハンドメイド品を買って転売するときは、古物商許可という資格(許可)が必要です。

ハンドメイド品を転売するとき、古物商許可が必要なケースと、不要なケースがある

ハンドメイド品を買って、それを転売するのに、基本的に資格は不要です

ですが、場合によっては、古物商許可という資格(許可)が必要です

そっか~。場合によっては許可がいると。せど美のハンドメイド品を転売するときはどっちだ…?

こぶ吉には絶対売らないもん!

古物商許可が不要なケース

ハンドメイド品を製作者から直接買って、それを転売する場合は、古物商許可は不要です。

古物商許可とは、『“中古品”を仕入れて転売するときに必要な資格(許可)』だからです。

製作者から直接買ったハンドメイド品は、基本的には新品です。

なので、古物商許可は不要となります。

なるほど~。せど美から直接、手作りイヤリングを買えば、それを転売するのに古物商許可はいらないんだね。

まだ、転売する気でいるのね…

ハンドメイド品を転売するときに古物商許可が不要なケースは、他にもあります。

自分で使うために買ったハンドメイド品を、いらなくなったので転売する場合や、もらったハンドメイド品を転売する場合は、古物商許可は不要です。

先ほど、古物商許可は、『中古品を”仕入れて転売する”ときに必要な資格(許可)』と解説しました。

いらなくなったものを転売したり、もらったものを転売することは、仕入れて転売することにならないので、古物商許可は不要なのです。

なるほど、なるほど…せど美の作ったイヤリング、自分で使いたいから売って~。

嘘だってのがバレバレよ…

タダでちょうだ~い。

絶対ヤダ!

まとめると…

  • 製作者から直接買った新品のハンドメイド品を転売するとき
  • 自分で使うために買ったハンドメイド品を、いらなくなって転売するとき
  • もらったハンドメイド品を転売するとき

これらのようなケースでは、古物商許可は不要です。

古物商許可が必要なケース

だれかが転売しているハンドメイド品を転売目的で買う場合には、古物商許可が必要です。

古物商許可とは、『“中古品”を仕入れて転売するときに必要な資格(許可)』だと、先述しました。

だれかが転売したハンドメイド品は、中古品です。

もし、だれかがハンドメイド品を買って、それを一切使わずに転売したとしても、そのハンドメイド品は中古品としてあつかわれます。

なんで~。全然、使ってないんでしょ?

法律には、このような中古品の決まりが定められています。

使っていないものでも、取引されたことがあるものは中古品

買ってから一度も使われていないハンドメイド品は、もの自体は新品そのものです。

ですが、そのハンドメイド品は、製作者から買った(取引された)ものなので、中古品としてあつかわれるのです。

なので、だれかが転売したハンドメイド品を買って、それを転売するときは、古物商許可が必要なんです。

へぇ~そういうことかぁ~。

古物商許可を取らなかったら逮捕される可能性がある

だれかが転売したハンドメイド品を買って、それを転売するときは、古物商許可が必要です。

もし、そのような取引を、古物商許可を取らずに行うと逮捕される可能性があります。

ちゃんとした方法で転売しないとダメだな。逮捕だけはされてたまるか!

何が何でも転売したいのね…

逮捕されると、3年以下の懲役100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられます。

ニセ製作者には注意する

ハンドメイド品を転売している人の中には、製作者のふりをしてハンドメイド品を出品している人もいます。

特に悪質なケースだと、ホンモノの製作者の商品紹介文まで、そっくりそのままコピーして出品する、ニセ製作者もいるようです。

そんな風に転売されているハンドメイド品は、中古品か新品かの区別がつきにくいので、買うときに注意が必要です。

こぶ吉はやめてよね!私のハンドメイド品でそういうことするの!

さすがにそこまではしないって~。

古物商許可を取っていない場合、転売されているハンドメイド品を買って、それを転売すると、逮捕される可能性があります

でも、古物商許可を取っていれば、ホンモノの製作者か、ニセ製作者かを見きわめる必要はありません。

製作者が直接、出品した新品のハンドメイド品だろうと、転売された中古のハンドメイド品だろうと、どちらを買って転売しても、古物商許可があれば違法ではないからです。

ハンドメイド品の転売を本格的にやりたいなら、古物商許可を取っておくに越したことはないでしょう。

古物商許可を取るなら行政書士がオススメ

本格的にハンドメイド品を転売したいから、古物商許可を取ることにしよう。

古物商許可の取り方は知ってるの?

知らな~い。

古物商許可を取るまでの大まかな流れは、書類をそろえて警察署に申請する。それだけです。

なんだ、それだけか。簡単じゃん!

いや、結構大変だって聞いたことがあるよ。

古物商許可を取るまでの流れはシンプルなのですが、書類をそろえる作業というのは、慣れていないと大変なんです。

書類のほとんどは、普段の生活では見ることのないものばかりです。

また、書類の中には役所で受け取るものもありますし、場合によっては、大家さんに書いてもらう書類が必要になることもあるので、揃えるのに時間がかかります。

だれか慣れている人に手伝ってもらいたいなぁ~。

慣れている人なんているのかなぁ~?

古物商許可を取ることに慣れている人は、います!

行政書士です。

行政書士とは、古物商許可を取りたい人のサポートをする専門家です。

いいね!行政書士に手伝ってもらおう!

行政書士に頼んでしまえば、こちらは何もしなくて大丈夫です。

すべて行政書士がやってれくます

ホントに!手伝ってもらうどころか、丸投げできるなんて便利すぎる!

そんなに便利な専門家がいるのね!

古物商許可を取るなら、行政書士に頼むのがオススメです。

ハンドメイド品を転売するにあたって

ハンドメイド品は、製作者しか作れない一点物なので、値段の相場がありません

なので、強気な値段をつけて転売することができるため、儲けやすい商品と言えるでしょう。

ですが、転売するときはマナーには気をつけなければいけません。

製作者が一点一点、手間をかけて作ったハンドメイド品を、横取りするかのように大量に買って転売する行為の是非をめぐって、しばしば議論になっています。

製作者は苦労して商品を作ってるのに、転売ヤーは楽してかせいでるなんて、ひどい!

相手が転売ヤーでも、ハンドメイド品は売れてるんだから、いいじゃん!

それはそうだけど…商品を大切に使ってくれる人に買ってもらいたいでしょ!

転売ヤーから買った人が、大切に使ってくれる人かもしれないじゃん!

それはそうだけど…製作者は商品作りに苦労してて、転売ヤーは楽してる上に、製作者よりもかせいでるのはやっぱりおかしいよ!

それはハンドメイド品以外の転売でも同じことでしょ~。どんなものでも、作り手が手間をかけて作ったものだけど、たくさん転売されてるじゃないか!大体、製作者は、好きでハンドメイドをやってるんでしょ?何が苦労だよ!

んも~!屁理屈、屁理屈!

製作者にとって、はなから転売目的でハンドメイド品を買われることは、いい気はしないものです。

転売ヤーの意見も、一概に悪いことと決めつけられないので、難しい問題です。

一方、転売は転売でも、自分で使うために買ったハンドメイド品を、いらなくなって転売することに関しては、製作者の中にも肯定的な意見が結構あります。

処分されるより、必要としている人の手に渡る方がいい。

どこかで眠っているより、だれかに使ってほしい。

やむを得ない事情での転売なら気にしない。

転売はあちこちで行われていることですが、ハンドメイド品に関しては、製作者の想いがある分、ちょっと厄介です。

ハンドメイド品を転売することは違法ではありませんが、モラルを意識して取り組むようにしましょう。

ハンドメイド品の転売に必要な資格は? まとめ

ハンドメイド品を転売するとき、古物商許可が不要なケースと、必要なケースがあります。

古物商許可が不要なケース

  • 製作者から直接買った新品のハンドメイド品を転売するとき
  • 自分で使うために買ったハンドメイド品を、いらなくなって転売するとき
  • もらったハンドメイド品を転売するとき

古物商許可が必要なケース

だれかが転売したハンドメイド品を買って、転売するとき

古物商許可を取っていない状態で、古物商許可が必要なケースで転売をすると、逮捕される可能性があります。

逮捕されると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられます。

古物商許可は、行政書士に頼むと簡単に取ることができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。