ジャンク品のパーツや部品を抜き取って転売するのに古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

大手のリサイクルショップに行くと、ジャンク品コーナーってあるでしょ?そこで、ジャンク品を安く仕入れて、使えそうなパーツだけを転売しようと思ってるんだ

へぇ~。商品知識がある人にとっては簡単に稼げそうなビジネスね。ただ、その場合だと古物商許可が必要になるけど、こぶ吉はもう持ってるの?

古物商許可って中古品の転売をするときに必要な許可だよね。ジャンク品のパーツを転売するときも必要なの?

ジャンク品の仕入れが有料であれば、古物商許可が必要じゃ。ジャンク品を無料で引き取る場合、古物商許可は必要ないが、他の免許や許可が必要になる場合もあるから注意しよう

今回は、ジャンク品のパーツ転売と古物商許可について詳しく説明をします。

中古品の転売ビジネスには古物商許可が必要です

最近、ジャンク品のパーツを転売するビジネスが人気です。

リサイクルショップなどから、ジャンク品を安く仕入れて、使えそうなパーツだけ抜き取って転売するビジネスです。

初期費用がほとんどかからず、個人でも気軽に始められることが人気の理由です。

最近は、リサイクル意識の高まりから、ジャンク品コーナーを設置するリサイクルショップの数も増え、仕入れにもそれほど困りません。

また、ジャンク品の中にも、状態の良い商品が混じっていることが多く、場合によっては1回の取引でかなりの儲けも期待できます。

そんな人気のあるジャンク品の転売ビジネスですが、このビジネスを始めるにはある許可が必要だということをご存知でしたか?

それは、「古物商許可」です。

この許可がないと、いくらジャンク品の知識があっても、転売ビジネスを始めることはできないのです。

古物商許可って名前は聞いたことあるけど、どんな許可なのか全然知らないや

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

ですから、例えば

  • リサイクルショップでジャンク品のPCを購入し、メモリやグラフィックボードをヤフオクで転売する
  • 廃車寸前の自動車を激安で引き取り、状態の良さそうなホイールをネットで転売する
  • 友人から壊れたカメラを安く買い取って、レンズのみをメルカリに出品する
  • 複数のジャンク品のバイクから使えそうなパーツを取り出して、別のバイクに組みなおして転売する

これらの場合には、すべて古物商許可が必要なのです。

古物商許可というと、「中古品を仕入れてそのまま転売するときだけ必要な許可」だと勘違いしている人が結構いるわね

そうじゃな。古物商許可が必要かどうかの重要なポイントは「中古品の転売ビジネスかどうか」じゃ。仕入れたジャンク品からパーツを抜き出して転売する場合も、中古品の転売ビジネスにあたるため、古物商許可が必要なんじゃ

古物商許可を取得しないとどうなる?

中古品の転売ビジネスには古物商許可が必要です。

仕入れたジャンク品から抜き取ったパーツを転売することも、中古品の転売ビジネスに該当するため古物商許可が必要となります。

もし、許可を取らずにこっそりビジネスしたらどうなっちゃうの?

その場合は厳しい罰則を科せられることになるぞ

古物商許可を取らずに転売ビジネスをすることを「無許可営業」といいます。

無許可営業をした場合は、警察に逮捕され「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罰則が科せられます。

また、無許可営業で処罰された場合、5年間は古物商許可を取得できなくなるというペナルティも受けることとなります。

中古品の転売ビジネスを始めるのであれば、必ず事前に古物商許可を取得しましょう。

でも、無許可営業やってる人ってたくさんいると思うんだけど、警察にバレるのかな?

古物商許可について、「バレそうにないから許可なんていらない」と考えるのはリスクがとても高いのでやめましょう。

あまりニュースなどで報じられないだけで、無許可営業で警察に逮捕されるケースはたくさんあります。

特に最近は、ネットの利用者が積極的に無許可営業を見つけて警察に通報するというケースも増えています。

無許可で転売ビジネスを続けるのは、とても危険な行為です。

必ず許可は取得するようにしましょう。

ジャンク品を無料で引き取る場合、古物商許可は不要です

古物商許可は、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

中古品の転売ビジネスとは、具体的に言うと「中古品を転売する目的で買い受けること」をいいます。

ですから、無料で引き取ったジャンク品から、パーツを抜き取って転売する場合、古物商許可は不要なのです。

無料で引き取って転売する方が古物商許可もいらないし、簡単に始められるっぽいね

残念。実は全くの逆なんじゃ

たしかに、ジャンク品を無料で引き取って転売をする場合は、古物商許可はいりません。

ですが、代わりに「産業廃棄物収集運搬、一般廃棄物収集運搬等の許可」が必要となる場合があります。

この許可は、古物商許可と比べて取得の要件がかなり厳しくなっています。

例えば、産業廃棄物収集運搬業の場合、収集運搬に必要な車両や駐車場などを持っていないと許可は下りません。

他にも、県や市などが主催する指定講習会を受講していなければならないなど、許可の取得に必要な要件がたくさんあるのです。

古物商許可にはそのような厳しい要件はありません。

簡単に転売ビジネスを始めたいのであれば、有料で引き取って転売するビジネススタイルを選択するべきです。

古物商許可を取得すれば古物市場の利用が可能になります

古物商許可を取得するメリットは、中古品の転売ビジネスができるというだけではない。古物市場を利用できるというメリットもあるんじゃ

古物市場~?

古物市場とは、古物商のみが参加できる超優良な取引場のことをいいます。

古物市場では、たくさんの中古品がとても安い価格で取引をされています。

古物市場を利用すれば、状態の良いジャンク品をたくさん仕入れることも可能です。

また、売れ残ったパーツなどを古物市場で大量に売却することもできます。

中古品の転売ビジネスで儲けようと思うのであれば、積極的に古物市場を利用するべきです。

ジャンク品のパーツや部品を抜き取って転売するのに古物商許可は必要? まとめ

ジャンク品のパーツや部品を抜き取って転売する場合、原則として古物商許可が必要です。

古物商許可とは中古品の転売ビジネスをするときに必要な資格のことをいいます。

ジャンク品のパーツを転売する場合も、中古品の転売ビジネスに当たるため、古物商許可が必要なのです。

ただし、ジャンク品を無料で引き取る場合は、転売ビジネスに当たらないため、古物商許可はいりません。

ですが、代わりにもっと取得が難しい「産業廃棄物収集運搬、一般廃棄物収集運搬等の許可」が必要となる可能性があるので要注意です。

古物商許可の申請は、管轄の警察署で行いますが、平日しか対応してくれません。

一度の手続きで許可が下りることはほとんどなく、場合によっては、何度も警察に足を運ぶことになります。

もし、忙しい方や、何度も警察に行くのが面倒だという方は、行政書士に代行を依頼しましょう。

専門家が責任をもって手続きしてくれるので、安心して任せられます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。