ファミコンのソフトを転売するには古物商許可が必要です!

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

友達が大量のファミコンソフトを安く売ってくれるから、転売してお小遣い稼ぎでもしようかと思うんだ

そうなんだ。でも、その場合だと古物商許可が必要になるかもしれないわ

古物商許可~?

中古品の転売ビジネスをするときに必要な許可のことじゃよ。この許可がないと、場合によっては、警察に逮捕されてしまうことだってあるんじゃ。いい機会だから、しっかり学んでいくんじゃ

今回は、ファミコンソフトの転売と古物商許可について詳しく説明をします。

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要な資格です

ファミコンは1983年発売の古いゲーム機です。

ですが、ファミコンソフトの転売は意外に儲かるってご存知でしたか?

ファミコンやファミコンソフトには、多くのコレクターやマニアがいて、その間ではかなりの高値で取引されているのです。

初回限定版や状態の良いファミコンソフトだと1つで10万円前後で取引されるものもあります。

こうしたレアなファミコンソフトを上手に転売をすれば、かなりの利益が期待できるかもしれません。

皆さんの中にも、ファミコンソフトの転売に興味のある方がいるのではないでしょうか?

ただ、ファミコンソフトを転売するには古物商許可が必要となるケースがあるので注意が必要です。

この許可がないと最悪の場合、警察に逮捕されてしまうかもしれません

具体的にどういう場合に、その古物商許可っていうのが必要なの?

それは非常に重要なことだから、具体例を上げて丁寧に説明するぞ

ファミコンソフトの転売で古物商許可が必要なケースと不要なケース

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

例えば、

  • 友達から格安で購入したファミコンソフトをブックオフで転売する
  • インターネットショップで購入した中古のソフトを友達に転売する
  • ブックオフで買ったソフトをヤフオクに出品する
  • 中古のファミコンソフトショップを運営する

などの場合、中古品の転売ビジネスにあたるため、古物商許可が必要です。

逆に、中古品を販売する場合でも、それが転売ビジネスにあたらなければ古物商許可はいりません。

例えば、

  • 友達からタダで貰ったファミコンソフトをメルカリに出品する
  • ファミコンソフトのコレクターだったが引退するためリサイクルショップで買い取ってもらう
  • 引越しをするので不要なファミコンソフトをブックオフで売る

これらの場合は、転売ビジネスとはいえないため、古物商許可は不要です。

要するに、利益を出す目的で中古のファミコンソフトを仕入れているかどうかが問題なんじゃ

なるほど

どうして古物商許可が必要?

でも、なんで中古品を転売するってだけでわざわざ許可なんて必要なの?

それには、しっかりとした理由があるんじゃ

古物営業法の目的は「盗品の流通防止」「流通してしまった盗品の早期発見」にあります。

どういうことかといいますと、中古品の転売を許可制にすると、警察が中古品の流通を管理・把握することができるようになります。

そうすると、泥棒が盗品を売ってお金に換えにくくなったり、盗まれた物をすぐに警察が発見できるようになったりするのです。

要するに、泥棒が自由に活動できなくするために、古物商許可制度というものがあるんじゃ

許可がないと警察に逮捕されるかもしれません

許可を取らずにファミコンソフトを転売したらどうなっちゃうの?

その場合、大変なことになるんじゃ

中古品の転売ビジネスをするには、古物商許可が必要です。

もし、古物商許可を取らずに中古品の転売ビジネスをした場合、警察に逮捕され処罰されてしまいます。

その場合の罰則は重く、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」となっています。

でも、本当に警察にバレるのかな?こっそりやれば大丈夫なんじゃない?

その考えはとっても危険じゃぞ

最近、古物商許可の無許可営業で警察に逮捕されるケースが増えています。

その理由は、メルカリやヤフオクなどアプリの充実により、誰でも簡単に転売ビジネスを始められるようになったからです。

実際に、ネットオークションの利用者がコンサートチケットの転売を繰り返して逮捕されたケースがニュースなどで話題になりました。

無許可営業を続けていると高い確率で警察にバレるので絶対にやめましょう。

特に最近は、ネットの利用者が積極的に無許可営業をしている人を見つけて警察に通報するというケースもあるようです。

安全に転売ビジネスを続けたいのであれば、古物商許可は必ず取得するべきです。

古物商許可を取得するときはココに注意

古物商許可を取得しようと思うんだけど、ネットで調べてもよくわからないよ~

古物商許可はただ取得すればいいというものではないんじゃ。正しい方法で申請をしなければ、あとから許可が取り消されてしまったり、転売ビジネスを始められなくなるかもしれないから注意が必要じゃ

古物商許可を取得するときの注意点について説明します。

品目に要注意

古物商許可を申請するときは品目に要注意じゃ

品目~?

中古品(古物)は法律によって13の種類(品目)に分類されています。

古物商許可を申請するときは、扱いたい品目をその中から選んで申請しなければなりません。

このときに申請した品目以外の古物は、許可取得後も転売ができないので、慎重に選びましょう。

13の品目は以下の通りです。

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

この中で、ファミコンソフトは「道具類」に分類されます。

ですから、ファミコンソフトを転売するためには、「道具類」を申請しなければなりません。

注意が必要なのは、ファミコンソフトは「道具類」ですが、ファミコン本体は「機械工具類」に分類されるということです。

ですから、ファミコンソフトと本体を転売する場合には、「道具類」と「機械工具類」の両方を申請しなければならないのです。

許可申請は行政書士に依頼しよう

古物商許可の申請手続きには、たくさんの時間と手間が必要なので注意しましょう。

古物商許可の申請手続きは、複雑でわかり難く、担当の警察官から何度もやり直しを求められるからです。

もし、忙しくて時間がない方などは、行政書士という専門家に依頼をしましょう。

行政書士に依頼をすれば、面倒な手続きは全て丸投げにできるうえ、最短で許可が取れるのでとても効率的なのです。

最近は、電話やメールのほかにLINEでも依頼を受けてくれる行政書士がいるようなので、気になる方は相談してみるとよいでしょう。

ファミコンのソフトを転売するには古物商許可が必要です! まとめ

古物商許可とは中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

ですから、ファミコンソフトをビジネスとして転売する場合には、古物商許可が必要です。

もし、この許可を取らずにファミコンソフトの転売ビジネスをすると警察に逮捕されるので必ず取得しましょう。

許可の申請は手続きがとても面倒ですが、専門家である行政書士に依頼をすれば、簡単に取得ができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。