【古物商のギモン】新品の転売でも古物商許可が必要になる場合って?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

新品でも、一度でも人の手に渡っている物であれば、それを転売するのに、古物商許可が必要となるケースがあります

古物商許可って、中古品の転売のための許可でしょ?新品の転売にも必要って聞いたんだけど?

たしかに、そうなんじゃが、新品の転売にも必要なケースもあるんじゃよ。

新品を転売するのに古物商許可が必要になる場合について、詳しく解説しましょう。

新品でも、一度でも人の手に渡った物の転売には古物商許可が必要なケースがある

古物商許可は、中古品を転売(販売)する商売に必要な許可なので、通常、新品を転売する商売には、古物商許可は不要です。

ですが、新品でも、一度でも人の手に渡っている物であれば、古物商許可が必要となるケースがあります。

ここで、2つの例を比べてみましょう。

【例1】
Aさんが、CDショップで新品のCDを買って、それを未開封のまま、ネットオークションで転売する。

【例2】
Bさんが、ネットオークションで、Aさんが出品したCDを買って、それを未開封のまま、フリマアプリで転売する。

2つの例は、どちらも、未開封の新品のCDを転売していますが、Aさんには古物商許可は不要で、Bさんには古物商許可が必要となります。

なんでそうなるんだ?

Aさんが転売したCDは、CDショップからAさんの手に渡るまでに、誰の手にも渡っていません

一方、Bさんが転売したCDは、CDショップから一度、Aさんの手に渡ってから、Bさんの手に渡ったものです。

このように新品でも、小売店から、転売する人の手に渡るまでに、一度でも人の手に渡っている物は、転売するのに古物商許可が必要となるのです。

なるほど~。そういうことか。でも、なんで人の手に渡ると必要になるんだ?

そのへんをよく理解するために、古物商許可のことをもっと詳しく解説しよう。

古物商許可とは?

転売目的で中古品を仕入れるための許可

古物商許可のことを、リサイクルショップや、中古車屋など、中古品を販売するお店を営業するのに必要な許可として、聞いたことがある人も多いでしょう。

うん。僕もそう認識してるよ。

うむ。その認識で間違ってはいないぞ。

古物商許可とはどんな許可なのかを、厳密に言うと、転売(販売)目的で中古品を仕入れるための許可です。

つまり、リサイクルショップや、中古車屋を営業するのに、古物商許可が必要な理由は、中古品を販売するからではなく、販売(転売)目的で中古品を仕入れるからです。

へぇ~。仕入れのための許可なのか~。

インターネットで中古品を転売目的で仕入れる場合も必要

転売(販売)目的で中古品を仕入れる商売をするのなら、店舗を持たない場合でも、古物商許可が必要です。

現代は、店舗を持たずに、インターネットで物を売り買いすることも、当たり前になりました。

そのように、転売(販売)目的で中古品を仕入れる商売を、インターネットだけで行う場合でも、古物商許可が必要です。

インターネットで中古品をを転売(販売)する商売は、会社や個人事業主に限らず、個人が副業で行っていることも多いです。

個人で行うそのような商売は、せどりと呼ばれておるぞ。

あっ!知ってる~。せどりをやっている人は、せどらーって言うんでしょ~。

中古品のせどりを行う場合も、本業、副業に関わらず、古物商許可が必要です。

転売(販売)目的で中古品を仕入れる商売を行うのなら、どんなかたちの商売であっても、古物商許可が必要だということです。

新品を転売目的で仕入れる場合は不要

古物商許可は、転売(販売)目的で中古品を仕入れるための許可なので、新品を転売(販売)目的で仕入れる場合は、古物商許可は不要です。

ただし、ここで言う新品とは、一般的に考える新品とは異なります。

えっ?どういうこと?

法律の定義に当てはめると、一般的に新品とされる物が、中古品となることがあるんじゃよ。

法律での中古品の定義

古物商許可のルールを定めた、古物営業法という法律があります。

古物営業法では、中古品の定義を次のように定めています。

『未使用、未開封の物であっても、一度でも人の手に渡った物は、中古品とみなす』

古物営業法では、物の状態がどうなっているかではなく、物がどう取引されたかで、新品か中古品かを判断します。

小売店に売られている商品は、誰の手にも渡っていないので、新品です。

この商品を誰かが買うと、商品は小売店から買った人の手に渡ることになるので、買った人の手に渡った瞬間に、古物営業法では中古品とみなされるのです。

小売店で何十年も売れ残っている、ホコリだらけの商品でも、小売店にある間は新品とみされて、逆に、ピッカピカの商品でも、誰かが買った瞬間に、中古品とみなされます

そういうことか~。

消費者の手に渡っていない物は法律でも新品

小売店は、販売する商品を、メーカーや問屋から買っています。

でも、商品が小売店に渡ったときに、その商品が中古品とみなされることにはなりません。

物が人の手に渡ると中古品とみなされるというのは、消費者の手に渡ったときのことを指します。

メーカーや問屋と、小売店との間で取引された商品は、消費者の手には渡っていないので、新品とみなされます。

お店の『新品』『中古品』の表示は法律とは異なることがある

一般から買い取った物を販売するお店での、『新品』、『中古品』の表示は、古物営業法での定義とは異なる場合がほとんどです。

例えば、BOOKOFFで、『新品・未開封』と書かれたシールが貼られた、ゲームソフトが売られているとしましょう。

BOOKOFFは、お客様から買い取ったゲームソフト、本、CDなどを販売する専門店です。

商品を、メーカーから直接仕入れて販売している店舗は、おそらくないでしょう。

例のゲームソフトは、たしかに新品で、未開封でしょうが、お客様から買い取ったものなので、古物営業法では中古品とみなされます。

買い取り販売専門店の商品は、どんな商品でも、古物営業法では中古品とみなされるわけです。

たしかに、そうだなぁ~。

インターネット上の『新品』『中古品』の表示も法律とは異なることがある

インターネット上のお店での、『新品』、『中古品』の表示も、古物営業法での定義とは異なることがあります。

例えば、Amazonで、『新品・未開封』と表示された商品が売られているとしましょう。

Amazonの出品者は、メーカーや小売店だけでなく、個人もいます。

メーカー小売店が、直接、『新品』と表示して出品している商品は、古物営業法でも新品とみなされます。

ですが、個人が出品している商品は、『新品』と表示されていても、古物営業法では中古品とみなされる場合がほとんどです。

個人の出品者は、小売店などから買った商品を出品しているので、商品が一度、小売店から出品者の手に渡っているためです。

個人でも、メーカーと直接、契約しているような個人事業主は、小売店と同じように扱われます

また、ネットオークションや、フリマアプリに出品されている物は、『新品・未開封』と表示されていても、古物営業法では中古品とみなされる場合がほとんどです。

ネットオークションや、フリマアプリに出品されている物は、基本的に、誰かがどこかで買ったり、もらったりしたものだからです。

ネットオークションや、フリマアプリに、メーカーや小売店が直接、新品の商品を出品することは考えにくいので、ほぼすべての商品が、古物営業法では中古品とみなされます。

無許可で中古品を仕入れると逮捕される

古物商許可を取らずに、転売(販売)目的で中古品を仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を、科せられる可能性があります。

えっ!?逮捕されるってこと!

そうじゃ。法律違反なんじゃから、当然、逮捕の可能性もある!

中古品のせどりを行うのに、古物商許可が必要だということを知らずに、無許可で中古品のせどりを始めてしまう人が多いです。

始める前に、必ず、古物商許可を取りましょう。

古物商許可を取るのは難しい

古物商許可は、書類を警察署に提出、申請して、審査に通ると、取ることができます。

試験とかはないんだね。

そうじゃ。でも、用意する書類が複雑じゃから、難しく感じるかもしれん。

古物商許可の申請に必要な書類は、申請する人によって異なるので、自分の状況に合わせて、何が必要なのかを把握しないといけません。

また、書類は見慣れないものが多く、入手方法や、記入方法を調べるのも大変です。

そして、書類集めに役所に行ったり、申請で警察署に行ったりするので、スケジュールを調整するのも大変です。

役所や、警察署の窓口って、たしか、平日の日中しか開いてないよね。

そうじゃ。でもな、簡単に許可を取れる方法もあるんじゃよ。

行政書士に頼めば簡単に取れる

古物商許可は、行政書士に頼むと簡単に取ることができます。

行政書士とは、自分で古物商許可を取るのが難しい人のために、代わりに書類を用意してくれる専門家のことです。

行政書士に頼んだ場合、必要な書類の判断も、書類を集めたり、記入したりする作業も、すべて行政書士が代わりにやってくれます。

また、オプションで、警察署への申請までやってくれる行政書士もいます。

行政書士に頼んでしまえば、ほとんど何もしなくても、古物商許可を取ることができます。

へぇ~。便利な専門家がいるもんだ~。

中古品の仕入れに古物商許可が必要な理由

そういえばさ~。なんで、中古品を仕入れるときだけ、いちいち許可が必要になるの?

いい質問じゃな。これは、古物商許可の目的に関係があるんじゃよ。

中古品の中には盗品がまぎれこむ可能性があるから

古物商許可は、市場に盗品が出回らないようにすること、また、出回ってしまっても、すぐに見つかるようにすることを目的に、つくられた制度です。

そんな制度だったのか~。

泥棒が物を盗んだら、盗んだ物を売って、お金に換える可能性が高いと考えられます。

なので、リサイクルショップのように、一般の人から買い取った物(中古品)を販売するお店には、泥棒が盗品を売りに来るかもしれません。

一方、新品を扱うお店は、商品を仕入れるときに一般の人と取引せずに、メーカーや問屋と取引するので、商品に盗品がまぎれこむ可能性は、極めて低いです。

ということで、リサイクルショップのような、商品に盗品がまぎれこむ可能性のあるお店は、警察に許可をもらわないと営業できないことになっているのです。

許可をもらって営業することが、盗品が出回らないようにすることに、どうつながるの?

警察と古物商は協力しあっている

警察と古物商(古物商許可を取って商売をする人、会社)は、協力体制をとっています。

古物商許可は、警察署に申請して取る許可なので、警察署は、管轄する地域の古物商が、どんな物を扱っているかを把握しています。

警察は、窃盗事件が起きると、その事件で盗まれた物と、同じような物を扱っている古物商のところに、盗品の情報を知らせます。

古物商は、知らされた盗品が自分のお店に持ちこまれたら、警察に連絡します

そうすることで、盗品を素早く見つけることができますし、犯人逮捕にもつながります。

なるほどね~!

また、警察が窃盗事件を把握していない段階でも、古物商の方から、怪しい物を買い取ったり、怪しい人を対応したときに、警察に連絡することで、事件が明らかになることもあります。

【古物商のギモン】新品の転売でも古物商許可が必要になる場合って? まとめ

新品の物であっても、一度でも人の手に渡った物であれば、それを仕入れて転売するのに、古物商許可が必要となります。

これは、古物営業法に、『未使用、未開封の物であっても、一度でも人の手に渡った物は、中古品とみなす』という定義があるためです。

古物商許可を取らずに、転売目的で中古品を仕入れると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を、科せられる可能性があります。

古物商許可は、行政書士に頼むと、簡単に取ることができます。

古物商許可は、盗品が市場に出回るのを防いだり、出回ったとしても、すぐに見つけられるようにするために、つくられた制度です。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。