古物商許可を取らずにせどりを始めてしまった!逮捕される?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

最近、せどりを始めたんだけど、やっと安定して利益が出るようになってきたよ

よかったじゃない。ってことは古物商許可はもう取得したのね。

いや、実は忙しくてまだ取ってないんだ

ダメじゃない。古物商許可を取らないでせどりを始めると、警察に逮捕される可能性があるのよ

古物商許可を取らないでせどりをするとどうなってしまうのか、対策を含めて具体的に説明をします。

古物商許可を取らないでせどりを始めると警察に逮捕される可能性があります

最近、せどりを始める人が急増しています。

理由は、ヤフオクやメルカリなどのサービスが充実したおかげで、誰でも簡単にせどりで利益を出せるようになったからです。

皆さんの中にも、せどりを始めた方や、始めようと検討中の方がいると思います。

ただ、せどりを始めるには1つ注意しなければならないことがあります。

それは、せどりを始めるには古物商許可が必要なケースがあるということです。

もし、古物商許可を取らないで、せどりを始めてしまうと、場合によっては警察に逮捕される可能性があるのです。

せどりをするには、絶対に古物商許可が必要なの?

そういうわけではない。どんな商品を扱うかで、古物商許可が必要かどうかが変わってくるんじゃ

中古品のせどりには古物商許可が必要です

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをする場合に必要となる資格のことをいいます。

ですから、中古品のせどりをする場合に古物商許可は必要になってきます。

例えば、

  • 古本せどり
  • 中古家電せどり
  • 中古ゲーム機せどり
  • 中古おもちゃせどり

などをする場合には、あらかじめ古物商許可を取得しておく必要があります。

新品の商品をせどりする場合はどうなるの?

新品の商品しか扱わないのであれば、原則として古物商許可は不要じゃ。ただし、場合によっては、新品を転売する場合でも古物商許可が必要とされるケースがあるので注意が必要なんじゃ

どういうこと?

古物営業法という法律によると、新品でも「使用のために取引された物」は古物に含まれるとされています。

どういうことかといいますと、例えば、こぶ吉がお店から新品のTシャツを購入したとしましょう。

ですが、こぶ吉のサイズに合わなかったため、こぶ吉は「新品のまま」そのTシャツをヤフオクに出品したとします。

こぶ吉の出品したTシャツは新品のままですが、「使用のために取引された物」に該当するため、法律上は古物に含まれます。

そのため、このTシャツを転売目的で購入するときは古物商許可が必要になるのです。

特にネットで仕入れをする場合だと、商品の説明が新品・未使用品となっているからといって古物商許可が不要ということにはならないってことね。

でも、そんなのいちいち確認してたら面倒すぎるよ~

そうね。だからせどりを安全に行うには、新品しか扱わない場合であっても念のため古物商許可を取得しておく人が多いのよ

無許可のせどりは本当に警察にバレる?

古物商許可を取らないで中古品のせどりをすると警察に逮捕されます

その場合、古物営業法違反として、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」が科せられます。

せどりを始めるには、必ず事前に古物商許可を取得するようにしましょう

でも、許可を取らずにせどりなんてみんなやってると思うんだけど・・・。

「みんなやってるから法律違反じゃない」「みんなやってるから警察に逮捕されない」ということにはならんじゃろ?
特に最近は、無許可営業で逮捕される人も増えているから、古物商許可は絶対に取得するんじゃ

最近の転売人気の影響で、無許可でせどりを始めてしまい、警察に逮捕されるケースが増えています

無許可のせどりが警察にバレるケースにはさまざまなものがあります。

例えば、

  • せどりで扱った商品の中に盗品が混ざっていて、警察の捜査の過程で無許可営業が発覚してしまった
  • 取引相手が警察に通報した
  • 詐欺にあってしまい警察に相談したら無許可営業であることがバレてしまった

などです。

また、最近では、積極的に無許可営業を見つけて警察に通報しようという人も増えているようです。

これらのケース全てに対応して、警察にバレないようにせどりを続けることは非常に困難です。

安心してせどりが続けられるよう、古物商許可は必ず取得をしましょう

既にせどりを始めてしまった人が警察に逮捕されないようにするには?

せどりに古物商許可が必要なことはわかったんだけど、僕はまだ間に合うのかな?

どういうこと?

既に無許可でせどりをしてしまっているから、古物商許可を申請するために警察署に行ったらそこで逮捕されたりしないかな?

それは、どうなんだろう?Drコブツに聞いてみた方がよさそうね

残念じゃが、古物商許可の申請がきっかけで、過去の無許可営業がバレてしまい警察に逮捕されるという可能性もゼロではない。ただ、その可能性を限りなくゼロにする方法ならあるから安心するんじゃ

以下では、既に無許可でせどりを始めてしまっている人が、どうすれば警察に逮捕されなくなるかを説明します。

全ての取引をすぐに中止する

警察に逮捕されるリスクを減らすため、まずやらなければならないことは「すぐに取引を中止すること」です。

無許可の取引期間が長いとそれだけ警察の印象も悪くなり、警察に逮捕される可能性が高くなります。

ですから、すぐに現在行っている取引を全て中止してください。

ヤフオクやメルカリなどネットサービスを使用している人は、出品している商品を全て削除し、仕入れなども行わないようにしてください。

独自の販売サイトなどを利用している人は、一時的にサイトを非表示にするなど、他の人がアクセスできないようにしましょう。

こうすることで、後から古物商許可の申請をしたときに、逮捕のリスクが減るのです。

すぐに古物商許可を取得する

取引の中止ができたら、次にやるべきことは古物商許可の取得です。

許可が下りるまでには最低でも40日間の審査期間が必要になるため、できるだけ時間に余裕をもって申請をしましょう。

でも、申請に行ったら逮捕される可能性があるんだよね?怖いなぁ

そういう場合は、行政書士に依頼をするとよいぞ

行政書士は古物商許可の専門家です。

既に無許可でせどりをしてしまった人でも、どう申請をすれば、警察に逮捕されないかをよく知っています。

そのため、行政書士に依頼をすれば、自分で申請した場合と比べて警察に逮捕される可能性がかなり低くなるのです。

もし、気になるようであれば、古物商専門の行政書士に相談をしてみましょう。

そのときは、既に無許可でせどりをしてしまったことを正直に話すことを忘れないように注意してください。

古物商許可を取らずにせどりを始めてしまった!逮捕される? まとめ

古物商許可を取得せずにせどりを始めた場合、警察に逮捕される可能性があります。

警察に逮捕されると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金という重い罰則が科せられます。

そのため、既にせどりを始めてしまっている人は、すぐにすべての取引を中止し、なるべく早く古物商許可を取得するようにしましょう。

ただ、古物商許可の申請時に、過去の無許可営業がバレて逮捕されるという可能性もあります。

そのリスクをできるだけ減らすためには、専門家である行政書士に許可の申請を依頼するとよいでしょう

専門家ができるだけ警察に逮捕されないように許可を取得してくれるはずです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。