無在庫転売って違法?古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

メルカリやヤフオクを使った無在庫転売というビジネスモデルが最近注目を集めています。

在庫リスクがない、仕入れ費用が少なくてすむといったメリットが人気の理由のようです。

ですが、無在庫転売であっても扱う商品がUSED品やリサイクル品など古物にあたる場合には古物商の許可が必要です。

また、無在庫転売は買い手とのトラブルが多いのも事実です。

場合によっては、法律違反となってしまう可能性もあります。

今回は、無在庫転売は違法かどうか、古物商許可が必要かどうかなどについて説明したいと思います。

無在庫転売に古物商許可が必要か

無在庫転売で扱う商品が古着やリサイクル品などの古物(中古品)に該当する場合は原則として古物商の許可が必要です。

古物商許可は、古物をビジネス目的で買受ける(仕入れる)場合に必要とされています

そのため、無在庫転売は販売後に仕入れを行うわけですから、そのときに古物商許可が必要になります。

古物商許可なく、古物の取引をした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役又は100万円以下の罰金)として逮捕・処罰されてしまう可能性があります。

最近では、メルカリやヤフオクなどネットサービスの普及で誰でも簡単に古物の取引をすることができます。

ですが、その反面、無許可での古物取引も急増しています。

安心して取引したいのであれば、古物商の許可は必ず取得しましょう。

もし気になるという方は、専門の行政書士などに相談してみるとよいでしょう。

無在庫転売は違法なのか

無在庫転売で古物を扱う場合は古物商許可を取得するか、古物を扱わないのであれば、ほかに何の問題もないのでしょうか?

現状、無在庫転売を直接取り締まる法律はなく、無在庫転売自体は違法ではありません

無在庫転売とは、通常の転売ビジネスが商品を仕入れてから販売するのに対し、先に販売をしてから仕入れを後から行うビジネスモデルのことをいいます。

  • 在庫を抱えるリスクがない
  • 仕入れ費用が比較的少なくてすむ

といった理由から最近注目を集めています。

無在庫転売を行ったからといって、何かの法律に直接違反するといったことはありません。

ですが、場合によっては法律違反となる場合があります

例えば

  • 債務不履行責任
  • 詐欺罪
  • 偽計業務妨害罪
  • 不正アクセス禁止法違反

などに該当する可能性があります。

債務不履行責任について

債務不履行責任というのは、きちんと契約が履行されなかった場合に、相手から契約の解除や損害賠償を請求されてしまうことをいいます。

無在庫転売の場合だと、先に販売をするので、この時点で、あなたは商品を仕入れて相手に引き渡す義務が発生します。

この義務を守れなかった場合、相手はあなたに対して契約の解除や損害賠償を請求することができるのです。

少額の商品だと相手がわざわざ損害賠償を請求するというのはあまり考えられません。

ですが、金額の大きな商品や、大量の商品の取引の場合だと、損害賠償責任を問われることも十分考えなければなりません。

詐欺罪について

無在庫転売では、商品を仕入れる前に先に販売をします。

商品の仕入れが難しいことをわかっていながら、お金欲しさに先に販売をしてしまった場合、詐欺罪に問われる可能性があります。

詐欺罪の刑罰は重く「10年以下の懲役」となっています。

場合によっては逮捕される可能性もあります。

責任をもって確実に仕入れられるという場合以外は手を出さない方が無難といえます。

偽計業務妨害罪や不正アクセス禁止法について

無在庫転売というビジネスモデル自体を直接取り締まる法律は現在のところありません。

ですが、メルカリやヤフオクなど一部のネットサービスでは規約によってこれを禁止しています

禁止されているにも関わらず、無在庫転売を行った場合には、アカウント停止などのペナルティが課せられます。

ですが、中にはアカウントが停止されると、別アカウントの取得を繰り返して無在庫転売を続けるという悪質な人もいます。

こういう行為は、偽計業務妨害罪(3年以下の懲役又は100万円以下の罰金)または不正アクセス防止法違反(3年以下の懲役又は100万円以下の罰金)にあたる可能性があります。

メルカリやヤフオクなどのサービスを利用して無在庫転売を行う場合は、利用規約をよく読んで禁止されていないかどうか確認を必ずしましょう。

無在庫転売は儲かる?メリットとデメリット

メルカリやヤフオクなどネットサービスを中心に注目を集めている無在庫転売ですが、実際に利益は出るのでしょうか。

無在庫転売のメリットとデメリットを説明します。

無在庫転売のメリット

在庫リスクがゼロ

無在庫転売の1番のメリットはなんと言っても在庫リスクがかからないことにあります。

通常の転売ビジネスが、仕入れた商品を販売するのに対し、無在庫転売では先に販売をして後から仕入れを行います。

そのため、売れ残るという心配がなく在庫リスクゼロでビジネスが続けられるのです。

転売ビジネスで失敗する大きな理由として、商品が売れ残った場合に、仕入れ価格以下で販売しなければならなくなるなどの在庫リスクがあげられます。

在庫リスクがゼロというのは、他のビジネスモデルにはない強力なメリットといえます。

初期費用がほとんどいらない

無在庫転売は販売が先なので、入金が先に行われます。

そのため、商品を仕入れる費用がかかりません。

また、ネットサービスを利用すれば、スマホ1つで始められるため、初期費用はほとんどかかりません。

通常の販売と比べると、誰でも簡単に始められるビジネスモデルといえます。

無在庫転売のデメリット

トラブルが起きやすい

無在庫転売では、商品を仕入れることができなくなった場合、取引はキャンセルせざるをえません。

そのため、相手からのクレームにつながりやすいのです。

ただのクレームで済めばいいのですが、場合によっては、相手からの通報によるアカウント停止や、損害賠償請求など大問題に発展するリスクがあります。

最悪の場合、詐欺罪など取り返しのつかないことになる可能性もあります。

軽い気持ちで手を出すのはかなり危険です。

ライバルが多い

無在庫転売はスマホ1つあれば初期費用などもかからず誰でも簡単に始められるビジネスです。

そのため、ライバルが非常に多くなっています。

皆が同じような商品を出品するため、販売価格に差がつきにくく、なかなか買い手が見つからないこともよくあります。

初心者が手を出しても、利益を出すのは難しいのが現実です。

古物の無在庫転売は難しい?

無在庫転売でリサイクル品や古着などの古物を扱うのはオススメしません

なぜなら、新品を商品を扱う場合と比べて、仕入れができなくなる可能性が高いからです。

新品の商品であれば、予定していた仕入先がなくなっても、他の仕入先で同じ物を見つけることが可能です。

ですが、古物の場合は、予定していた仕入先がだめになった場合、同じ物を仕入れることが困難です。

同じ物を仕入れることができなかった場合、販売はキャンセルとなり、買い手とトラブルが起きる可能性も高くなります。

ですから、無在庫転売で古物を扱うのは避けるべきです。

ただし、中古車や高級家具のオークション代行は別です。

買い手から希望の商品の情報や価格を聞いて、オークションの落札を代行する業者のことです。

この場合、販売ではなく落札を代行しているにすぎませんから、商品を必ず転売しなければならないという責任は発生しません。

実際に、中古車やアンティーク家具など専門性の高い商品のオークションで代行サービスが利用されています。

ただ、この場合は古物商の許可が必要となるため注意が必要です。

無在庫転売って違法?古物商許可が必要? まとめ

無在庫転売自体は違法ではありません。

ですが、相手に商品を引き渡すことができなかったり、メルカリやヤフオクなどの利用規約に違反した場合には、民事責任・刑事責任を問われる可能性があります。

また、無在庫転売で扱う商品が、USED品やリサイクル品などの古物(中古品)にあたる場合には、原則として古物商の許可が必要です。

古物商の許可なく古物取引をした場合は、古物営業法違反として逮捕、処罰されてしまう可能性があります

気になる方は、専門の行政書士に相談するべきです

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。