開業をしなければ古物商許可はなくても大丈夫?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

開業をしていなくても古物商許可は必要です。

古物商許可は、古物を転売目的で買い取る(仕入れる)場合に必要となる資格です。

開業をしているかどうかは関係がありません

無許可で古物取引をした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕・処罰される可能性があります。

古物の転売ビジネスをするのであれば、必ず古物商許可を取得しましょう

今回は、開業と古物商許可の関係について説明をします。

開業していなくても古物商許可は必要です

最近、メルカリやヤフオクを利用して、古着や古本の転売でお小遣いを稼いでいるんだー

すごいじゃない、こぶ吉。
でも、古物商許可はもちろん取得しているのよね?

へ?古物商許可?持ってないけど・・・

ダメじゃない!中古品の転売ビジネスをするときは、古物商許可が絶対必要なの。
無許可で古物取引をすると、逮捕されることもあるのよ

僕は、個人で取引してるだけだよ?
まだ開業してないけど、それでも古物商許可って必要なの?

もちろんよ。
古物商許可は、古物を転売目的で買い取る(仕入れる)場合に必要となる資格なの。
開業をしているかどうかは関係がないわ

会社や開業している場合だけ必要なのかと思ってたよ

そういう勘違いをしている人も結構いるみたいね。
でも、無許可営業には「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罰則が科せられるから必ず許可を取ってね

わかった~

開業をしていなくても、古物を転売目的で買い取る(仕入れる)場合には、古物商許可が必要です。

古物商許可が必要かどうかという問題と、開業しているかどうかは関係がありません

ネットの掲示板などでは、開業せず個人で中古品を転売する場合には、古物商許可はいらないという書き込みを目にすることがあります。

しかし、これはガセです

無許可の古物取引には重い罰則が科せられます。

安易にネットの書き込みを信じないように注意しましょう。

開業していなければ無許可営業はバレない?

古物商の許可を持っていなかったらどうなるんだっけ?

無許可営業として逮捕される可能性があるわ。
その場合の罰則は「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」と、とても重いから必ず許可は取得してね

でもそれって、実際バレるのかな?

どういうこと?

開業せずに個人でこっそり取引していれば警察にバレないんじゃない?

甘いわね、こぶ吉。
開業していなくても普通にバレるわよ

そうなの?

開業は、あくまで税務署に個人事業主として商売することを宣言するものなの。
警察による無許可営業の捜査とは全く関係がないわ。

じゃあ、個人で取引していてもバレる可能性があるってこと?

そうよ。
無許可営業が発覚するケースの多くは、扱った商品の中に盗品が混じっていた場合ね。
警察が窃盗犯や盗品を発見するため捜査をするとき、無許可営業をしていたことが発覚し逮捕されるケースが多いの。
他にも、古物取引でトラブルが発生した場合に、取引の相手が警察に通報するっていうケースもあるわ

開業届は、税務署に対して個人事業主であることを宣言するにすぎません。

そのため、開業しているかどうかと、無許可の古物営業が警察にバレるかどうかは直接関係はありません

ネットの掲示板などを見ると、「開業していたり会社を設立していなければ無許可でもバレることはない」などという無責任な書き込みを目にしますがこれも嘘なので注意しましょう。

安全に古物取引をするためには、古物商許可は絶対に必要です。

不用品の処分には古物商許可は不要

中古品を転売する場合は、開業しているかどうかに関係なく古物商許可が必要なんだってことがよくわかったよ。
いらなくなった物を転売するときも、古物商の許可って必要なのかな~?

その場合、許可は不要よ。
中古品を転売する全ての場合に許可が必要っていうわけじゃないの。
許可が必要かどうか重要なポイントは、「転売目的の買い取り(仕入れ)があったかどうか」なの。
だから、不用品を処分したり、誰かから不用品をタダでもらう場合に許可は不要よ

なるほど~

古物商の許可は、古物を転売目的で買い取る(仕入れる)場合に必要となる資格です。

そのため、次のような場合には許可は不要です。

  • いらなくなった中古品をネットで転売する
  • 友達や家族の不用品をタダでもらう
  • クレーンゲームで手に入れた景品をネットで転売する
  • お店で購入した新品の商品を転売する

古物営業法の目的は、「古物取引の中に盗品が流通することを防ぐこと」「流通してしまった盗品を早期発見すること」にあります。

お店から新品の商品を購入する場合や、不用品をタダでもらう場合に盗品が紛れ込む可能性は低いといえます。

そのため、これらの場合に古物商許可は不要とされているのです。

既に無許可で古物取引をしてしまっている人

僕、既に無許可で何回か古物取引をしてしまってるんだけどどうしよう

その場合、こぶ吉がやるべきことは、すぐに古物取引を中止することよ。
ホームページやSNSで宣伝している場合は、すぐに閉鎖・削除すること
わかっていても、中々できない人が多いから、気を付けてね

わかった~

次に、なるべく早く古物商許可を取得すること
その場合、出来れば専門家に許可取得の代行を依頼するべき

専門家に代行を依頼?

そうよ。専門家っていうのは古物商許可を専門に扱っている行政書士のことよ。
古物商許可を申請するとき、警察から無許可営業について色々聞かれる可能性があるわ。
上手に応対しないと申請手続きが進まなかったり、許可が取れなくなる可能性があるの。
でも、行政書士に頼めば専門家のノウハウでなんとかしてくれるから安心なのよ

なるほど~

それに、古物商許可の申請手続きは、とっても複雑で大変なものだから、無許可営業をしていたかどうかに関わらず専門家に依頼した方が効率的といえるわね

既に無許可で古物取引をしている場合は、すぐに取引を中止し、出来るだけ早く古物商許可を取得しましょう。

許可申請のときに、警察から無許可営業について尋ねられることがあります。

過去の無許可営業を理由に逮捕・処罰される可能性は低いといえますが、絶対とはいえません

また、上手に対応しないと許可取得までの期間が長引く可能性があります。

安全にスムーズに許可を取得したいのであれば、専門家である行政書士に許可取得の代行を依頼しましょう

行政書士に依頼すれば、過去に無許可営業があっても、専門家のノウハウできっちり許可を取得してくれるでしょう。

開業をしなければ古物商許可はなくても大丈夫? まとめ

開業をしていない場合でも、古物取引をビジネスとして行っている場合には古物商許可が必要です。

古物商許可は、中古品などの古物を転売目的で買い取る(仕入れる)場合に必要となる資格です。

開業をしているかどうかは関係がありません。

無許可で古物取引をした場合、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕・処罰される可能性があります。

古物取引で継続的に利益を出している人は、必ず古物商許可を取得しましょう

古物商許可の申請手続きは複雑で一般の人が自分で申請すると、手続きが思うように進まず、長い時間と手間がかかってしまいます

専門家である行政書士に許可取得の代行を依頼すれば、簡単かつスムーズに許可を取ることができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。